イヤホンをしながらスマホで音楽を聴いている時は、自分の世界に浸れて、まさに至福の時。そんな時、電話がかかってくると応答するのが面倒なことも。でもハンズフリー対応のマイク付きイヤホンなら、そのままの状態で応答でき、両手も自由。

今回は、音楽も通話もしっかりとした音質で、便利に使えるハンズフリー対応のおすすめイヤホンをご紹介。趣味からビジネスまで対応できます。

ハンズフリーのおすすめイヤホン8選

フィリップス(PHILIPS) カナル型イヤホン マイク付 SHE3805BL

商品価格 ¥ 838

大手オーディオメーカー製ながら、驚異の安さのおすすめ有線ハンズフリーイヤホンです。ケーブル部には、音楽と通話の切り替えボタンを装備した、マイク内蔵リモコンを搭載しています。

8.6mm径のダイナミック型ユニットによる、音楽再生音も自然な高音質。遮音性の高い設計により、通話相手の声も明瞭に聴こえます。小さめのハウジングは、お子さんや女性にも最適です。ハンズフリーイヤホン入門機として、予備のサブ機として、幅広くおすすめできます。

エレコム(ELECOM) ステレオイヤホン マイク付 EHP-CH1000SSV

商品価格 ¥ 3,500

ハイレゾとハンズフリーに対応した、最も安価なおすすめ有線イヤホンです。ハイレゾ対応(40kHz再生可能)のイヤホンとして最安価クラス。その上、マイク付きリモコンも装備しているのは、まさに価格破壊です。

しかも、真鍮を使用した高品位なハウジングにも驚きます。ヘッドセットを多く手掛けているエレコムだけに、マイク性能は文句なし。加えて、意外なほどの高音質。ハイレゾ音源のよさをしっかり楽しめる素直で好バランスのサウンドです。

ソフトバンク(SoftBank SELECTION) ハイレゾ対応 ステレオヘッドホン SE-5000HR

商品価格 ¥ 5,120

コード中にマイク付きリモコンを装備する、おすすめ有線ハンズフリーイヤホンです。携帯キャリア大手のソフトバンクが自社開発。ハンズフリー通話と各種リモコン操作の使い勝手、性能にこだわっています。また、高品位を実現するだけの豊富なノウハウも他社を圧倒。

特に、iPhoneへの操作性対応は完璧で、自在に操れます。Androidスマホにおいては、機種別に詳細操作対応状況を公開しています。買ってからのトラブルもありません。

イヤホン自体も、美しい金属筐体によるハイレゾ対応のハイスペック。原音志向の高音質にも驚きです。意外なメーカーながらも、実力派としておすすめできます。

エレコム(ELECOM) ステレオヘッドホンマイク EHP-IS3510

商品価格 ¥ 1,480

インナーイヤー型のおすすめ有線ハンズフリーイヤホンです。コード中にマイク付きリモコンを装備しています。軽快な装着感と開放的な音質が魅力のインナーイヤー型。iPhone付属イヤホンと同タイプですが、現行品は少ないです。

そのため、本機は存在自体が貴重。形状も20年ほど前に流行ったタイプを踏襲しています。かつてのインナーイヤー型を知る方も、これから聴きたい方にもおすすめです。

プラントロニクス(Plantronics) ワイヤレスヘッドセット BackBeat GO 2

商品価格 ¥ 4,980

通話品位にこだわったおすすめBluetoothハンズフリーイヤホンです。プラントロニクスは、ビジネス用途向けのヘッドセットを多数販売。その通話面でのクオリティーの高さで、人気と定評があります。

本機も高性能MEMSマイクに全二重エコーキャンセレーション技術により、クリアな送話を実現。フィット性の高いイヤーピース構造により遮音性もアップし、相手の声もよく聴こえます。

また、独自のDeepSleep節減モードにより、最大約6か月間もの通話待ち受け可能なのも圧倒的スペックです。

6mm径ダイナミックドライバーは、声の再現に長けているため、特にボーカルもの向き。音楽にも通話にも活躍できる1台としておすすめです。

ソニー(SONY) ワイヤレスイヤホン h.ear in Wireless MDR-EX750BT

商品価格 ¥ 18,450

音楽再生での高音質さ、ハンズフリー通話の高品位、高機能の全てを満たしたおすすめBluetoothイヤホンです。ハイレゾ相当の音声伝送可能なBluetoothコーデック・LDACに対応。

さらに、有線接続も対応しています。イヤホンの再生周波数も40kHzのハイレゾ対応。隙のない高音質再生を実現。また、高音質な通話が可能なHD Voiceにも対応しています。

イヤホン自体の高音質も相まって、比類のなきクオリティに。ネックバンド型形状により、長時間の装着でも疲れにくいのもポイントです。音楽と通話を最高度に両立したい方におすすめ。

プラントロニクス(Plantronics) ワイヤレスヘッドセット Explorer110

商品価格 ¥ 5,623

ハンズフリー通話の使いやすさと品位を徹底追求した片耳イヤホンです。日本語音声通知機能を搭載し、接続状態や通話時間、電池残量などの使用状況を教えてくれます。

また、ワイドバンド対応のスマホで使用すると、HDオーディオでの通話が可能に。クリアで高音質な通話が楽しめます。ビジネスにも活躍できるイヤホンとしておすすめです。

オンキヨー(ONKYO) フルワイヤレスイヤホン W800BT

商品価格 ¥ 17,998

左右のイヤホン間のケーブルも排除した、完全ワイヤレスタイプのBluetoothイヤホン。右側にマイクと各種操作部を搭載しており、ハンズフリー通話も可能です。また、右だけでの片耳使用も可能。独自の人間工学スタビライザーにより脱落もしにくいです。

8.6mm径ダイナミックドライバーを搭載する密閉カナル型のイヤホン部。厚みのある低音、バランスのとれた中域、クリアな高域を聴かせます。テクノロジーを体感したい方におすすめです。

ハンズフリーイヤホンの選び方

マイクの場所で選ぶ

By: amazon.co.jp

ハンズフリー対応のイヤホンのマイク位置には2種類あります。

1つは、イヤホン本体側。マイクの分イヤホンがやや大きくなりますが、確実に口元に近い場所から送話可能。そのため、相手に安定したクリアな音声を伝えやすいです。通話使用をメインととらえるヘッドセットタイプがこれです。

もう1つは、コード中にあるリモコン内部。イヤホンを小型化できます。一方、リモコン部はコードにぶら下がる形なので、送話品質が動きや風の影響を受ける場合も。音楽用高音質を謳うオーディオメーカー製イヤホンに多いタイプです。

有線か無線か

By: amazon.co.jp

Bluetoothイヤホンの普及により、無線接続のハンズフリーイヤホンも増えています。電話の送受信程度では、ワイヤレスの便利さが際立ちます。

一方、音楽用の高音質を求めると、一般的なBluetooth規格では有線には敵いません(LDAC、aptX HDコーデックは例外ですが、現状では対応機種が限られています)。

通話品質で選ぶ

By: amazon.co.jp

屋外での使用も多いハンズフリーイヤホン。特に、送話は周囲の環境騒音、風に影響を受けます。通話使用を重視する一部のヘッドセットタイプでは、ノイズカット機能を装備。送話時に環境騒音を減少させます。オーディオ用では装備する機種は少なめです。

ただ、最近増えている中国メーカーの格安Bluetoothイヤホンでは、通話時のノイズカット機能を装備するものが増えています。

両耳か片耳か

By: amazon.co.jp

小型・軽量化を追求した、片耳だけのヘッドセット。元々電話は片チャンネルのモノラルなので、通話メインなら合理的です。しかし、音楽用も考えるなら両耳タイプをおすすめします。

音楽音源は左右を使うステレオです。音楽を高音質に楽しむには、3次元的な立体感が必要です。音楽に関して、割り切って片耳でも問題ありません。

装着タイプで選ぶ

By: amazon.co.jp

長時間装着も多いイヤホンは、装着感も重要です。最も一般的なカナル型(耳栓型)は、遮音性が高い反面、疲れやすいという面もあります。インナーイヤー型なら外部の騒音の入り込みは多くなりますが、装着感は楽です。

また、カナル型でも耳掛け式や、ネックバンド式なら疲労感が軽減可能。個人差が大きいので、試聴して確かめるのがおすすめです。