安かろう悪かろうとは言わせません!

CowTech Ciclopは、RepRapプロジェクト(オープンソースのデスクトップ3Dプリンター開発プロジェクト)から生まれた製品で、3Dスキャナーとして100ドルを切る価格を提示し、まさに市場を揺るがす画期的な価格を実現しています。
Ciclop
低価格を実現するため、CowTech Ciclopは独自のArduinoシールドを使用し、厳選したターンテーブルのベアリングやレーザーカッターなどのコンポーネントを採用しています。さらにデザインもシンプルで、機械の無骨さを感じさせません。

使い方はとてもカンタン。対象物をアクリル製のターンテーブルに乗せてスキャンをスタートするだけ。CowTech Ciclopは、市場に出回っている最小の3Dプリンターにもフィットさせるため、プリントベッドのサイズは115mm x 110mm x 65mmと小さめにデザインされています。
Ciclop
スキャン可能な対象物も幅200mm x 高さ205mmと大きく、2分から8分でスキャンを完了します。スキャンしたデータは3Dプリンターを使って好みの色や解像度で物体を複製できます。CowTech Ciclopでスキャンしたデータは、エントリーレベルの3Dプリンターでも対象物を正確に複製可能です。