ワインから"余計なもの"を取り除く。

いつもの食事で、特別なときに、みんなの心をよろこばせるワイン。みなさん楽しんでいますか? でも、酸化防止剤として入っている、亜硫酸塩が気になることもありますね。ワイン保存のためには必要でも、飲むときには要らない…悩ましい問題です。そこで、今回ご紹介するのは、なんとその亜硫酸塩を取り除いてくれるワインピュリファイヤー Ullo です。

ろ過システムのしくみ

la5enyljcygn8j1qwvd1

Ullo はワインをろ過して、浄化してくれるシステム。でも、そのしくみは、いたってシンプルです。

rb6gzbkhwk3t6sve4r1v

お気に入りのボトルを開けたら、Ullo 本体に静かに注いでいきます。すると、ティーバッグの素材に似たフィルターを通る際に、苦みをもたらすといわれる、亜硫酸塩がこし取られます。

またそれと同時に、オリ(沈殿物)も除かれるというメリットも。

味は変わらないの?

sp12zhkyorxlsnd70hnj

白ワインのテイスティングテストにおいて、ほとんどのテイスターたちは、Ullo でろ過された方を好んだようです。

ivooewvbs2am4tfegajf

その一方で、赤ワインのテストでは、味の違いや好みは生じなかったとされています。これはスゴいですね!

エアレーションも同時に

86590ff059ddb70d1b8adfa8d540eaeb_original

ワインが空気に触れて、本来の味になる「エアレーション」。本体をひねって「AIR」に合わせるだけで、ろ過と同時に、味もおいしくなっていくのです。素晴らしい!

be36a46ed404d383d5ffadc01214c47a_original

ワインが"息をする"際に通る、らせん状のビジュアルがワクワクさせてくれる Ullo は Indiegogo で60ドル。一瞬でおいしくなる、ワインのろ過をはじめてみませんか?