キャンプ中でも充電ができる!

野外でテントを張ってキャンプするとき、スマートフォンの電池がなくなってしまったら困りますよね。外で充電できる場所を探すのは非常に困難ですし、長旅ですとポータブル充電器の充電が尽きてしまうことも。
今回は、たき火で発生した熱を電気に変換できる、BioLite(バイオライト)のキャンプストーブを紹介します。

たき火の熱を電力に

61lgfofgn+L._SL1002_
小枝などを集めて燃料室の中に入れて着火します。すると、パワーモジュール内に蓄電されていきます。さらに、その電気を使って内部のファンが回転しさらに火力を上げ、充電効率を高めます。

余った電力を充電に使える

51kuk744WxL._SL1002_
ファンを回すために十分な電力が蓄積された後は、USBポートから外部機器の充電をすることができます。これならどこでも発電できるので便利ですよね。

非常時でも安心

150712004152fae9255cc597.70312474

By: biolitestove.jp

ファンの稼働によってわずかなエネルギーを最大限に利用します。そして、20分間の充電によってiPhoneの場合約1時間の通話が可能なため、災害用品として使うことも可能です。

効率的なキャンプができる

41h3IMh5vFL

By: webshop.montbell.jp

このBioLite(バイオライト)のキャンプストーブにはキャンプストーブ専用ゴトクが付属されています。これを使えば、火を使って料理をしながら、USBポートから充電することも可能。まさに一石二鳥ですね。

コンパクトで持ち運びも便利

2c0daa64

By: biolitestove.jp

これだけ多機能ながら、大きさは1Lのウォーターボトルとほぼ同じで、重量は1kg以下。充電器とキャンプストーブの二役をこなしながらも、このコンパクトさを保っているのはかなり強みです。