今ブルゾンのなかで、コーチジャケットが話題沸騰中。コーチジャケットは、特に春秋に活躍するジャケットであり、多くのファッショニスタがこぞって着用しています。今回は、そんな注目を浴びている、コーチジャケットのおすすめメンズブランドとコーデをご紹介。

コーチジャケットとは

13300755B_16_D_500

By: zozo.jp

コーチジャケットとは、アメカジファッションにおいて頻繁に着用される、主にナイロン素材を使用したブルゾン。素材はナイロンが一般的ですが、特に「タフタ・ナイロン」と言われる記事のアイテムが多いですね。

最近ではコットンやウール、デニム素材などのアイテムも見られるようになってきました。また、裾口がゴムまたは紐で絞れるような仕様になっており、襟があるのがコーチジャケットの特徴。

スケートとの関わりも深いコーチジャケット

20160908160327704_500

By: wear.jp

スケート文化とコーチジャケットは結びつきが強く、スケーターは好んで着用しています。国内外問わず愛されているアイテムなんです。ストリートブランドで有名なsupremeでのLOOkなどでも、コーチジャケットを着用し、街中をスケートボードで疾走するイメージ画像をよく見かけます。

コーチジャケットの選び方

14365745b_b_06_500

コーチジャケットは一般的にはナイロン素材のものが主流ですが、他にも、生地の異なるコットンやデニム、ウールなど、さまざまな生地感のメンズジャケットが存在しています。近年ではテーラージャケットのように、スタイリッシュに決めるような感覚で着用しているファッショニスタが増加中。

ナイロン素材の場合は、ストリートなスタイリングで仕上げていただくことで、ナイロン特有のよさが引き立ちます。またデニムやコットン素材のものは、カジュアルなメンズコーデに合わせていただくのがおすすめ。

少し特殊なウール素材は、テーラージャケットのようにキレイめなコーデにあわせていただくことで、都会的なスタイリングに。それぞれのもつ素材感をきちんと把握することで、同じコーチジャケットという形でも、それぞれ違った表情を感じることが可能。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド32選

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ファセッタズム(FACETASM) COACH JACKET

13070594B_8_D_500

商品価格 ¥ 36,720

正面のバーコード柄がおしゃれなメンズコーチジャケットをご紹介します。こちらはファッセタズムから、ブランドダグのバーコードをモチーフにしたアイテム。手首部分は自由にフォルムを変えられるように、太めのゴムで調節できます。ナイロン素材ではなく、コットン100%を使用しているので、ジャケットのようにさらっと着用可能。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
センスオブプレイス(SENSE OF PLACE) コーチジャケット

14234769B_236_D_500

商品価格 ¥ 6,372

今季大注目のコーチジャケットから、デニム地のおしゃれなアイテムをご紹介します。今年流行りのロンTなどをレイヤードし、着用していただくのがおすすめ。ショルダー周りも、少し落ちたようなフォルムが新しいです。

カバーオールのような感覚で着用していただくことができますので、いろんなメンズコーデに合わせてみてください。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
コムサイズム(COMME CA ISM) コーチジャケット

001848793005

商品価格 ¥ 3,240

ゆったりめの流行り型に仕上げられたコーチジャケット。ポリエステルとレーヨンを使用しており、シワになりにくく、肌触りのいい生地感。細いストライプがスタイリッシュな雰囲気を演出してくれます。インナーにはスリッドの入ったカットソーや、ロングシャツがおすすめ。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ルコックポルティフ(le coq sportif) コーチジャケット

DE0022569MFY

商品価格 ¥ 17,280

スポーツブランドであるルコックポルティフから、光沢のあるナイロンコーチジャケットをご紹介。サイズ感はタイトめなので、中はあまり着込めません。胸元にプリントされたルコックのワンポイントロゴがおしゃれ。ツルッとしたナイロンコーチジャケットをお探しの方におすすめ。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
アンダーカバー(UNDERCOVER) UCQ9211

13732698_51_d_500

商品価格 ¥ 16,200

アンダーカバーの定番コーチジャケット。ナイロンを100%使用した、コーチジャケットらしさが存分に感じられるアイテム。表にはUNDERCOVERのロゴ。バックには、オリジナリティ溢れるイラストがプリントされています。アンダーカバーをアウターに取り入れると、メンズコーデにおしゃれさがプラスされますよ。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
フィンガリン(PHINGERIN) COACH JACKET

14119183_14_D_500

商品価格 ¥ 34,560

トレンチコートを彷彿とさせる、しなやかなバーバリー素材を採用したコーチジャケットをご紹介。オーバーサイズなので、インナーもスウェットなどの分厚いものも着用可能です。秋のメンズコーデのみならず、冬場も着ることができます。カラーは2色ありますが、今季はベージュがおすすめ。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ベンデイビス(BEN DAVIS) ツイルコットンコーチジャケット メンズ ブラック

81PMoQDfsVL._UL1500_

商品価格 ¥ 10,800

スケーターに人気のベンデイビスから、タフな素材で仕上げたコーチジャケット。前後ろ両方にプリントされた、ブランドロゴと英字がおしゃれ。安価なものですとナイロンに薄い裏地で仕立てていることも。しかし、こちらはしっかりと、ポリエステルの生地で縫製してあります。冬場まで使える万能アイテムです。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ビューティアンドユース(BEAUTY&YOUTH) ナイロンコーチジャケット 12251997732

71qANa1RTyL._UL1500_

商品価格 ¥ 14,040

マットな素材感で仕立てたナイロンコーチジャケット。背中や肘の部分にダーツ(平面の布を立体的に見せるために用いるカッティング技法)をとり、立体的な雰囲気に仕上がっています。裾に向かって広がるような形になっているので、ジャケットのような感覚でメンズコーデに取り入れることが可能。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) キャンプコーチ ジャケット NP21533

61lgZQJzFmL._UL1500_

商品価格 ¥ 16,500

撥水加工が施してある、雨天時にも大活躍するコーチジャケットをご紹介します。素材はパリッとした雰囲気のナイロン素材を採用。少しヴィンテージ加工してあるのがおしゃれですね。鮮やかなブルーですので、秋口のメンズコーデのアクセントとしておすすめ。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) メンズブルゾン

ww728-37073-01b

商品価格 ¥ 15,120

こちらはインパクトのある迷彩柄が特徴的なメンズコーチジャケット。アウトドアブランドのザ・ノース・フェイスから展開されているので、多少の雨でも対応可能な撥水加工が施されています。左腕にあしらわれたブランドロゴがおしゃれですね。雨の日のメンズコーデとしておすすめ。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
シップスジェットブルー(SHIPS JET BLUE) NOHOODIE コーチジャケット

to913-07385-02b

商品価格 ¥ 9,072

スケートボードブランドである、Z-FlexとRAIF ADELBERGがコラボしたコーチジャケット。素材はナイロン素材を採用。左胸にあるブランドロゴと、背面に施されたプリントがインパクト抜群。コーチジャケットには珍しいエンジ色がおすすめですね。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ジャーナルスタンダード レリューム(JOURNAL STANDARD relume) コーチジャケット

to918-16162-03b

商品価格 ¥ 11,880

ナイロン特有の光沢感が抑えられた、上品なおすすめのメンズコーチジャケットをご紹介。生地にはコットン×ナイロンを採用。オーセンティクなデザインに加え、ダボっとしすぎない、整ったシルエットが魅力的。今季はビビッドカラーにぜひ挑戦してみましょう!

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ビームス(BEAMS) デニムコーチジャケット

71qANa1RTyL._UL1500_

商品価格 ¥ 14,904

アメカジ系のアイテムを多く取り扱うビームスからweb限定でデニムコーチジャケットが発売されます。春夏シーズンのものをさらにバージョンアップ。ストレッチの効いたデニムが採用されているため、デニム特有の生地が硬く、動きにくく感じるなどのストレスは最小限になっています。秋冬のメンズコーデに快適な一着をぜひお早めに。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
アンリラクシング(unrelaxing) バックプリント星条旗コーチジャケット UR-142

to908-02057-05b

商品価格 ¥ 9,968

コスパのいいデザイン性のあるコーチジャケットをご紹介します。常に新鮮味のある洋服を提案してくれるアンリラクシング。星条旗がバックにプリントれており、シンプルなブルゾンでは物足りない方にはおすすめ。

ナイロン素材ではではなくポリエステルを採用することで、さまざまなメンズコーデと組み合わせられますよ。レイヤードもしやすい丈感がうれしい、人気のコーチジャケット。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)

to919-02644-01b

商品価格 ¥ 14,040

ファッション雑誌『POPEYE』や『BRUTUS』のカバーグラフィックを手がける、ナイジェルグラフとのコラボアイテム。コーチジャケットが持つストリートカジュアルの雰囲気をそのままに。ポップなデザインの刺繍が施されています。

ディティールにこだわったメンズブルゾンはこれ1つでコーデの主役になること間違いなし。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ユニオンステーション(UNION STATION) コーチジャケット

to910-05582-02b

商品価格 ¥ 6,480

ドライコットンのような、滑らかな生地感が特徴的なコーチジャケットをご紹介。カラーはベージュ、ネイビー、ブラックの3色展開となっています。ライトなシワ感があるストリートライクなメンズジャケット。ロングシャツやスラックスと合わせてコーディネートするのがおすすめです。お値段も安くお手ごろなので、秋服をお探しの方にはもってこいのアイテム!

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
アウェイク(AWAKE) コーチジャケット

to913-07380-01b

商品価格 ¥ 18,600

ロング丈のコーチジャケットをご紹介します。アウェイクは、ストリートブランドで有名なsupremeにて、コミュニケーション、ヴィジュアルを行っているANGELO BAQUEが立ち上げたブランド。

厚みのあるジャケットのため、冬場でも着用していただけます。少し丈の短いステンカラーコートのような感覚で着用すると、また違った表情のメンズコーデに。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ユナイテッドトウキョウ(UNITED TOKYO) ボンディングコーチジャケット

8784035B_22_D_500

商品価格 ¥17,280

ベーシックなコーチジャケットですが、ディティールにこだわったアイテム。フロントには最新式のスナップボタンを採用。ふっくらとした雰囲気になるようにパッカリング加工が施されています。アウターとしてもコートのインナーとしても、これからの時期におすすめの一品です。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ステュディオス(STUDIOUS) ファイバーストレッチコーチジャケット

10516856B_16_D_500

商品価格 ¥ 19,980

モードとストリートを組み合わせたような、スタイリッシュなコーチジャケットをご紹介。メインの生地には、柔らかい肌触りが特徴のポリエステル素材を採用し伸縮性もアップ。ポケットをジップタイプにすることで、よりモード感が極まりますね。スラックスなどのキレイめなパンツと合わせてみると洗練されたメンズコーデになります。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR) I WISH pt コーチJK

14323486b_b_18_500

商品価格 ¥ 32,184

コーチジャケットには珍しいカラーのカーキ色をご紹介します。ヒステリックグラマーですので、ナイロンですが、独特の堅さはなくしなやかで滑らかな仕上がりになっています。前方後方にあるプリントが男心をくすぐりますね。高いデザイン性を求めるメンズにはおすすめのコーチジャケットです。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ミーンズワイル(meanswhile) Coach Jacket

12209498B_14_D_500

商品価格 ¥ 51,840

フロント部分のデザインにこだわったコーチジャケットをご紹介します。デザインのみならず機能も充実。袖口についているアジャスターを片手で調節できるような工夫や、胸ポケットに中にものを入れたときに、袋が垂れてこないようにグログランテープを配置。また、半永久的な撥水加工もなされているので、雨の日には強い味方ですね。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
チャンピオン(Champion) コーチジャケット

61FvPR+iJGL._UL1500_

商品価格 ¥ 5,980

チャンピンオンの定番ワンポイントロゴコーチジャケット。シンプルなコーチジャケットをお探しの方にはおすすめのアイテムになっています。低価格ながら、テフロン加工が施されており、撥水機能もあります。急な悪天候でも安心。インナーにパーカーを着るコーデに最適ですね。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ステューシー(STUSSY) メンズジャケット Link Coaches

41jcYV7D93L

商品価格 ¥ 12,519

ストリートの王道ブランド、ステューシーのコーチジャケットをご紹介。人気のブランドだけに、こちらのコーチジャケットは魅力的ですね。両面に大小のブランドロゴがプリントされており、ストリート風に落とし込まれています。

中綿やキルティング加工も施されているので、保温性はバッチリ。このメンズブルゾンをメインに、おしゃれなコーデをしていただきたいです。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ナノ・ユニバース(nano・universe) リー別注 LinenMixDenimCoach

11095516_b_05_500

商品価格 ¥ 12,096

Lee別注アイテムから今大人気のコーチジャケットをご紹介します。こちらは麻が混じっているタイプのデニムを使用。清涼感を感じていただけるアイテムです。

また、ストレッチが効いている素材ですので、デニムの重みを感じず、動きやすくなっています。デニムブブルゾンをお探しだった方には大変おすすめです。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
サブサエティ(Subciety) COACH JACKET-GLORIOUS-

13717558_b_02_500

By: zozo.jp

商品価格 ¥ 14,040

ブランドロゴである「Subciety」を両面にプリントした、サブサエティの定番コーチジャケットをご紹介。ストリートスタイルに最適なナイロン素材であり、薄手です。サッと羽織りやすいので、アウトドアなどの少し体を動かすような場面で着用していただくのがおすすめ。ブラックスキニーと合わせて、スタイリッシュに決めてくださいね。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ビームスメン(BEAMS MEN) ヘビーナイロンコーチジャケット

00201883102n

商品価格 ¥ 20,520

今流行りのフライトジャケットとコーチジャケットを融合させたアウターをご紹介します。ストリートテイストにミリタリーの要素も加えられた新しいジャケット。中綿が入っているので、アウターとして冬のシーズンまで活躍します。裏地はイマドキにオレンジ仕様。機能的かつデザイン性に優れたおすすめのアイテムです。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) Sonny Label オルテガプリントコーチジャケット

001913871000_04

商品価格 ¥ 4,968

背面にプリントされたオルテガ柄がおしゃれなメンズコーチジャケット。ちなみにオルテガ柄は、オルテガ民族が自分たちの民族であることを表す織物柄のことです。

背面以外はシンプルな形で作られており、タウンユースでも着用できるアイテムに。ちなみに白はおしゃれですが、裾等が汚れやすいので、まめな洗濯が必要ですね。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
アーバンリサーチドアーズ(URBAN RESEARCH DOORS) FORK&SPOON ブルゾン

001890808000_03

商品価格 ¥ 4,101

夏場でも着用可能なコーチジャケットをご紹介します。ポリエステル混のインディゴ糸で仕立てています。そのため、シャツのような軽めの羽織ものとして着用可能。ところどころに付けられた丸カンのスナップが、スマートな印象を演出しています。

インディゴ染めのため、洗うごとに色味の変化を味わうことができるのもポイント。同素材のクロップドパンツもあるので、セットアップとして合わせると、さらにシックな印象になりますよ。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
トローブ(TROVE) WIDE COACH JKT

5256474b_14_d_500

商品価格 ¥ 2,7000

シルクのような光沢感が特徴的な、コーチジャケット型ブルゾンをご紹介します。生地には高い耐久性を持った、スピーマ綿を採用。生地の裏面にはウレタンコーティングを施すことで、独特なハリ感を実現し、透湿・防水機能を併せ持っています。襟部分が珍しいふっくらとしたタイプですので、コーデに個性を追加してくれるはずです。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) コーチジャケット 32111662099

91r032aubwl-_ul1500_

商品価格 ¥ 10,692

コーチジャケットですが、ライトオンスのデニム生地で仕立ててあるので、シャツのような感覚で着用していただけます。薄手ながら、生地を多く使う生産値の高いセルビッチという製法を使っています。着込むほどに味わいが増す、この手のデニムジャケットは秋口におすすめですね。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
チャンピオン(Champion) スウェットコーチジャケット

001923232001_11

商品価格 ¥ 12,960

Editionが別注で作った、チャンピオンのスウェット地のコーチジャケットご紹介します。ゴアテックス社独自のWIND STOPPERを採用しているので、優れた防風性や透湿性といった、文句なしの機能を実現しています。裏地には暖かい綿地が施されており、冬の時期まで着用可能。スウェット素材ですので、カジュアルなメンズコーデに合わせるのがおすすめ。

コーチジャケットのおすすめメンズブランド
アダムエロペ(ADAM ET ROPE') トロピカルコーチジャケット

13629045b_22_d_500

商品価格 ¥ 16,200

さらっと羽織ることができるトロピカルコーチジャケットをご紹介します。ポリエステル100%を使用したしなやかな光沢感が人気。とにかく軽いので、コーチジャケット特有の存在感は、いい意味で排除されています。またサイズ感はかなりぴったりとしていますので、スタイリッシュなメンズコーデが可能。スキニーパンツとあわせてみるのがおすすめです。

コーチジャケットのおすすめメンズコーデ24選

巧みなアイテム使いが光るメンズストリートコーデ

20160208222159255_500

By: wear.jp

コーチジャケットからさりげなくパーカーを出し、タンクトップをレイヤードするなど、単調なコーデにアクセントが加わっています。コットンパンツもテーパードがかかっており、抜け落ちた感じのメンズコーデを演出。

スニーカーには今流行りのエアハラチを着用。メインのコーチジャケットが活きるおすすめのメンズコーデとなっています。

ブルーのコーチジャケットでカジュアルコーデ

20151120114111593_500

By: wear.jp

ホワイトのロンTをインナーに、ライトアウターとしてコーチジャケットを着用。ブルーカラーがホワイトと相性抜群。パンツには今流行中のadidasラインパンツを着用し、ハイカットのコンバースにインしています。秋のお手本になるようなメンズコーデですね。

グレーで統一されたセットアップコーデ

20160226212604779_500

By: wear.jp

ハリ感のあるウール素材のコーチジャケットに同素材のパンツを着用。グレーで統一された上下に、スニーカーもグレーで合わせています。

グレー単色はかなり難易度の高いメンズコーデですが、セットアップなどで統一することでフォーマルなスタイリングを実現。暖かくなってきたら参考になりますね。

背後からでもおしゃれは語れる!?

20160628202739198_500

By: wear.jp

バックのプリントがおしゃれなUNDERCOVERのコーチジャケットを着用。バックプリントがあるアウターを着用する際は、リュックではなくトートやショルダーバックがおすすめです。レイヤードにとして着用しているタンクトップがアクセントになっています。この秋はデザインコーチジャケットでキメてみてはいかがですか?

クラシックなワイドパンツで男らしい渋さを演出

20160503201508314_500

By: wear.jp

肩掛けもできるPHINGERINのハイテクコーチジャケットをメインに着用。首からチラ見しているタートルネックがおしゃれですね。パンツはヴィンテージの青みの強いワイドデニムパンツを着用。クラシックなスタイリングが今季はおすすめ。コーチジャケットにデニムはいい意味で渋いですね。

足元をうまく外したモノトーンコーデ

20160424202328173_500

By: wear.jp

シンプルなコーチジャケットにスキニーパンツを合わせてスタイリッシュに決めています。スニーカーにはWHITE MOUNTAINEERINGのロゴスニーカーを着用。ネイビーとホワイト配色がモノトーンコーデの外しとなっています。

チェックシャツonコーチジャケットで重ね着

20160322085509169_500

By: wear.jp

インナーにチェックシャツをあしらい、ライトアウターとしてネイビーのコーチジャケットを着用。さりげないチェック柄に、パンツは緩めのネイビーパンツで上下のカラーを統一。グレーのニューバランスが程よい抜け感を演出しています。レイヤードのやりすぎは注意ですが、1枚かませるメンズコーデはおすすめです。

モノトーンで都会的なメンズコーデを実現

20160124105011941_500

By: wear.jp

ジップがあしらわれたデザインコーチジャケットをアウターに、白Tをレイヤード。パンツはタイトめなコットンパンツで、ストリートな雰囲気を演出しています。ベルトは色を変えて、ベージュ色のアイテムを選択。モダンな要素も含めつつ、コンバースでクラシカルなスタイルをミックスさせています。ブラックメンズコーデの外しにコンバースがおすすめ。

王道ストリートコーデにコーチジャケットは必須!?

20160622120700888_500

By: wear.jp

ストリートスタイルにはコーチジャケットはしっくりきます。インナーにはロゴTを着用。コーチジャケットは同色のものを合わせることで、インナーのロゴが映えていますね。

パンツはタイトなパンツですが、丈感はあえて長くしたまま野暮ったく着用。ストリートっぽさが残っていますね。スニーカーにはクラシックなコンバースを着用しています。

コーチジャケットをスタイリッシュに着こなす

20160407195727122_500

By: wear.jp

ライトアウターにスカジャンのようなデザインのコーチジャケットを着用。切り替えの白色が、スニーカーとマッチしています。パンツにはセンターラインの入った、綺麗なスラックスを合わせることで、大人っぽい印象に。ラインをうまく活用したメンズコーデは、シーズン問わずおすすめです。

生地感をうまく変えたナチュラルコーデ

20160309210755347_500

By: wear.jp

光沢のあるナチュラルなコーチジャケットをライトアウターとし、インナーとしてkiitのワッフル地パーカーを着用。コーチジャケットにプルオーバーパーカーを合わせることで、程よいストリート感を演出できます。ワイドなデニムパンツを合わせることで、カジュアルなスタイルに仕上がるのでおすすめ。

サルエルパンツをこの秋メンズコーデに取り入れよう

20150809145730749_500

By: wear.jp

全てGANRYUで揃えたメンズコーデ。サルエルパンツをメインにステッチの入ったオシャレなコーチジャケットを合わせています。インナーにはカラフルなブロックロンTを着用。全体的に、ブラックとホワイトで統一されているため、引き締まって見えます。

レイヤードを活用したモードコーデ

20140430115832480_500

By: wear.jp

コーチジャケットを使った上級メンズコーデをご紹介します。コーチジャケットインナーには、白いタンクトップをレイヤードすることで抜け感を演出。ハーフデニムパンツがコーデに色合いをプラスしていますね。ハーフパンツにシューズを合わせるときに、足の露出によるバランス感が気になる方は、このように黒靴下を着用することをおすすめします。

20160908220416810_500

By: wear.jp

キャップにはおしゃれなメンズの愛用アイテムである、supremeのキャンプキャップをを着用。アイウェアには、流行りのラウンド型のサングラス。コーチジャケットには、カットソーやパーカーが王道だと思われがちですが、このように白シャツでキレイめに着こなすのもいいですね。流行りをきちんと捉えたアイテムを着用することでおしゃれなメンズコーデに変わりますよ。

ライトアウターとトップスを白で統一

20160325161532939_500

By: wear.jp

白のコーチジャケットは、インナーにブラックやインパクトの強い色を合わせると、浮いた感じにみえてしまいます。そのため、このような同系色のボーダーのカットソーはおすすめ。パンツにはスラックスのような生地感のクロップドパンツを着用。

最近では「クロシェット」と言われる首から下げるキーネックレスが流行しています。いろんなブランドで展開されているので、チェックされてみてくださいね。

おすすめのメンズアメカジコーデ

20151020211748489_500

By: wear.jp

ザ・ノースフェイスの定番コーチジャケットをメインに、ロング丈のカットソーを着用。ベージュのバケットハットがコーチジャケットと相性抜群。帽子はブランドが演出する世界観とうまく合わせると、統一感のあるおしゃれなメンズコーデになります。秋冬に最適な色合いですので、この先の季節におすすめ。

クラシックなよさを引き出したスポーツミックスコーデ

20141013123116219_500

By: wear.jp

コーチジャケットを使用した、クラシックなスタイリングにおすすめしたいメンズコーデ。シンプルですが、どこか味わい深さが感じられます。やはりLevi'sのデニムは長く履ける上に、大人のメンズをしっかりと演出してくれますね。厚底のブーツもまた渋くてかっこいいです。

オーバーサイズのブルゾンに合わせるメンズコーデ

20160901143755476_500

By: wear.jp

ひと昔前に流行ったスカジャンのようなシルエットが特徴の、デニムコーチジャケットがメインアイテムになっています。紐とボタン水色になっているのがおしゃれです。パンツには絞りの付いているリブパンツを着用。スニーカーには装飾のないシンプルなスリッポンシューズがデニムブルゾンを生かしています。

コーチジャケット × スキニーに合わせるメンズストリートコーデ

20160401203944261_500

By: wear.jp

コーチジャケットとしてもシャツとしても使用できる万能シャツをライトアウターに、プルオーバーパーカーを中に合わせています。やはりコーチジャケットにはこのスタイリングがおすすめ。パンツにはスキニーデニムでスッキリとしたシルエットを実現しています。

コーディネートがうまくいかない方は、全体のシルエットがVラインになるように組み合わせてみるといいですよ。

ジャケットのような感覚でコーチジャケットを着用

20150906232501356_500

By: wear.jp

ジャケットのような雰囲気でコーチジャケットを使用し、英国紳士のようなスタイリングを実現。トップスにはコットン地のシャツを着用。強調しすぎないブルーカラーがおしゃれさをプラスしています。

ポーターのプラダ型バックは小旅行に最適なサイズ感で、スラックスやレザーシューズと相性抜群。コーチジャケットは使い方次第でいろんなメンズコーデが可能です。

爽やかなライトアウターで軽やかな秋コーデを演出

20150403180253779_500

By: wear.jp

ブルーのストライプが爽やかなコーチジャケットをメインに、シンプルに仕上げられています。インナーにはグレーのカットソーを着用。コーチジャケットにデザインがあるので、パンツやスニーカーもブラックで統一されています。タウンユースなメンズコーデですので、休日におすすめです。

ワークジャケットのような感覚で着用できるコーチジャケット

20150907154405470_500

By: wear.jp

イエローのアイテムはなかなか取り入れずらいところはありますが、切り替えになっているデザインの一部としてなら、難なく取り入れられますよ。パンツには作業用のようばラフなデニムを採用。キレイめに整えすぎないところがポイント。ぜひ、イエローをメンズコーデに取り入れてみて下さいね。

スタイリッシュにきめるメンズコーデ

20151229110301321_500

By: wear.jp

ライトアウターに鮮やかなグリーン色のコーチジャケット。レイヤードされた白のカットソーが色味を引き立てています。パンツにはグレーのスラックス。ハイカットコンバースとの相性が抜群です。上から色濃さがグラデーションのように変化しているメンズコーデは、整って見えますね。

オレンジカラーのアイテムでコーデにインパクトをつけよう

20140901184336706_500

By: wear.jp

シンプルながらもオレンジカラーでインパクト大のメンズコーデ。オレンジのジャケットは、白やブラック系のアイテムと合わせるとおしゃれに着こなせます。パンツにはテーパードの効いたデニムパンツを着用。スニーカーも抜け感のある白スニーカーが秀逸。秋口のメンズコーデにおすすめです。