一刻を争う水難事故救助。

ハイシーズンともなれば、各地で発生してしまう水難事故の悲劇。誰もが自分は大丈夫、と思っているのに巻き込まれてしまうことがあるのです。万が一おぼれるようなことがあれば、迅速な救助が何よりです。そんな必要に応えるべく、素晴らしいツールが誕生しました。ご紹介しましょう、ロボットライフガード EMILY です!

ロボットライフガードとは?

emily-robot-lifeguard-3

ロボットライフガード EMILY は陸からリモートコントローラで沖へ急行させ、おぼれている人を助ける、自走式救命浮き。あとはつなげているロープを使って、岸まで救助した人ごと引いてくるだけ!

迅速な救助が可能

Image-04-Gallery-2-1024x682
Image-04-Gallery-3-1024x682

EMILY は人間のライフガードでは到底不可能な最高35km/hで要救助者のもとへ"泳ぐ"ことが可能。しかも高い波や強い潮流をものともせず、難破した船の破片や岩があっても、ケブラー補強による頑丈な船底で安全に到達!

emily-robot-lifeguard-2

いったん現場に到着したら、安心して強靭な素材でできている本体、もしくは側部に装備されているロープにつかまり、岸にロープで牽引されるか、救命艇を待つことに。一度に8名をつかまらせ"救助"できるというからスゴいです!

Image-01-Gallery-4-1024x640

では EMILY はどのように推進しているのでしょうか? それは外部プロペラを使わないジェット推進力によるもの。これなら救助した人をケガの危険にさらしません。

最長で約731m先の現場まで派遣することができる EMILY は10,000ドル! これまでよりも迅速な救助が可能なら、積極的に導入してほしいですね!