最近は、自動でホバリングするものやセンサーで障害物を避けるもの、離陸した場所に自動で戻ってくるものまで、さまざまなドローンが登場しています。

また、ドローンの醍醐味である空撮機能も、ブレが少ない写真や動画などを高解像度で撮影可能です。今回はそんなドローンの中でも、ポケットに収まるコンパクトサイズなのにスマホで簡単操作できて、さらには自撮り機能も付いたDOBBY(ドビー)を紹介します。

DOBBY

商品価格 ¥ 45,800

ポケットに収まる大きさの小型ドローンDOBBY。199gの軽量コンパクトサイズながら4Kカメラを搭載し、4K画質の静止画とフルHDの動画が撮影できます。GPSと高さを感知する機能を搭載し、安定的な自律飛行が行えるので、初心者でも簡単に操作することが可能。

スマホのアプリで操作できる点と、自撮りしやすい機能も豊富に搭載されているので、簡単に自撮りができるドローンとして海外で爆発的な人気です。

DOBBYの特徴①
簡単操作

By: amazon.com

ドローンというと一見操作が難しそうですが、このDOBBYのいいところは初心者でも簡単に操作できるところ。専用のコントローラーは必要なく、スマホの専用アプリを操作することで、誰でもすぐに飛ばせます。

DOBBYとスマホをWi-Fiでダイレクトに接続し、スマホ画面にリアルタイムで表示される画像や本体を見ながらスマホ上の操作パネルで操作。

操作方法もコントローラーを意識した操作モードや、スマホ本体を傾けて操作するモード、画面をスワイプやピンチアウトさせて操作するモードなどがあります。離着陸操作は音声や手でのジェスチャーでコントロール可能。

また、スマホの画面をタッチするだけで離陸した場所に自動で戻る機能もあります。本体にはGPSと超音波センサーとポジショニングカメラを搭載し、最新の感知システムで安定した飛行ができます。

DOBBYの特徴②
多彩な撮影モード

By: amazon.co.jp

手振れ補正を搭載したDOBBYには多彩な撮影モードがあります。基本的にはリアルタイムでスマホに表示された画面を確認しながら撮影しますが、セルフタイマーや連写なども可能です。

また、自撮りするうえで便利な機能として、顔を認識してピントを合わせることができる機能や、スマホにリアルタイムで表示された被写体をタッチすると自動的に追跡しながら撮影する機能などがあります。

DOBBYの特徴③
コンパクトサイズ

By: amazon.com

ポケットに収まるサイズで199gと軽量なDOBBY。プロペラは収納式になっており、プロペラを出したサイズは135x145x36.8mm、プロペラアームを収納したときのサイズは135x67x36.8mmで、横が半分以下の大きさとなって、スマホと変わらない大きさになります。

日本の航空法では200g以上のドローンには規制があり、住宅密集地やイベント会場などの上空では申請が必要になりますが、DOBBYは199gなので、規制適用外になります。しかし、人がたくさんいる場所では、安全のためにも付属のプロペラガードを必ず付けましょう。

製品仕様

By: amazon.com

重量は199gで、プロペラを除く本体サイズは135x145x36.8mm、アームを収納した本体サイズは135x67x36.8mm。
飛行機能は連続飛行時間9分間、制御距離100m、最大上昇高度は屋外で50mです。

1300万画素のカメラは写真なら4KのJPG、動画ならフルHDのMP4。内蔵ストレージは16GB。付属品はUSB充電アダプター、USBケーブル、プロペラガードなど。USB充電なので、モバイルバッテリーからでも充電可能です。

専用アプリはAndroid 4.3/iOS 8.1以降に対応。

DOBBY

商品価格 ¥ 45,800