本格派水中ドローンに手が届く!

約70%ともいわれている、地球の表面を覆う水の割合。海や湖など、水の中にはわたしたちがまだまだ知らない世界が存在しています。ロマンを感じますね。その端を少しだけ覗きたい! と思っても、潜水するのはちょっとハードルが高い…。では水中ドローン Fathom One に任せてみては!? 詳細を見てみましょう!

"激安"水中ドローン

By Waves

Fathom One は競合の水中ドローンと比べても、半額以下で入手できると主張される"激安"。水中無人探査と撮影をすぐに始められるフルセットで600ドル以下に設定されています。

使い方が簡単

FathomFloating

Fathom One は本格派だといっても、使い方はとても簡単。モバイルデバイスに専用アプリを入れて接続したら、送られてくる映像を見ながら操縦。空撮ドローンと違って墜落することもないので、変なプレッシャーがないかもしれません。

たっぷり潜れる

5af562f664b5d2771c005eaa4c9cd6e5_original
Holding

使い方が簡単でも Fathom One の強みは1時間も潜水可能なところ。1.5m/秒の速度で、最大で水深約46mまで潜れるので、水中探査&撮影をたっぷりとお楽しみください!

通信のしくみ

Underwater Action

Fathom One はテザーと呼ばれるケーブルでつながった水面に浮かぶブイにより、陸上のモバイルデバイスと通信。おかげで、万が一のことがあっても、テザーにつながった Fathom One を救助するのが可能になりますね。

水中をフル装備で撮影

Lights 1
General 2

Fathom One に搭載されるのはフルHD撮影が可能な高性能カメラ。デュアル3WのLEDライトにより強力に水中を照らし、浮かび上がる知らない世界にきっとワクワクしっぱなしです!

モジュラー式

Modular 1 (1)

Fathom One の大きな特徴はさまざまなパーツを交換できるモジュラーになっていること。プロペラやフィンを自作の高性能パーツにアップグレードすることだってできるのです。

Scuba 1
Portable 2

モジュラー式のゆえに、分解してコンパクトに持ち運びが可能な Fathom One は Kickstarter で499ドル! 空よりも、水中のほうがはまるかも!?