ビジネスマンに欠かせないビジネスバッグ。いいビジネスバッグを使えば、自然と仕事モードに切り替わります。今回は、日本製のビジネスバッグブランドに絞ってご紹介。ナイロンに強いブランドと、レザーに強いブランドに分けて見ていきましょう。

レザーは経年変化を楽しめる一方、ナイロンは水に強く、軽くて丈夫な特徴があります。それぞれの長所と自分のビジネスライフスタイルに合ったバッグを選びたいですね。

ナイロン製の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
ポーター

61V6f87p+BL._UL1500_

ポーターは吉田カバンで知られる株式会社吉田が展開するブランドの1つ。株式会社吉田は、1935年に吉田吉蔵が創設しました。1962年にポーターをブランドを発表し、その他、ラゲッジレーベル、ヨシダなどのブランドを展開しています。

創業者の吉田吉蔵は勲五等双光旭日賞、ミモザ賞の受賞歴があり、また、会社自体も多くの受賞歴があり、一糸入魂をコンセプトとする国産バッグの代表的なブランドです。

ナイロン製の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
エースジーン

A1dou9igg8L._UL1500_

株式会社エースが展開する国産バッグブランド。株式会社エースは、キャリーケースとして有名なサムソナイトのライセンス契約を結んでおり、40年間その製造・販売をしていることでも有名なブランドでした。

エースによって育てられたサムソナイトブランドは、現在サムソナイトジャパンが運営しています。そこでのノウハウを生かし、独自ブランドを展開。その1つがエースジーンです。

ちなみにアポロ計画でも採用され、アタッシュケースで有名なアメリカのゼロハリバートン社は、エース株式会社によって2006年に買収されています。

ナイロン製の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
マスターピース

17200196B_b_11_500

このブランドは小さいことも一つ一つを大切にしていくこだわりを持っており、その言葉の通り、職人が自社の日本工場でバッグを一つ一つ丁寧に制作。

ファッション性と機能性を両兼ね備えたバッグは単体として見るよさはもちろんですが、フォーマルやカジュアルなどのさまざまなスタイリングに合わせることでコーデの一部としてさらに映えます。他にはないかっこよさを演出している、一押しブランドです。

ナイロン製の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
クリード

912q4WAB7cL._UL1500_

高いファッション性と機能性を同時に実現し続けることをコンセプトに始まったブランド、クリード。バッグのブランドとして大変人気。機能は至ってシンプルなものが多いですが、防水加工など機能性や素材へのこだわりを追求しています。定番のビジネスバッグをお探しの方におすすめ。

ナイロン製の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
マンハッタンパッセージ

71PRMPnu0AL._UL1500_

マンハッタンパッセージは株式会社レジャープロダクツが展開するブランド。「踊る大捜査線」で主人公の青島刑事がこのブランドのバッグを使用していたことで有名になりました。会社は1967年にバッグの輸入販売業として創業。

マンハッタンパッセージのブランドは、1980年に開始しています。模造品が出回って、訴訟が起きるなど世間を賑わしたことも。現在でも、多くのビジネスマンに支持される国産バッグブランドです。

ナイロン製の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
ブリーフィング

51x1g6cucql

近年セレクトショップを中心としたおしゃれなショップでの取り扱いの多いブリーフィングは、実は日本の企業である株式会社セルツリミテッドが展開するブランドです。1998年にアメリカの生産の元、ブランドが開始しました。

ミルスペックにこだわり、米軍規格でバッグを製造。メインの素材として、耐摩耗性の高い1050デニールのかなりヘビーなバリスティックナイロンを使用しているので、丈夫なバッグとして人気が高いです。

ナイロン製の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
タケオキクチ

TOKYOを発信源に今の時代にあったものを提供しているメンズブランド。スーツスタイルに最適なアイテムが数多く展開されています。さりげないおしゃれを楽しみたい方、フォーマルなスタイリングが好きな方にはおすすめ。

タケオキクチのビジネスバックは鞄メーカーのように、種類がシーン別に用意されてされており、機能性も抜群。

本革の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
土屋鞄

city-tote_d9

土屋鞄は1965年にランドセル製造からスタートした株式会社土屋鞄製造所が展開する日本ブランドです。現在でも、さまざまな革製品を1つ1つ手作りで作っています。メイドインジャパンの品質を高めることが土屋鞄の信条です。

最近では、欧米で注目されている大人のランドセルが話題になっていますが、ビジネスバッグなどの定番バッグを始め、経年変化を楽しめる皮革製品の製造で、高い評価を得ています。

本革の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
アニアリ

51k2gv9lzl

アニアリはプルームというレザーバッグブランドが展開するファクトリーブランドです。誕生は1997年と比較的若いブランドです。伊勢丹などの百貨店や、通販などで取り扱いのあるブランドです。国産バッグブランドとして、近年注目されています。

アニアリの革製品は全体的にしなやかで柔らかい印象のものが多いです。しかしながら、バッグは実用的で丈夫。国産の革製ビジネスバッグを探すときは必ず候補に挙がるブランドなので、ぜひチェックしてみてください。

本革の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
ペッレモルビダ


クルージングに持ち出したくなるようなバッグがコンセプトのブランドです。ファッション業界で有名な干場義雅がクリエイティブディレクターを務めています。ペッレモルビダはイタリア語で柔らかい肌(革)を意味します。その名の通り、上質な革を使用したさまざまな形のバッグを提供しています。

シンプルでシックなデザインは、ビジネスからきれいめカジュアルまで、さまざまなスタイルに合わせられます。

本革の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
コルボ

612nsnSCwLL._UL1500_

1998年に創業した日本の革製品ブランドです。インターネット上の通販で上位にランキングされるブランドで、一般的な認知度はそこまで高くないですが、革製品が好きな方なら知っている通好みのブランド。

コルボの革製品は主にイタリアのレザーを使用しており、経年変化を楽しめます。財布が有名ですが、ビジネスバッグを始め、カバンの製作も行っています。無料のメンテナンスや修理も充実しているのがいいですね。

本革の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
フジタカ

fujitaka-fuga-632502-02-480x540

富士山の存在感、威厳と、鷹の賢さや俊敏さをイメージとして1941年に始まったブランド。フジタカは製品の企画から革の選定、縫製などをすべて株式会社イケテイ内で行っています。製法のみならず、デザインにもこだわっており、おしゃれなバッグで有名。

日本製かつ、職人の手作業で行われているものなので、日本の高い技術力と人の温かみの両方を感じられます。ぜひ試してみてください。

本革の日本製ビジネスバッグのメンズブランド
ヘルツ

41oAJC2T85L

日本製にこだわって本物の革製品を作っているブランド。手にフィットし、馴染みやすく、丈夫な本革を使用していることが特徴。また、使うほどに革に深みが出てくるので、経年変化を楽しめますよ。長く使えるビジネスバッグをお考えの方におすすめのブランドです。