調理の際に必要とされる、精密な分量の計測が可能な「デジタルクッキングスケール」。しかし、製品によって計測できる数値に違いがあったり、搭載されている機能が異なっていたりするため、どれを選ぶか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、デジタルクッキングスケールのおすすめモデルをご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

デジタルクッキングスケールの選び方

最大重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

一度にたくさんの料理を作る方や、重さのある食材を量る必要のある方は、最大重量をチェックしましょう。家庭用のデジタルクッキングスケールならば、1~5kg程度まで計測できるモノが一般的です。

例えば、3~4人の家庭で日常的に使用するならば1~2kg、それ以上の人数や大量の作り置きをする家庭ならば3~5kgの製品を選ぶのがおすすめ。自分の調理する量に合わせて選択するようにしましょう。

最小計量値で選ぶ

By: amazon.co.jp

お菓子やパンを作る場合には、0.1g以下の単位で重さを量れるモノがおすすめ。多くのデジタルクッキングスケールの最小単位は0.1~1gですが、計測する量によって最小単位が変化するモノもあるので、自分の求める精度に合わせて選びましょう。

100g単位での計測を行うことが多い場合、小数点以下の重量は誤差と呼べる範囲ですが、1g単位で計測するような調理では、小数点以下の数字も重要です。より正確に量れる製品はその分価格も高めなので、予算と比べながら検討してみてください。

ゼロ表示機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

スケールの上にモノを乗せた状態を基準として計測する「ゼロ表示機能」がついているかどうかもポイント。「ゼロ点表示」や「風袋機能」など、製品によって呼び方はさまざまですが、重さを繰り返し0にして計測できるのが魅力です。

器やグラスなど、量りたいモノを入れる容器の重さを簡単に引けるだけでなく、材料を追加して計量したい場合にも便利なので、デジタルクッキングスケールを選ぶ際にはぜひチェックしてみてください。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

クッキングスケールは食材の重さを量るモノなので、お手入れが簡単で清潔に使える製品を選ぶのも重要です。表面がフラットで拭きやすいモデルや、粉類が入り込みにくい隙間レスモデル、丸洗いできる完全防水モデルなど、さまざまなモデルがあります。

特に、丸洗いできるモデルならば、液体を軽量しているときに誤ってこぼしてしまっても故障するリスクを軽減できるため便利。自分の使い方に適したモデルを選びましょう。

デジタルクッキングスケールのおすすめモデル

タニタ(TANITA) 洗えるクッキングスケール KW-220

タニタ(TANITA) 洗えるクッキングスケール KW-220

IP65の防水防塵仕様で丸洗いが可能なデジタルクッキングスケール。衛生的に使えるだけでなく、液体や粉類をこぼしてしまったときでも本体内部に侵入しにくく、故障のリスクを軽減できます。

0.1gから計量できる「微量モード」を搭載しているのが特徴。イーストや調味料なども量れます。また、水や牛乳の容量を量れる「mLモード」も搭載しているため、計量カップなしで液体の計量ができるのも魅力です。

重力の影響を補正する「地域設定機能」を搭載しているのもポイント。レシピ本に書かれた分量にしっかりと合わせて計量できます。最大重量は2kgまでなので、日常的に使用したい方におすすめです。

タニタ(TANITA) デジタルクッキングスケール KJ-212

タニタ(TANITA) デジタルクッキングスケール KJ-212

0.1g単位の計量が可能なデジタルクッキングスケール。0.1gの微量モード、0.5gの微量モード、1g単位で軽量する通常はかりモードの3種類を搭載し、自分の用途に合わせて使えるのが魅力です。

水や牛乳をml表示する「mLモード」や、約6分の「オートパワーオフ機能」、重力の影響を補正する「地域設定機能」など、便利な機能を多数搭載。また、ボウルを乗せても滑りにくく、取り外して洗えるシリコーンゴムカバーがついており、利便性に優れています。

収納しやすい27mmの薄型設計もポイント。スライド式のフック穴もついており、使っていないときもすっきりと片づけられます。コスパのよいモデルを探している方におすすめです。

貝印 デジタルキッチンスケール DL6338

貝印 デジタルキッチンスケール DL6338

耐熱温度80℃のABS樹脂を用いて作られたデジタルクッキングスケール。熱いモノを測りたいときでも使えるのが特徴。約19.5×14×3cm、重量約300gの薄型コンパクトサイズで、収納にスペースを必要としないのも魅力です。

電源は単3電池2本で、購入時からすでにセットされているため、すぐに使えるのもポイント。電池寿命は約2年と、電池交換をせずに長く使えます。使い終わった後に電源を切り忘れても、約1分でオートパワーオフ機能が働き、電源を切ってくれるので安心です。

最大計量は2000g、最小表示は1g。0表示機能にも対応しているので、追加計量も簡単に行えます。お菓子作りなどの細かい計量が必要なモノは作らないものの、日常的な料理を計量しながら行いたい方におすすめのモデルです。

ドリテック(DRETEC) ブランジェ KS-816

ドリテック(DRETEC) ブランジェ KS-816

0.3~300gまでの範囲を0.1g単位で計量できるデジタルクッキングスケール。使用地域ごとの重力誤差を解消する地域重量調整機能も搭載しているため、正確な計量が必要なパン作りなどにも活用できるのが魅力です。また、0表示機能にも対応しており、追加計量が簡単に行えます。

本体には軽量する容器が滑りにくく、取り外して洗えるシリコーンカバーを採用。脚部にも滑り止めがついているため、安心して使えます。そのほか、表示が見やすい大画面を採用しており、数字が見やすいのもポイント。使い勝手とコスパを両立したモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キッチンスケール PKC-101

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キッチンスケール PKC-101

直感的に使えるシンプル設計が魅力のデジタルクッキングスケール。電源ボタンと0表示ボタンの2つのみで操作でき、脚部には滑り止めが採用されているので、誰でも簡単に使えるのが魅力です。

また、暗いところでも見やすいバックライトを搭載しているのが特徴。軽量を行える平らな場所が限られている方でも安心して使えます。また、約2分間操作しないと自動で気に電源が切れるオートパワーオフ機能を搭載。電源を切り忘れる心配もありません。

背面にはフック穴がついており、吊り下げて保管可能。最小表示単位は1gで最大計量は1000gとやや範囲は狭めですが、あまり機械が得意ではない方でも使いやすい、おすすめのモデルです。

マリ・クレール(marie claire) デジタルキッチンスケール MC-428

マリ・クレール(marie claire) デジタルキッチンスケール MC-428

14×21.5×1.7cmとコンパクトで手軽に扱えるデジタルクッキングスケール。0表示機能を備えており、材料を追加しながら計量できるのが魅力です。

最大計量は3000g、最小表示は1g。耐熱温度は70℃で、使い勝手に優れています。約1分間で電源が切れるオートパワーオフ機能も備えているため電源の切り忘れないのも魅力のひとつ。おしゃれなデザインながらも、欲しい機能をしっかりと備えたモデルなので、プレゼントとしてもおすすめです。

オーム電機(OHM) クッキングスケール COK-S203

オーム電機(OHM) クッキングスケール COK-S203

最大計量2kg、最小表示0.5gのデジタルクッキングスケール。0表示機能に対応しているため、追加計量も簡単に行えるのが魅力です。

約1分間操作がなければ電源を切るオートパワーオフ機能を搭載。また、電池が少なくなった際に通知する低電力表示にも対応しているので、突然の電池切れを予防できます。

地域設定による重力誤差の解消にも対応。低価格ながらも使い勝手のよい機能を多数備えたコスパの高い製品です。

カスタム(CUSTOM) 防水ミニキッチンスケール MS-5000WP

カスタム(CUSTOM) 防水ミニキッチンスケール MS-5000WP

測定物の重さに応じてディスプレイ色を変えられるデジタルクッキングスケール。最小表示単位は0.1g、最大計量は5000gで、ちょっと重さを量りたいときからしっかり量りたいときまで幅広く使えるのが魅力です。

基準を設定すれば重さから数量をカウントできる「数量カウント機能」を備えているのが特徴。細かいモノを数えたいときに便利です。また、水や牛乳をmlで表示できる「ml表示機能」も搭載しています。

IP65準拠の防水防塵仕様で、液体や粉でも気軽に計量可能。0表示機能にも対応しており、使い勝手に優れています。ちょっと高めでもさまざまな用途に使えるスケールが欲しい方におすすめです。

ドリテック(DRETEC) スプーンスケール PS-032

ドリテック(DRETEC) スプーンスケール PS-032

スプーン型のデジタルクッキングスケール。大小2つのスプーンが付属しており、用途に合わせて使い分けられるのが魅力です。

コンパクトサイズながらも、0表示機能を備えていたり、4分間で電源が切れるオートパワーオフ機能を備えていたりと多機能なのが特徴。スプーンには5・10・15・20・30mlの目盛りがついており、液体の計量にも便利です。

調理中に調味料などの少量の重さを量りたいときにサッと使えるので、洗い物を減らせるのもポイント。0.3~300gの範囲で軽量を行えるため、ちょっとした重さを量りたい方におすすめです。