外出先でスマホやタブレットなどを長時間使用する場合に役立つ「モバイルバッテリー」。出力電流や容量などが異なる製品が販売されており、用途に適したモデルを選ぶことでより便利にデバイスを充電することが可能です。

しかし、低品質なモバイルバッテリーは発火事故などの恐れもあります。そこで今回は、高品質でおすすめの日本製モデルをご紹介。高性能で安全性に優れた日本製モバイルバッテリーを入手し、安心して充電を行いましょう。

なお、本記事では日本メーカー製のモバイルバッテリーをご紹介しています。

日本製モバイルバッテリーの選び方

出力電流の大きさで選ぶ

By: cheero.net

モバイルバッテリーは出力電流が大きいほどデバイスを素早く充電できます。そのため、短時間で手軽に充電を行いたい方は製品の出力電流をしっかりとチェックしましょう。目安としては2A以上の出力が可能な製品であれば快適に使用できます。

特に、タブレットやノートパソコンといったバッテリー容量が大きいデバイスを充電する場合は、高出力のモバイルバッテリーをチェックしましょう。出力が小さいと充電できない場合もあるので注意が必要です。

また、より素早く充電を行いたい方は、急速充電に対応しているモデルがおすすめ。急速充電には「USB PD」や「QuickCharge」などの規格が存在し、モバイルバッテリー・充電するデバイス・ケーブルの3つが対応していれば短時間で充電を完了できます。

バッテリー容量で選ぶ

By: elecom.co.jp

モバイルバッテリーは充電の際に電力ロスが発生するので、実際に使用できるのは表記されているバッテリー容量の約6〜7割程度です。そのため、充電するデバイスのバッテリー容量と比較し、デバイスの使用頻度を考慮しながらチェックしてみてください。

日頃スマホの充電切れがほとんどなく、緊急時の充電用として使うなら10000mAh未満のモデルがおすすめ。一般的なスマホを約1〜2回フル充電でき、お手頃価格で入手しやすいのも魅力です。

外出先でSNSや音楽・動画鑑賞などを頻繁に楽しむ方は、10000〜20000mAhのモデルがおすすめ。多くのスマホを約3〜5回フル充電できるので、バッテリーを消費するスピードが速いという方に適しています。

デバイスを複数持ち歩く方や、タブレットやノートパソコンの充電には20000mAh以上のモデルがおすすめ。旅行や出張など長期間外出する際にも役立つため、ぜひ検討してみてください。

重量とサイズで選ぶ

By: buffalo.jp

持ち歩きやすさを重視する方は、モバイルバッテリーの重量とサイズをチェックしましょう。目安として重量が200g以下のモデルなら、スマホのような感覚で気軽に持ち歩けるのでおすすめです。

持ち運びやすさを重視する方は、小型タイプよりも薄型タイプのモデルがおすすめ。薄型タイプならスマホと重ねて持つことが可能なため、充電中もスマホを容易に操作できます。

また、鞄や上着のポケットにすっきりとしまえるのもメリット。重量とサイズをしっかりと確認し、バッテリー容量とのバランスを考えながら製品を選んでみてください。

ポート数で選ぶ

By: cheero.net

デバイスを複数台持ち歩いて使用する方は、出力のUSBポートを複数搭載したモデルがおすすめ。スマホやタブレットなどのデバイスを同時に充電できるので便利です。

モバイルバッテリーはUSBポートごとに最大出力が決まっているモノと、USBポート全体で最大出力が決まっているモノが存在します。複数のデバイスを同時に素早く充電するには、USBポートの最大出力がより大きなモデルを選ぶようにしましょう。

AC電源対応で選ぶ

By: elecom.co.jp

通常のモバイルバッテリーは、本体の充電用ケーブルと、デバイスへの給電用ケーブルがそれぞれ必要です。一方、AC電源に対応しているモバイルバッテリーは充電用ケーブルが不要で、電源プラグを直接コンセントに差し込んで本体を充電できます。

ACアダプターとしても使用でき、スマホやタブレットなどをそのままコンセントから充電することが可能。同時にモバイルバッテリー本体も充電できるので、充電し忘れが少なく日々手軽に持ち歩けるのも魅力です。

また、外出先でモバイルバッテリーの電池切れが起こっても、本体の充電を待つことなくAC電源からすぐにデバイスへ給電できます。より便利に使える製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

PSEマークをチェック

By: rakuten.co.jp

モバイルバッテリーは電気用品安全法の規制対象であり、適合している製品は「PSEマーク」を表示する義務があります。2019年2月1日からPSEマークのない製品は製造・輸入・販売が禁止されているため、購入前にはマークの有無をしっかりと確認しましょう。

メーカーをチェック

チーロ(cheero)

By: amazon.co.jp

チーロは大阪に本社を構える国内メーカーで、日本製ならではの高品質なモバイルバッテリーを製造しています。リーズナブルな価格帯を中心に豊富なラインナップを備えており、さまざまなバッテリー容量の製品から用途に適したモデルを選べるのも魅力です。

シンプルで使いやすいデザインの製品だけでなく、可愛らしいキャラクターデザインの製品もラインナップされているため、ポップなデザインが好きな方にもおすすめ。人気の高い日本製モバイルバッテリーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO)

By: rakuten.co.jp

バッファローは名古屋市に本社を構えるパソコン周辺機器メーカーです。モバイルバッテリーはコンパクトモデルや高出力モデルなどさまざまな製品を展開しています。

独自の「AUTO POWER SELECT」機能もポイント。iOSやAndroidなどのデバイスを自動で判別し、最適な出力で急速充電を行います。また、安全装置に力を入れているのも魅力です。

メインの制御ICに加えてサブ制御ICを搭載しており、2段階の保護装置で製品の異常を検知します。安全設計の日本製モバイルバッテリーとしておすすめです。

日本製モバイルバッテリーのおすすめモデル

チーロ(cheero) Power Plus 5 10000mAh CHE-101

10000mAhと大容量ながら、コンパクトかつスタイリッシュな日本製モバイルバッテリーです。iPhone 8なら約3.5回、Galaxy S9なら約2回のフル充電が可能。手のひらサイズなので、ポケットやリュックのサイドポケットにスッキリ収まるのが特徴です。

バッテリー残量を表示できるデジタルインジケーターを搭載しているのも魅力のひとつ。1%きざみの数字で確認できるので、本体の残量を細かく把握したい方にもおすすめです。USB−AとUSB−Cの2ポートを備えているので、2台の同時充電が可能。

コンパクトかつ大容量な日本製モバイルバッテリーを探している方はチェックしてみてください。

チーロ(cheero) Flat 10000mAh with Power Delivery

厚さわずか約14mmの薄型設計で、スマホと重ねて充電できる日本製モバイルバッテリーです。バッテリー本体の充電は、出力18WのPD対応USBアダプタで、約3.5時間でフル充電可能。10000mAhと大容量なので、複数デバイスを持ち歩いている方にもおすすめです。

USB−AとUSB−Cの2ポートを備えており、2台の同時充電も可能。USB−Cで急速充電したい方にも適しています。大容量かつUSB−Cの急速充電に対応しながらも、スリムボディなのでバッグやポケットにスッキリ収納可能。

コンパクトで持ち運びやすい日本製モバイルバッテリーを探している方はチェックしてみてください。

チーロ(cheero) Power Plus 3 13400mAh CHE-067

大容量13400mAhの日本製モバイルバッテリーです。「Power Plus 3シリーズ」と可愛らしいキャラクター「ダンボー」がコラボした製品。オリジナルカラー・スーパーカーレッド・ゴールドインゴッド・スノーマンホワイトの4色をラインナップしており、好みのデザインで選べるのが特徴です。

重量は約245gと容量に対して軽量設計のため、持ち運びしやすいのも魅力のひとつ。2つのUSBポートを備えており、合計3.4Aの高出力が可能です。また、接続したデバイスを自動で認識する「AUTO-IC機能」を搭載。デバイスに適した電流で充電できます。

性能に対してお手頃価格で購入できるのもうれしいポイント。可愛らしいデザインが好みの方や、コスパを重視したい方はチェックしてみてください。

バッファロー(BUFFALO) モバイルバッテリー 10000mAh BMPB10000WPBK

耐衝撃・防水・防塵性能を備えた高耐久な日本製モバイルバッテリーです。防水・防塵等級IP65相当なので、雨や汗、砂塵などから本体を保護。アウトドアシーンで使えるモバイルバッテリーを探している方にも適しています。

また、8000mcd高輝度LEDを搭載しているのも魅力のひとつ。暗がりでのケーブルの接続はもちろん、キャンプなど野外でも便利に使えます。2.1A出力のUSBポートを2ポート搭載。10000mAhの容量を備えているので、複数デバイスを持ち運ぶ方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー AC一体型 2900mAh DE-AC01-N2924

AC電源から直接充電できる機能性に優れた日本製モバイルバッテリーです。モバイルバッテリーとしてはもちろん、ACアダプタとしても使えるので、荷物を減らしたい旅行や出張にもおすすめ。容量は5800mAhで、USBポートが2つ搭載されており、合計最大2.4Aの高出力ができるのも特徴です。

プラグ部分は本体にたたんでコンパクトにまとまるので、手軽に持ち運べるのも魅力のひとつ。独自の「おまかせ充電」や「まとめて充電」にも対応しているので、性能面も良好です。

便利なAC電源対応の日本製モバイルバッテリーを探している方はチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー 3200mAh DE-M04L-3200

バッグのサイドポケットやポケットにスッキリ収まる、コンパクトな日本製モバイルバッテリーです。バッテリー容量は3200mAhとやや少なめですが、頻繁に充電しない方には使いやすいサイズ。小型ながら2.1Aの急速充電に対応しているので、高出力でスマホやタブレットの充電ができます。

電池残量を4段階のLEDランプで簡単に確認できるのも魅力のひとつ。モバイルバッテリー本体を約2時間で素早く充電できるのもうれしいポイントです。電気用品安全法であるPSE試験合格品なので、安心して使用できるのもメリット。

価格もリーズナブルなので、コスパを重視して選びたい方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー 5000mAh EC-C01

5000mAhのバッテリー容量を備えたコンパクトな日本製モバイルバッテリーです。容量はあまり多くありませんが、その分コンパクトなので持ち運びにぴったり。頻繁に充電せず、持ち運び用のモバイルバッテリーを探している方におすすめです。

5000mAhと程よい容量のため、本体を約1時間40分でフル充電できるのも魅力のひとつ。付属品に小型のUSB−A to Type−Cケーブルが付いているのもうれしいポイントです。USBポートに高性能ICが搭載されており、接続機器を自動で判別して適した速度で充電できます。

可愛らしいオリジナルキャラクター「しろちゃん」がプリントされたホワイトフェイスとシンプルなブラックの2色をラインナップ。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

エレコム(ELECOM) モバイルバッテリー 6700mAh EC-M02

コンセントにそのまま挿して本体を充電できる、AC電源対応の日本製モバイルバッテリーです。電源プラグ部分には、回転させて本体に収納できる「スイングプラグ機構」を採用。コンパクトにまとまるので、持ち運びしやすいのも特徴です。

合計2.6A出力が可能な2ポートを備えており、デバイスの2台同時充電が可能。バッテリー容量は6700mAhと程よい容量なので、適度にスマホを充電したい方におすすめです。

電池残量は4段階のLEDランプで確認可能。AC電源対応の機能性に優れたモバイルバッテリーを探している方はチェックしてみてください。

ソニー(SONY) USBポータブル電源 20000mAh CP-S20A

20000mAhの大容量バッテリーを備えた日本製モバイルバッテリーです。USBポートを4つ搭載し、合計最大6.9Aの高出力が可能。スマホやタブレットの充電はもちろん、高出力が必要なノートパソコンなどの充電にも適しています。

ソニー独自の安全設計「Safe Charge」が施されているので、安心して使えるのも魅力のひとつ。また、独自の「ハイブリッドゲルテクノロジー」により、約1000回の繰り返し充電が可能と謳っており、長く使えるのもうれしいポイントです。

安全かつ大容量な日本製モバイルバッテリーを探している方はチェックしてみてください。

マクセル(maxell) モバイル充電バッテリー MPC-CW10000P

10050mAhの大容量バッテリーを備えた日本製モバイルバッテリーです。USBポートを2ポート搭載し、最大出力2.1Aの急速充電が可能。スマホを2台同時に充電できるのも特徴です。

約500回繰り返し充電できると謳っており、長く使えるのも魅力のひとつ。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色をラインナップしています。

シンプルなデザインで男女問わず使いやすいのもポイント。大容量かつ長く使える日本製モバイルバッテリーを探している方におすすめです。