上品な雰囲気があって、クッション性の高いソールで歩きやすいポストマンシューズ。ファッションアイテムとしても使えるし、ビジネススタイルに合わせることもできます。今回は、そんなオンオフ両用のポストマンシューズの魅力とおすすめ着こなし術をご紹介。

ベーシックなドレスシューズもいいですが、ポストマンシューズだと幅広いファッションに使えるため、コーディネートの幅もグッと広がりますよ。

ポストマンシューズとは

By: amazon.co.jp

ポストマンシューズはボリューミーなシルエットで、つま先がシンプルなプレーン・トウのレザーシューズのこと。ポストマンシューズという名前は、その名の通り郵便配達人が履いているようなデザインをしていることから名付けられました。

ボリュームがあるポストマンシューズは、スキニーパンツ・ワイドパンツどちらのパンツとも合わせやすいです。また、シンプルなものが多いので、柄物やビビッドカラーのアイテムともぴったり。

ポストマンシューズのおすすめブランド
ダナー

1932年、チャールズダナーがアメリカのポートランドで設立。1959年にアメリカでビブラムソールを使用したシューズを初めて製作しアウトドアシーンで人気となりました。軽量、快適をコンセプトにした靴作りは、半世紀以上経つ現在でも変わっていません。

ダナー(Danner) D-4300 POSTMAN SHOES

ツヤ感あるダークブラウンのレザーを使用したポストマンシューズで、ソールとボディを接着している黄色のステッチ糸(縫い糸)がアクセント。かかと部分にはダナーのブランドロゴが刻印されており、上品な雰囲気が醸し出されています。

また、足裏のソールも特徴的なデザインをしているため、歩くたびにチラチラ見えるのがおしゃれ。

ポストマンシューズのおすすめブランド
レッドウィング

創業から100年以上経っているアメリカ最古のシューズブランドであるレッドウイング。実は今回紹介しているポストマンシューズという名前も、レッドウイングがつけたと言われています。靴を作るための革やパーツまで自社で製造しているのが同ブランドの特徴です。

レッドウィング(RED WING) ポストマン オックスフォード

マットな質感のブラックレザーを使用した重厚なポストマンシューズは、実際に1990年代のアメリカ郵便局で使用されていたモデル。つま先に少し丸みを帯びており、ボテっとしたシルエットが作業用シューズとしての風合いがあります。

使用されているレザーは磨くほど光沢感が出るので、手入れすればするほど最初の雰囲気と変わるでしょう。

ポストマンシューズのおすすめブランド
ロスコ

ロスコはアメリカ海軍や陸軍にアイテムを提供していた本格ミリタリーブランド。特にシューズには定評があり、ロスコブーツはカニエウエストや人気グループである三代目JSBの登坂弘臣さんなど、国内外のファッショニスタがコーディネートに取り入れています。

ロスコ(ROTHCO) レギュラーワイズ レザーポストマンシューズ

通常のポストマンシューズのソールよりも厚みがあるのがポイントで、ミリタリーブランドならではのデザイン。使用されているソールはラバーソールなので、ボリュームがあって重く見えがちですが軽いです。

さらに、全体に防水加工が施されているため雨を弾いてくれるのも特徴の一つ。デニムやチノパンなど、アメカジなアイテムと相性がいいでしょう。

ポストマンシューズのおすすめブランド
リーガル

日本の靴メーカーとアメリカの靴ブランドが協業して1961年に立ち上げられたリーガル。アイビーファッションのトラディショナルな雰囲気と、日本の熟練された職人による丁寧な作業が上手く融合されて履き心地に優れたシューズを生産しています。

グラッドハンド×リーガル(GLAD HAND×REGAL) ポストマンシューズ

レザー小物などを展開するブランドのグラッドハンドと、リーガルがコラボレーションしたポストマンシューズ。凹凸のあるレザーは傷や汚れがつきにくく、ぬかるんだ地面を歩いても大丈夫でしょう。

また、つま先が少し長めに設定されたデザインがクラシックな雰囲気。スーツなどビジネスファッションにも合わせられます。

ポストマンシューズのおすすめブランド
ドクターマーチン

ドイツ人医師クラウスマルテンスが立ち上げたドクターマーチンは、医師としての経験を基にクッション性抜群のソールを開発。それが改良されて現在のマーチンブーツが完成し、ファッションシーンにも落としこまれ、イギリスファッションの歴史を築き上げました。

ドクターマーチン(Dr.Martens) プレーントゥポストマンシューズ

アメリカ産のポストマンシューズと違って、スタイリッシュなデザインをしているドクターマーチンのポストマンシューズ。紐を通すパーツのデザインが特徴的でファッショナブルです。

もちろん、こちらのポストマンシューズにもドクターマーチン独自のクッションソールが搭載。長時間歩き続けても疲れないでしょう。

ポストマンシューズを使ったメンズの着こなし術

ミリタリーアイテムと組み合わせて男らしさMAXコーデ

By: wear.jp

襟にファーがついたミリタリーアウターとポストマンシューズを合わせて、無骨で男らしいコーディネートの完成。ボトムをシューズと同じ黒にしているため、アウターと上手く馴染んでいます。

インナーは他のアイテムと揃えるようにグレーのニットをチョイス。ポストマンシューズを使って男らしいコーディネートを作るなら、ミリタリー系アイテムがおすすめです。

王道のアメカジでポストマンシューズの魅力を引き出す

By: wear.jp

刺繍入りの開襟シャツとチノパン、ポストマンシューズで王道のアメカジ。ポストマンシューズのワークな雰囲気を最大限に引き出すなら、シンプルなスタイルが多いアメカジがベストです。

トップスに合わせたシャツは、刺繍入りで開襟にしているところが、トレンド感があってポイント。

モノトーンカラーのモードスタイルもおしゃれ

By: wear.jp

カジュアルなファッションだけでなく、このようにモードなスタイルにもマッチしてくれるのがポストマンシューズのいいところ。ジャケットは肩がけにして変化をつけています。使用しているアイテムもベーシックなものが多いので、真似しやすいのではないでしょうか。

ポップさが際立つアイビースタイル

By: wear.jp

Pの文字が配されたスウェットやサーモンピンクのショーツといった、可愛らしいアイテムでコーディネートしたアイビースタイル。ポストマンシューズは、そんなポップなスタイルの引き締め役として活躍しています。

全体的にシックな色がメインなので、大人なメンズでも活用できるスタイルと言えるでしょう。