薬の飲み忘れを防止!

治すべき病気を抱えている場合、医師から処方された薬を飲むことが日課になります。ですが、それをうっかり忘れてしまうことも。また、薬というものは案外ゴチャゴチャしてしまいがちです。

それを改善する「CYCO」が、世界中のテクノロジーメディアから注目されています。

薬を取り出した時間をデータ反映

CYCOはスマホ連携の薬保管ケース。服薬の記録を逐次スマホアプリに反映させるのが特徴です。

CYCOの内部は7分割で、それぞれの薬の種類に振り分けることができます。スライド式の出口にはセンサーが搭載され、どの薬がいつ何錠出されたのかを察知します。

午後1時28分に胃薬を2錠取り出した、ということがデータとして保存され、またそれを予め設定した他のメンバーが閲覧することもできます。こうすることにより、家族の服薬管理を共有できるという仕組みです。

服薬時間を知らせる機能

服薬時間が近づくと、アプリやCYCO内蔵のLEDライトでそれを知らせる機能も搭載されています。

また、本来飲むべき薬と違うものを取り出そうとした場合、警告のアラームが鳴り響きます。これがあれば、間違った服薬を回避できそうです。

薬を適切に管理・携帯するものとしても、CYCOは大いに有用な製品です。

うっかりを防ぐ!

医師からどんなに厳しく言われていても、ついつい忘れてしまいがちな服薬。そんなうっかりを防止し、薬をしっかり飲み切るためにCYCOが開発されました。

この製品はクラウドファンディング「Kickstarter」で349香港ドル(約5000円)からの出資を募っています。