マッサージ器も超小型化する時代。

この度クラウドファンディング「Kickstarter」に登場した「Cardlax」は、何とカードサイズのマッサージガジェット。いつどのような状況でも、これひとつで身体の凝りをほぐせるそうです。

本当か!?

EMSで患部を刺激

筆者が中学生の頃、電気信号で筋肉を動かす「EMS」を使ったトレーニング器具が流行りました。アメリカのテレビ通販でよく取り扱われていた製品です。

運動をしなくても腹筋を鍛えられるというものですが、Cardlaxの仕組みもそれらと同じ。低周波の電気で筋肉を刺激し、凝りを解消します。

3種類のモードがあり、それぞれ「揉む」「つまむ」「肘で押す」という区分けです。

ポケットに携帯できる!

ポケットに入れてもまったく邪魔にならないため、たとえばスポーツ選手が練習中にCardlaxを携帯することもできます。

4時間程度の充電で1週間以上使用できるというこの製品。ほとんど湿布のような感覚で利用できる点が評判を呼び、世界中から出資を集めています。

仕事場に常備可能

現在、Kickstarterのページで226香港ドル(約3100円)からの出資枠を展開しているCardlax。

操作も複雑ではなく、仕事場に常備できるくらいのサイズです。肩や首に疲れを感じたら、とりあえずCardlaxを貼っておく。そんな光景があちこちで繰り広げられるかもしれません。