人間用エアバッグ!

フランスのスタートアップが開発した「Hip’Air」は、人間の腰に装着するエアバッグです。

「人の身体そのものにエアバッグが必要なの?」そういう声もあるかもしれませんが、人間にだってエアバッグは必要です!

屈強な人も転倒する

高齢者の転倒事故。これは非常に深刻な問題です。

昔、アメリカにバディ・ロジャースという有名なプロレスラーがいました。この方が71歳で亡くなった際の死因は、なんとスーパーマーケットで足を滑らせたことによる転倒です。誰より屈強なはずの人でも、歳を重ねると転倒事故の危険性を意識しなければなりません。

Hip’Airは腰に付けるエアバッグ。スピードセンサーとジャイロセンサーが装着者の転倒を即座に察知し、炭酸ガスをバッグに注入します。

膨らんだバッグは、転倒時の衝撃を90%も緩和してくれるとのこと。

「寝たきり生活」を事前に回避

スイッチのON/OFF操作は、ベルト部のバックルを装着したか否かで認識されます。複雑な操作機構は一切なく、最先端製品に慣れていないご高齢な方でも使いやすいよう工夫が施されています。

さらに、本プロダクトは満充電から15日間、スタンバイ状態を維持できるロングバッテリーも魅力。「こまめな充電」も必要なさそうです。

転んだ際、受け身が取れずに腰部の骨を折り、その後は寝たきり生活という話は珍しくありません。それを防ぐ製品として、Hip’Airは注目されています。

CES2018に登場


このプロダクト、先日アメリカのラスベガスで開催されたCES2018にも出展されました。

本格的な販売は、まだ先のようです。しかし、Hip’Airのようなものが世界各国で求められているというのもまた事実。メーカーによる市場投入が待ち遠しい一品です。