家電量販店などでよく見かける世界的オーディオメーカー「ボーズ(Bose)」。卓越した技術により、幅広い世代から高い人気を集めています。

Boseのスピーカーは重低音が秀逸なのがポイント。また、使い勝手も良好なほか、利用シーンに応じた豊富なラインナップが揃っているのも特長です。そこで今回は、Boseのスピーカーのおすすめ機種をご紹介。購入を検討している方はぜひベストバイアイテムを見つけてみてください。

Boseについて

By: amazon.co.jp

Boseは1964年に誕生したオーディオメーカー。マサチューセッツ工科大学の教授であるアマー・G・ボーズにより設立されました。技術面で優れているのはもちろん、心理音響学を基礎にした製品づくりで音の聴こえ方を追求しているのが特長です。日本をはじめ、米国や欧州でも高い人気を博しています。

比較的コンパクトな製品が多いのも魅力。家に置いて使うだけではなく、外に持ち運んで使うこともできて汎用性が高いです。もちろん、据え置き向けのモデルも多く揃えています。

時代を先取りした技術開発に長けているのも特長。1989年には航空業界向けにノイズキャンセリングヘッドセットを世界で初めて開発しました。オーディオ業界を動かした革新的技術といっても過言ではありません。それ以外にもさまざまな独自技術・特許技術によって揺るぎないポジションを築いています。

Boseのスピーカーがおすすめの理由

By: amazon.co.jp

Boseのスピーカーは小型でありながら高音質なサウンドを聴かせてくれるのが特長です。Boseの名機と呼ばれている生産終了品の「101MM」も、コンパクトなボディからクリアで広がりのある中音域を聴かせてくれるのが魅力でした。

PCスピーカーで多く用いられる2.1chシステムの先駆けとなった技術を開発したのもBose。そのほか、低音再生技術「アクースティマス」や、コンサートホールのような響きを再現する「ダイレクト/リフレクティング」など、さまざまな技術や理論を基に設計することで高音質を聴かせてくれるため、音のよさを重視する方にBoseはおすすめです。

Boseのスピーカーおすすめ人気モデル11選

ボーズ(Bose) Bluetoothスピーカー SoundLink Mini Bluetooth speaker II

ボーズのスピーカーを代表する機種のひとつ。Bluetoothで接続ができるため、スマートフォンの音楽を流したいときに適しています。約180(W)×59(D)×51(H)mm、約655gの軽量コンパクトなボディが特徴です。

低音を効果的に増強するユニット「デュアル・オポージング・パッシブラジエーターⅡ」を採用することで、迫力のある重低音を聴かせてくれます。ボーズ独自の振動板とネオジウムリングマグネットが用いられており、動かせる空気量が多いため、中高域をクリアに聴かせてくれるのもポイントです。

また、「デジタル・シグナル・プロセッシング」と呼ばれる信号処理により、音量に関わらず聴きやすい音質をキープできます。落ち着いたデザインや操作のしやすさも特長。幅広い用途で活躍してくれるおすすめのスピーカーです。

ボーズ(Bose) ポータブルワイヤレススピーカー SoundLink Revolve Bluetooth speaker

最近人気の360度スピーカー。通常のスピーカーと異なり全方向に音が流れるので、置き場所に縛られないのがメリットです。接続はBluetoothで行うためスマートフォン用におすすめ。低音の再生能力が高いユニット「デュアル・パッシブラジエーター」を採用することで、迫力のあるサウンドが楽しめます。360度の音響ディフレクターを用いており、臨場感を演出してくれるのもポイントです。

約82(W)×152(H)×82(D)mmの比較的コンパクトなボディも魅力。最大12時間の駆動ができるバッテリーを搭載しているため、外に持ち出して使用したい場合もおすすめです。

ボーズ(Bose) ポータブルワイヤレススピーカー SoundLink Micro Bluetooth speaker

本体サイズ約98(W)×98(H)×35(D)mmで容易に持ち運べるBluetoothスピーカー。重量も約290gと軽いので、カバンに入れても負担になりません。IPX7規格の防水性能を備えており、キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンでも安心して使えます。ソフトなシリコン素材を採用することで、凹みや傷などの損傷から本体を保護してくれるのも特長です。

重低音を重視したサウンドでありながら、中音域や高音域もしっかり聴かせてくれるのがポイント。Bluetooth接続に対応しているので、スマートフォンやPCに入れたお気に入りの音楽を流せます。このスピーカー1台のみではモノラル再生ですが、ほかのスピーカーとペアリングさせればステレオ再生も可能です。

ボーズ(Bose) ポータブルワイヤレススピーカー SoundLink Color Bluetooth speaker II

カバンに収まるコンパクトボディを維持したまま、IPX4規格に準拠した防水性能を備えたBoseのBluetoothスピーカー。キッチンやお風呂場など、水滴が気になる場所でも使用できます。ボディをシリコンで覆った上に、丸みを帯びた形状にすることで持ちやすくしているのが特長。耐久性に優れているのもポイントです。

ボーズ(Bose) PCスピーカーCompanion20 multimedia speaker system

低音増強用ポート設計が採用されているBoseのPCスピーカー。ミニプラグで接続をするため、PCと繋げて音楽を流したい場合におすすめです。独自の技術「TrueSpaceステレオ・デジタル・プロセッシング回路」を用いており、サブウーファーがなくても豊かな低音を再生してくれます。

PCから離れている場所でも迫力のあるサウンドを楽しめるのも魅力です。また、歪みのない大音量を実現しているのが特長。小音量で音を流す際は、細部までしっかりと描写してくれます。

ボーズ(Bose) PCスピーカー Computer MusicMonitor

手のひらサイズのコンパクトなPCスピーカーを探している方におすすめのモデル。本体サイズは片側約65(W)×123(H)×122(D)です。接続はミニプラグで行います。各スピーカーにそれぞれパッシブ・ラジエーターがふたつ向かい合うように配置されており、迫力のある低音を再生可能。防磁仕様のスピーカーなので、PCの近くに置いてもディスプレイに影響がないのが魅力です。

本体にはアルミニウム素材が採用されており、スタイリッシュな見た目でデスク周りに馴染みます。ただデザイン性が高いだけではなく、放熱性に優れているのもポイントです。本体のほかには専用のリモコンが付属。余計なボタンがないシンプルなデザインなので、誰でも簡単に操作できます。

ボーズ(Bose) ワイヤレスサウンドバー Solo 5 TV sound system

細長い棒のような形状が特徴のサウンドバー。テレビのサウンドを流すのに適しているほか、Bluetooth接続でスマートフォンの音楽を流すのもおすすめです。付属のリモコンには「BASS」ボタンが搭載されており、5段階で低音の調整ができます。

Boseの独自技術「TrueSpace signal processing」を用いることで、広がりのあるサウンドを聴かせてくれるのも魅力。本体サイズは約548(W)×70(H)×86(D)mmとスリムで、テレビの前に置いても邪魔になりません。接続方法はBluetooth・光デジタル・同軸デジタル・アナログから選べます。

ボーズ(Bose) ワイヤレスサウンドバー SoundTouch 300 soundbar

約978(W)×57(H)×108(D)mmとスリムでありながら、やや幅があるデザインのサウンドバー。テレビの音声を流したいときにおすすめです。独自のPhaseGuideテクノロジーを採用することで、包み込まれるような立体感のあるサウンドを楽しめます。部屋に合わせて音質を最適化してくれるのも特長。最高級のガラストップで仕上げたデザインも魅力的で、周りのインテリアとしっかりマッチしてくれます。

ボーズ(Bose) スピーカーシステム SoundTouch 30 Series III wireless music system

Bluetooth接続に加えて、Wi-Fiでの接続にも対応しているスピーカー。PCに保存した音楽をワイヤレスで再生できるほか、インターネットラジオの再生もできます。Boseがリリースしている音楽アプリ「SoundTouch」のストリーミング音源を、ほかのSoundTouch対応機器に転送して再生できるのも特長です。

スピーカー本体には重低音再生専用のウーファーが内蔵されていて、Boseの独自技術により迫力の重低音を聴かせてくれます。

ボーズ(Bose) ホームシアターシステム Lifestyle 600 home entertainment system

Boseの5.1chホームシアターシステム。「QuietPort」と呼ばれるテクノロジーを採用することで、歪みの少ない高品質な低音を聴かせてくれます。テレビと接続して迫力のあるサウンドを楽しみたい方におすすめです。

自動音場補正システムが搭載されており、部屋の空間に合わせて適切なサウンドに調整してくれるのがポイント。また、Bluetoothでの接続が可能で、NFCペアリング機能に対応しているため、スマートフォンやPCと接続して音楽を流すのもおすすめの使い方です。

ボーズ(Bose) パーソナルオーディオシステム Wave SoundTouch music system IV

初代モデルが発売されて以来、Boseがリリースするコンパクトスピーカーの定番的存在といっても過言ではない「Wave music system」シリーズの最新機。部屋に置いて使える据え置きタイプのスピーカーを探している方におすすめです。

独自の低音再生技術「ウェーブガイドスピーカーテクノロジー」が搭載されており、臨場感のあるサウンドを聴かせてくれます。

Bluetooth接続で音楽を流せるのはもちろん、CDを入れて再生させたり、AM・FMラジオを流したりとさまざまな楽しみ方が可能。寝る直前など自分の世界に浸って音楽を聴きたい場合は、搭載されているジャックにヘッドホンを繋げて楽しむのもおすすめです。

Boseの他製品を見る