ママとずっと一緒にいたい。

お母さんの胸で肌を直接ふれ合い、赤ちゃんを抱っこするカンガルーケア。ストレスを軽減したり、深い睡眠や免疫力アップ、脳の発達や親子の絆の強化に効果があるとされています。そんなカンガルーケア効果をいつまでも持続させる赤ちゃんおくるみ「Hugsy」が登場しました。さっそく見てみましょう!

Hugsyとは?

Hugsyとはお母さんのにおいと心拍音により、離れていても抱っこされている感覚を赤ちゃんが感じられるおくるみ。おくるみ本体と心拍音を記録するデバイスで構成される、赤ちゃんとお母さんの安心のためのアイテムなのです!

離れていても抱っこされている?

生後0~4か月の新生児対象のHugsy Pouchおくるみの使い方からご説明しましょう。肌と肌を直接ふれ合わせて胸に抱っこする際に、おくるみをカバーとして用いることによりお母さんの肌のにおいがおくるみに。その後お母さんが離れても、においのついたおくるみに巻かれた赤ちゃんは安心してスヤスヤ眠れます。


さらに、カンガルーケアの最中にできることとして、Hugsyの「ハートビート」(3時間のフル充電で最大24時間稼働)によりお母さんの抱っこ中の心拍音を記録。Hugsy Pouchにくるまれ、頭もとには「ハートビート」によるお母さんの心臓の音。まさに抱っこされている気分ですね!

4歳まで使える

Hugsyの製品群にはHugsy Pouchのほかに0~4歳まで使うことのできる、おくるみ/ブランケットHugsy Cuddleも。こちらはカワイイ“頭”に「ハートビート」をチャック開閉で内蔵することができます。

ちなみに、Hugsy Cuddleの場合は、お母さんのにおいを移すことのできる専用のクロスが付属していて、それも一緒に“頭”に入れてあげます。きっとその“頭”にすりすりムニャムニャしながら、安心してぐっすり眠ってくれるはずです。

実際の病院やユーザーによるテストの結果、赤ちゃんの1日の泣く時間が25%、約40分減少したとされるHugsyはKickstarterで125ユーロです!