まるで子どもを寝かし付けるように。

学習能力や健康の向上のために心砕かれる子どもの睡眠環境。明るさや室温はもちろん、いつベッドに連れて行き、いつ目覚めさせるかなど、いろいろ配慮が必要です。そんな睡眠の"世話"を私たちオトナがしてもらえるなら、毎日どんなにか安眠が得られるか…。しかしあるのです! そんな"世話"をしてくれるアイテムが! さっそく睡眠ウェアラブル「Neuroon Open」をご紹介しましょう!

Neuroon Openとはどんなウェアラブル?

Neuroon Openとは、快適な睡眠に導いてくれるマスク型ウェアラブル。毎日使用することにより、快適な毎日を送れるようになるハイレベルなデバイスなのです!

あらゆるデータで睡眠を解析!

Neuroon Openはただの睡眠計ではありません。脳波、動脈血酸素飽和度(SpO2)や脈拍数、体温、体の動きなどをリアルタイムで測定し、AIアルゴリズムにより深い眠り、浅い眠り、レム睡眠を解析。専用アプリにより睡眠に関する的確なアドバイスをもらうことができます。

あなたのために最適化

押さえておかなければならないのは、世に出回る睡眠に関するアドバイスはあくまで一般的なものということ。人それぞれに合った睡眠の方法が存在するのが厄介なところかもしれません。

しかしNeuroon Openなら、朝ごとに簡単な質問に答えることにより、主観的な目覚めた気分を睡眠データに紐づけていきます。さらに脳の動きをチェックするゲームをすることにより客観的なデータも同時に睡眠データに紐づけることに。

このようにして、ユーザーのパーソナルデータにより最適化されたNeuroon Openは最も適切なアドバイスとともににユーザーを効果的に"寝かし付けて"くれます。

快適な睡眠習慣へ

ユーザーのために最適化されたNeuroon Openはさらに仕事をしてくれます。設定した時間に合わせて、睡眠の状態を見ながらもっとも起きやすいと思われるタイミングで目覚めさせます。

マスク内蔵のライトは、ちょうど夜明けの太陽のように時間をかけて明るくなり、必要ならば振動や専用アプリのアラームの好みの組み合わせで起こしてくれます。快適な目覚めが実現しそうですね!

さらに優れているのはNeuroon Openはスマートホームデバイスとつながれるところ。起きるタイミングでエアコンの温度を調節したり、部屋の照明を明るくしたりと、まるで子どもの世話をする親のように、ユーザーを目覚めさせてくれるのがGOOD!

マインドフルネス瞑想も

体やメンタルの健康の改善に役立つと言われるマインドフルネス瞑想(何かに注意や感覚を集中させるメソッド)。Neuroon Openを装着するなら、脳波などのリアルタイムのデータに基づいたサウンドにより、効果的なマインドフルネス瞑想の実践を助けます。

開発チームによると、日中の生産性があがることはもちろんのこと、夜の快適な睡眠のために体と心を整えてくれるとのこと。何から何まで細やかなサポートですね!

明晰夢(夢だと認識して見る夢)を見ることも助けてくれる、実験室レベルの睡眠サポートウェアラブルであるNeuroon Openは、Kickstarterで139ドルです!