夢だと自覚する夢が見られる。

睡眠中の夢を夢だと自覚して見る明晰夢。現在進められているその分野の研究によると、現実世界においても益をもたらす可能性も指摘されています。しかしながら、そんな夢をそう簡単に見られそうもないという意見も。そこで登場したのが明晰夢を意図的に見ることができるウェアラブル「LucidCatcher」です。さっそく詳細を確認してみましょう!

明晰夢の可能性

ではます明晰夢についてもう少しだけご紹介しましょう。それを見ている間は夢だと分かっているゆえに、その中に出てくる事柄を五感を用いて感じることができるという説もあります。

また明晰夢は、その内容を自分の望むとおりにストーリーをコントロールできるということでも知られています。そのためそれはエンターテイメントとして楽しまれているようです。

これらに加えて現実世界において、自分が本当に望んでいることを知ること、問題の解決法やクリエイティビティの創出、言語など特定のスキルの向上といったことにも役立つことが指摘されてきました。

明晰夢を誘う

しかしこの明晰夢は偶然に見ることはあっても、意図的に見るためには訓練が必要。LucidCatcherは頭に装着するだけで、比較的簡単に明晰夢に誘導してくれるというわけです。

その仕組みは内蔵センサーによりユーザーが、明晰夢を見やすいとされるレム睡眠(体は休んでいても脳が活発な浅い睡眠)に入ると検知。次に額に当てられる電極からの微弱な電流により刺激が脳に与えられることに。

すると脳はその微弱電流の周波数に同調し始めて、明晰夢を見ているときに発するとされる30-40ヘルツの周波数の脳波を出すようになります。これでめでたく明晰夢に誘導されるのです。

LucidCatcherの使い方

それでは具体的なLucidCatcherの使い方をご紹介。まず夢のストーリーやアイデアについてよく考えながら、LucidCatcherを装着して床に就きましょう。


次にLucidCatcherの助けのもとに、夢の中にいる自分に気付くようになります。はっきりとした感覚がかなり刺激的な経験となるかもしれません。そして朝目覚めたら、すかさずスマートフォンの専用アプリに「夢日記」を書き込み、分析したり他の人と夢のシェアをしたりもできます。

専用アプリではバッテリーなどのデバイスの状態、睡眠の質やレム睡眠の回数、電気刺激の与えられた回数などを分かりやすく表示。眠ることがこれまで以上に楽しくなりそうです!

現実世界ではすぐには実現できないことでも、いとも簡単に実行できる明晰夢を見られる可能性のあるLucidCatcherはKickstarterで350ドルです! 明晰夢…奥が深すぎます!