冷凍技術の向上と、安価な冷凍食品の増加から、家庭で冷凍保存したい食品の量は増えていく一方ですよね。それにも関わらず、一般的な冷蔵庫一体型の冷凍庫の容量はここ最近では大幅に増えていません。

もう冷凍庫が一杯、でも冷凍したいものはもっとある…。そんな方におすすめなのが、家庭用小型冷凍庫です。家庭用冷凍庫が一台余分にあればもう冷凍庫の容量不足で悩むことはありません。今回は、家庭用冷凍庫の選び方や、おすすめ機種をご紹介します。

おすすめ家庭用小型冷凍庫9選

ハイアール(Haier) 直冷式冷凍庫 JF-NU40G

31REAwXDwjL

商品価格 ¥ 19,690

中国の家電メーカー、ハイアールは、同内容積の機種をモデルチェンジを繰り返しながら発売してきました。こちらの家庭用冷凍庫は、年間消費電力量150kWhと、シリーズ最高の省エネ性能も実現。

内容積38リットルと、国内で販売されている小型家庭用冷凍庫として最小なのも特徴。とにかくコンパクトな冷凍庫を探している方におすすめです。横幅約50cmのコンパクトサイズで、設置場所を取りません。

直冷式なので、ファン式に比較してコンパクトかつ庫内の広さも確保されています。前開き式で、上面には荷重も30kg耐熱性能天板を搭載しているので、電子レンジやオーブントースターを安心して設置できます。

25dBという生活空間に置いてもうるささを感じないほどの静かさを実現。書斎や寝室など、室内にプライベート冷凍庫が欲しいと思っている方にもおすすめ。

ハイアール(Haier) 直冷式冷凍庫 JF-XP1U4F-MD

41G7dlvMotL

商品価格 ¥ 19,800

室内のインテリアにも違和感のないデザインや色が特徴のハイアールの冷凍庫。上記のJF-NU40Gとほぼ同様のスペックで、外観の色やデザインを変更したものです。

家庭用冷凍庫の多くは白を基調としたカラーリングに、そっけない四角いデザインが普通です。ところが、小型冷凍庫はリビングや書斎など、インテリアが重視される空間に置かれる場合も少なくありません。

ここまでインテリア性を重視した木目調の質感と色の冷凍庫は他にはありません。インテリアへのこだわりが強い方に特におすすめしたい小型冷凍庫です。

アビテラックス(ABITELAX) チェストタイプ直冷式冷凍庫 ACF-603C

31Ud1fw0paL

商品価格 ¥ 18,036

アビテラックスは、日本の吉井電気による、冷蔵庫などの白物家電を得意にするメーカーです。日本メーカーながらも、シンプルな機能性によるリーズナブルな価格の製品の数々を販売し、非常に人気があります。また、他社製品の競合の少ない製品展開も特徴です。

こちらの冷凍庫にも国内メーカー品に多いドアタイプではなく、チェストタイプを採用。冷却方式は直冷式です。キャスターが標準装備され、移動が楽なのも特徴。急速冷凍機能や、庫外操作の温度調整など、便利機能もしっかり装備。合理的な設計により、リーズナブルな価格で販売されています。

シャープ(SHARP) 直冷式冷凍庫 FJ-HS9X

21v-DVp366L (1)

商品価格 ¥ 25,160

86リットルのほどよい容積と、高い省エネ性能が特徴のシャープの小型家庭用冷凍庫。前開き式で、内部は縦に4段のケース式となっています。ケース式の収納は冷気が逃げにくいことが特徴。年間消費電力量200kWhと、省エネ性能に優れるのも魅力ですね。

国内メーカーによる高い省エネ技術が際立ち、ランニングコストにこだわりたい方にも向いています。

三菱電機(MITSUBISHI) ファン式冷凍庫 MF-U12Y

31DWbHO9HQL

商品価格 ¥ 33,432

120リットルの十分な容積と、ファン式による霜取り不要の便利さが特徴の三菱電機の家庭用冷凍庫。自動霜取りの際には、あらかじめ温度を下げることで、霜取り時の温度上昇を防いでくれます。前開き式で、内部は縦に5段のケース式となっています。耐熱トップテーブルにより、上面に電子レンジを設置可能。

急速冷凍機能も装備。温度調整は庫外操作で便利です。25dBと静音性も高く、部屋に置いてもうるさくありません。100リットルオーバーの冷凍庫にも関わらず、年間消費電力量420kWhのという高い省エネ性を実現しています。

国内メーカー品の信頼感と、ひととおりの便利機能と高い性能を揃えたおすすめの家庭用小型冷凍庫です。

ノーフロスト(NORFROST) アップライトフリーザー FFU110R

41F4Sw5GncL

商品価格 ¥ 28,500

イギリス最大の冷凍庫メーカー、ノーフロストの前開き式冷凍庫です。内容積110リットル。庫内に4段の冷却器を備えた直冷式で、冷却面積が大きく、素早く冷凍できるのが魅力的。庫内の温度ムラも少なく、食品を均一に冷凍することを実現しています。

奥行き543mmと容量のわりに薄い設計で、背面もフラットになっているので、キッチンに置いても邪魔になりにくいですよ。さすがは、冷凍庫先進地域の欧米のトップメーカーといったところでしょうか。

アクア(AQUA) ファン式冷凍庫 AQF-12RE

21pHXJEvFpL

商品価格 ¥ 64,580

ハイアールの高級白物家電ブランドであるアクア製の、他にあまり例のない、引き出し式ドアを採用した冷凍庫です。もともとは日本のサンヨーのブランドをだっただけに、日本メーカー的な省エネノウハウなども備えています。

3段に分かれており、上段32リットル、中段37リットル、下段55リットルの計124リットルという十分な内容量。必要な段だけを開けることで、全体の温度が上がりにくいというメリットがあります。それぞれの段を冷凍/氷温/冷蔵と切り替えられる機能も、独立した引き出し式ならではですね。

シャープ(SHARP) 直冷式冷凍庫 FJ-HS17X

31amjo+SOZL

商品価格 ¥ 33,660

家庭用小型冷凍庫としては大きめの167リットルの内容積を持つ機種。FJ-HS9Xの上位機で、同様に前開きドアによる直冷方式タイプ。内部は縦に4段仕切りのケース式収納です。大型化することで増える消費電力も高い省エネ技術により低減。年間消費電力は驚きの300kWhです。

容量の多さと設置性を両立しているのも魅力。できるだけ小型でも容量が欲しい方におすすめします。サイズは幅550mm、奥行575mm、高さ1,435mmと容量の割りにスリムな幅も特徴です。

ドメティック(Dometic) ポータブル 2wayフリーザー CK40D

41ttP-DS1sL

商品価格 ¥ 42,650

CK40Dは、アウトドアでも使いやすいAC/DCの両方に対応しているのが最大の特長。上開き式で容量39リットルのコンパクトなポータブル冷凍・冷蔵・保冷庫です。家庭のコンセントからはコンプレッサー式冷却方式で+12℃〜−20℃まで自由に温度設定が可能。冷凍庫にも冷蔵庫にもなります。自動車などのDC12V電源ではペルチェ式冷却による保冷が可能です。

釣りやキャンプなど、アウトドア派の方にとくに重宝する一台としておすすめ。サイズも520x510x455mmとコンパクトなので、家庭用の据え置き用途でも、特に設置性を重視するなら検討に値します。デザインも冷凍庫らしからぬスタイリッシュな仕上がり。

小型冷蔵庫とは

家庭用冷凍庫の特徴

312WHp6ImDL

By: Amazon.co.jp

家庭用冷凍庫は、基本的に、冷蔵冷凍庫の冷凍室の容量不足を補う目的で購入されることが多いものです。そのため、仕様など性能面では冷蔵庫一体型の冷凍庫と同等なのがが一般的。業務用冷凍庫の場合、家庭用を上回る冷凍温度を持つものがありますが、一般家庭にはオーバースペックです。

高度な冷凍性能よりも、食品を、よりたくさん冷凍保存するという点にメーカーは主眼を置いているのです。家庭用の家電製品に求められる省エネ性や静音性、省スペースも重視された設計を意識したものが多いのも特徴。

小型家庭用冷凍庫の一般的なサイズと価格

51wE8R76UyL

By: Amazon.co.jp

家庭用小型冷凍庫の一般的なサイズは、内容積40リットル程度から100リットル程度までのものが主流です。小型冷凍庫の範囲としては150リットルくらいまででしょう。意外と少ないと思われるかもしれませんが、これは、既に一定の冷凍容量を持つ冷蔵庫のサブとして購入することを意識しているためです。

冷凍庫は内容積一杯に使用することが望ましいことも関係しています。このサイズの場合の価格は1万円台から3万円台程度です。

さらに容量の多い家庭用冷凍庫も、海外のメーカーを中心に存在します。上は数百リットルクラスまでです。しかし、価格も容量に伴い高くなります。高容量タイプは、低容量タイプにはあまり搭載されない自動霜取り機能や、急速冷凍などの高機能性を備えるものも多いです。

家庭用冷凍庫の選び方

必要な大きさ、容量を把握しましょう

41mmmZ0XuOL

冷凍庫の選び方において、自分に適切な大きさにすることは特に重要です。というのも、スペースに余裕を持って食品を入れることが求められる冷蔵庫とは逆で、冷凍庫は、適切に使用するために庫内にできるだけ食品を詰める必要があるからです。

そのため、冷凍庫の場合、大は小を兼ねるとは言えません。冷やすものが少ない場合、見合わない大きな容量の製品を避けることをおすすめします。

また、設置場所の確保も重要です。冷凍庫には放熱スペースが必要なので、背面と天面上は10cm程度、側面も2〜5cm程度の空間をつくることが求められます。本体の大きさに加えて、この数字も意識するようにしましょう。

自分に合った開閉方式と収納方法を選ぶ

411FrkBonqL

家庭用冷凍庫は、開き方と、それに伴う内部の収納方法によりタイプが大きく分けて2種類に分けられます。一般的な冷蔵庫同様前方にドアが開くドアタイプと、上に開くチェストタイプです。ドアタイプは、冷凍庫の上のスペースに物を置くことができるメリットがあります。電子レンジやオーブントースターを設置する方も多いようです。

上下全ての収納物に一度にアクセスできるため取り出しやすいのも魅力の一つ。内部の収納空間の区切り方の自由度も高いため、細かく区分して収納したい方にもおすすめです。

一方、前方にドアが開く空間を確保しなくてはいけないというデメリットもあります。狭い場所に押し込めるような使い方は難しいです。収納場所の区切り方が細かいと、大きな冷凍品が入らないこともあります。なお、冷凍庫の場合、右開きがほとんどです。

41VnwVK+1DL

By: Amazon.co.jp

上開きタイプは、本体の上に物を置くことはできませんが、側面に放熱スペース以外の空間を必要としないため、設置性に優れています。ただ、大容量の場合、より下の収納物へのアクセス性が低いです。頻繁に出し入れしないで貯蔵性を重視する方におすすめ。

冷却方式を選ぶ

410V+WBACRL

冷凍庫の冷やし方は直冷式とファン式があります。直冷式はシンプルに作ることができ、冷凍能力も高いため、低価格品を中心に多く採用されます。しかし、年に2回ほど、定期的な霜取りが必要になります。

ファン式であれば、自動的に霜取りが行われるため、霜取りのメンテナンスが必要ありません。ただし、ファン式の冷凍庫は収納可能容量が直冷式のものより少なくなることには注意しましょう

静音性を確認

girl-1076998_640

サブの冷凍庫として小型機を室内に設置する場合には、静音性にも注目しましょう。冷凍庫は冷却動作時に本体からの動作音がします。一般的には台所に設置される場合、あまり気になりませんが、静かな室内では人によっては気になることもあります。

また、一人暮らしでワンルームの方は特に気をつける必要があります。小型冷凍庫の場合、室内設置も意識した静音設計を重視したモデルも出ています。数値的には25dB程度だとかなり静かです。

急速冷凍機能を搭載しているかどうかを確認

berries-919006_640
おいしさを保つために注目したい機能が急速冷凍です。生鮮食品は、冷凍したときの細胞の中にできる氷の結晶が小さいほど、解凍したときに新鮮さが保たれます。結晶の大きさは冷凍速度に比例して、小さくなります。急速冷凍機能を搭載していれば、食品を美味しく保存することができるというわけです。

どこの国で作られたのか確認

3626054198_56e7bc988d_b

品質、価格を図る指標となるのは、やはりメーカーなのではないでしょうか。どの国のメーカーなのかということを確認しましょう。日本国内で販売されている家庭用冷凍庫のメーカーはさまざまです。

そのメーカーごとに機器の特徴に違いがありますが、メーカーのある国、地域の違いによる共通的な傾向もあります。例えば、日本の有名家電メーカー製の場合、冷蔵庫で開発された高度な省エネ、省スペース、静音性を実現した製品が多いです。

それに対し、中国など、アジア圏のメーカーは、高性能よりも小型機から大型機まで用意するなど、製品ラインナップの充実を意識しています。基本機能に絞って、安価に押さえる傾向もあります。さらに、欧米のメーカーは、大容量かつ、高機能の製品をラインナップすることが目立ちます。欧米では大型店で大量に冷凍食品を購入する文化が日本よりも進んでいることが関係しているのですね。

100リットル程度までのサイズで安価な家庭用冷凍庫をお探しの方にはアジア圏のメーカーがおすすめ。しかし、ランニングコストに直結する消費電力の省エネ性能は、日本メーカーのほうが優れる傾向にあります。最初に安く購入しても、何年も使った際のランニングコストも加えると、かえって高くつくこともあるので注意してくださいね。

なお、小型冷凍庫は冷蔵庫に比べて、メーカー、製品数は少ないです。自分が求める容積の製品のメーカーが限られることもあります。場合によっては一社ということも。その場合でも、無理に違う容積の製品を探さず、自分にぴったりの容積を重視するようにしましょう。