キャンプでも、車中泊でも、寝る時に必要な道具として真っ先に思いつくのは寝袋(シュラフ)です。寝袋は使用するシチュエーションにあわせて、性能をしっかりと見極めて選ぶ必要があります。

特に、寒い冬には寝袋の性能が睡眠の質を左右するので、翌朝からの行動にも影響大。大手ブランドであるコールマンからもさまざまな寝袋がラインナップされています。その選び方のコツを知れば、目的の寝袋にたどり着けるはず。

今回は、それぞれの寝袋のタイプや性能に注目しながら、コールマンのおすすめの寝袋を紹介します。

コールマン(Coleman)とは

By: zozo.jp

1900年頃、アメリカのオクラホマ州で創業したコールマン社。当初ガソリン式ランプのリース業で成功しました。その後独自に高性能のランプを開発し、アメリカ軍に採用されるなど実績を重ねました。

創業以来伝統の看板商品であるランタンにはじまり、今やテント、テーブル、クーラーボックス、食器、アパレルなど、さまざまな商品を開発・販売。

ホームセンターから釣具店、アウトドア専門店までいろいろなところで手にいれやすく、メンテナンス体制もばっちり! キャンプには欠かせないおすすめブランドとして日本でもおなじみです。

コールマンのおすすめマミー型寝袋

キッズマミーアジャスタブル C4

6.キッズマミーアジャスタブル C4

商品価格 ¥ 4,200

暖かさを逃がしにくいマミー型の子ども用寝袋です。最大の特徴は、子どもの身長にあわせて寝袋全体の長さを調整できること。余分な空間をなくすことで、寝袋内の暖かさをキープできます。

全長は140cmから170cmの間で調節できるので、長い間使えます。ジッパーは一般的な寝袋と異なり、真ん中についており、開閉しやすい構造。また、足元も開閉できるため、温度調整も容易でおすすめです。

トレックマミー L0 2000022258

7.トレックマミーL0 2000022258

商品価格 ¥ 12,960

湿気や水濡れを気にすることなく使える、おすすめの寝袋です。中綿にポリエステル製のダウンを使っており、速乾性があります。収納時は直径約16cm×29cmと非常にコンパクトで、快適さを保てる最低気温は0度と、本格的な性能を持っています。

トレックマミーは、L5とL10もラインナップ。それぞれマイナス5度、マイナス10度までの気温まで快適さを保てるのでおすすめです。

ストレッチケイマン2 C5 2000022272

8.ストレッチケイマン2 C5 2000022272

商品価格 ¥ 9,944

レクタングラー型(封筒型)はゆったりと、マミー型はぴったりとがそれぞれの寝袋の特徴。こちらは、その両方の特徴を兼ね備えたおすすめの寝袋です。その仕組は、生地が伸び縮みすること。最大で25%も大きくなるので、中で寝返りを打つことも簡単です。

重さは1.25kg、収納時の大きさは約直径18cm×38cmなので、コンパクトにしまうことが可能です。

コルネットストレッチ L-10 2000022265

9.コルネットストレッチ L-10 2000022265

商品価格 ¥ 12,938

こちらは、マイナス10度まで耐えられる、マミー型のおすすめ寝袋です。最大の特徴は、両脇と下部にファスナーがついていて、そこから手足が外に出せること。寝袋に入ったままの移動や、テントの入口の開け閉めや読書などの簡単な作業をこなせます。

寝るだけでなく椅子に座ることもできるので、寒い時には寝袋に入ったまま過ごせます。寝袋からの出入りは、センターにあるジッパーで簡単に可能です。

タスマンキャンピングマミー L-15 2000022267

10.タスマンキャンピングマミー L-15 2000022267

商品価格 ¥ 12,204

マイナス15度の気温にまで耐えられるという、コールマンの中でもかなりシビアな状況まで使えるおすすめ寝袋です。人の形にあわせたマミー型なので、ピッタリと身体にフィット。冷気が寝袋の中に入ることがありません。

一方で、寝返りは打ちやすいように、形状や素材に工夫が施されています。中綿の素材がポリエステルのため、収納サイズが大きくオートキャンプ向きです。その代わり、自宅の洗濯機で丸洗いでき、おすすめの寝袋です。

sleeping bag Mummy Style

51HjxI6ojdL

商品価格 ¥ 7,787

なんと-18℃まで対応という保温力抜群のおすすめ寝袋。2wayのジッパーが付いて温度調節もできます。寝袋のジッパーは、噛んでしまいがちなもの。しかし、この寝袋はZIPLOWという特許技術により、噛むのを防止します。また、ポリエステル素材で耐久性にも優れています。

一般的には明るい配色の多い寝袋。ダークな色合いで、落ち着いた色が好きな方におすすめです。

コルネットストレッチII L−5 2000031103

02840962_1

商品価格 ¥ 11,858

寝袋に入って寝る体制を整えてから、寝袋から出なければいけなくなった経験はありませんか? 例えば、アラームをかけ忘れたり、水分をとりたくなったり。ジッパーも締めて、せっかく暖かい寝袋に包まれているのに出なければならないのは、なかなか面倒くさいもの。

この寝袋は、そんな悩みを解決してくれます。寝袋を着たまま手足を出せるのが特徴。寝袋を着たまま動いて作業ができるなんて、幸せですよね。ストレッチもきいているため動きやすく、心地よさを実感できます。

ジッパーの位置は真ん中にあり、着脱もらくらく。「あったらいいな」が実現した、おすすめ寝袋です。

トレックマミー L-10 2000022261

41R+79HJsJL

商品価格 ¥ 16,673

寒い時期に暖かい寝袋を持ってテント泊というのは、ワクワクするものですよね。人の体温でテント内も温まります。しかし、気になるのが結露問題。テント内が濡れ、寝袋に水滴もついていると、カビの原因に。起きてから天日干しをしなければならないという経験がある方もいるはず。

この寝袋は、シンセティックダウンという湿気に強いダウンが使用されているため、その心配もいりません。速乾性があり、乾きやすいので、少々濡れても気にせず使えておすすめです。

シルバートーン 350

41vycbm9ZWL

商品価格 ¥ 6,287

この寝袋は、-17.8℃までの寒さに耐えられるためおすすめです。サイドのジッパーにはドラフトチューブがあり、冷気をシャットアウト。そのため、保温性が高いのが特徴です。また、耐久性に優れているポリエステルを使用。

大きく膨らんでおり、厚みがありますが、収納時はとてもコンパクトになります。それなのに、暖かく安心感を与えてくれますよ。登山、キャンプ、車中泊など、季節問わず厳冬期まで使用できるおすすめ寝袋です。

コールマンのおすすめ封筒型寝袋

コージー C5

1.コージー C5

商品価格 ¥ 5,372

ゆったりと寝られるレクタングラー型(封筒型)の寝袋。肌に直接触れる内側は起毛素材です。そのため、肌触りが柔らかく、暖かみが感じられます。また、洗濯機で丸洗いができる寝袋なので、使った後は常に清潔をキープ。

商品名のC5とは、快適に眠れる気温が5度までということを示しています。コージーは他にもC10とC15をラインナップ。数字が大きくなるほど、薄くて軽いので暖かい時期向きの寝袋ということです。

パフォーマー2 C5 2000027262

2.パフォーマー2 C5 2000027262

商品価格 ¥ 3,624

寒さへの耐性はコージーのC5と同性能で、収納時のサイズがひとまわり小さいのが特徴の寝袋。同モデル・同サイズの寝袋であれば連結が可能で、子どもと一緒に同じ寝袋で寝られるためファミリーキャンパーにおすすめ。

ジッパーをすべて開けて使えばブランケットのようにも使用可能。ひざ掛けや暖かい時の掛けぶとんとしても使えます。もちろん自宅の洗濯機で丸洗いできるので、気兼ねなく使いまわしましょう。

フリースイージーキャリースリーピングバッグ C0

3.フリースイージーキャリースリーピングバッグ c0 2000026647

商品価格 ¥ 5,863

収納時の大きさが直径約28×42cmと少し大きめな寝袋。それでいて、耐寒性能が高く、0度まで快適に眠れます。通常の寝袋はたたむのに少しコツが必要ですが、こちらは口の広い専用の袋があるので簡単に収納できます。

フリース素材でできているので、肌触りが柔らかく、夜寝る時に肌に触れてもヒヤッとしません。

ファミリー2in1 C5 2000027257

4.ファミリー2in1 c5 [使用可能温度5度] 2000027257

商品価格 ¥ 9,790

大人と子どもがひとつの寝袋に一緒に寝られる、2〜3人用の珍しい寝袋です。外面も中面も起毛素材で肌触りがよく、外気温5度まで親子であたたかく快眠できます。

片面ずつ独立した寝袋としても使用が可能なので、子どもが大きくなったら別々に寝ることも可能です。子どもの成長とともに使い方を変えられるのでおすすめ。

スクールキッズ C10

5.スクールキッズ C10

商品価格 ¥ 3,218

林間学校などで活躍する子ども向けの寝袋です。子ども向けの一番の特徴としては、しまいやすいこと。そのほかに、ネームカードが付属しているのも特徴です。

頭の部分は枕になっていますが、ひもを引き絞ることでフード状になって熱を逃しません。洗濯も可能なので、汗をかきがちな子どもでも清潔に保てるおすすめの寝袋です。

ブラゾス

41XwQPhMMAL

商品価格 ¥ 7,980

封筒型にはあまりない、マイナスの温度にも耐えられるおすすめの寝袋です。耐寒温度は-6℃。大き目なのも特徴のひとつです。2枚連結させると、子ども含めて家族で入ることもできそう。

封筒型寝袋は、どうしても薄くなりがち。この寝袋はある程度厚みがあり、身体への負担も少ないのが魅力。収納時は、寝袋内の空気を抜きながらロールアップすると、コンパクトに収納ケースに収まります。

コージー C15< 2000027263

商品価格 ¥ 3,254

ありそうでなかなかないライムの色合いがとても綺麗な寝袋です。封筒型寝袋は、マミー型と違って寝返りしやすく、まるでお布団で寝ているかのような感覚が魅力的。ジッパーを全開にすると、1枚の大きなブランケットとしても使用できます。

サイドについているジッパーで、寝袋の中の温度調節も可能。春先に寝袋を持って心地よい風を感じながら、アウトドアを楽しみたいですね。

パフォーマーII C10 2000027261

商品価格 ¥ 3,880

快適温度は10℃、使用可能温度としては5℃まで耐えられる春~秋向けの寝袋。2枚連結すると、2人でも使用可能です。普通、寝袋を2枚一緒に収納しようとすると、綺麗に重ねることができずスムーズにいきません。

しかし、この寝袋は、ロールコントロールTMストッパーがついており、安定してロールアップできます。収納ケースもついているため、コンパクトにおさまります。洗濯機で丸洗い可能なので、お手入れも簡単でおすすめ。

寝袋の選び方

保温性

By: amazon.co.jp

寝袋を使用するのは、登山やキャンプでのテントの中。季節関係なく使用することを考えると、保温性はとても大事です。冷えて眠れない、なんてことは避けたいですよね。

行きたいスポットの寒さや、自分のテントなど、それぞれに合った保温性ある寝袋がおすすめ。ずっと包まっていたいと思えるような、保温力抜群の寝袋を見つけてください。

厚み

By: amazon.co.jp

ある程度厚みがないと、あたたかさは感じられないですよね。薄すぎると、地面と接着したときに、背中や腰が痛くて眠れないということも。

程よい厚みは上質な睡眠を得るためにとても大事です。ダウンと化学繊維のものが主流。自分に合った素材を見つけて、適度な厚みで包み込んでくれる寝袋を見つけてください。

軽さ

By: amazon.co.jp

登山やキャンプ、車中泊と使用ケースはさまざま。どのようなアウトドアグッズにも言えることですが、軽いに越したことはありません。暖かくて軽ければ言うことなしです。

保温力もありながら、軽量性も備えている寝袋がおすすめ。数ある寝袋の中で、自分の中で最高の逸品を見つけましょう。