デスクトップパソコンに比べ、ノートパソコンは変更できるパーツが少ないですが、HDDをSSDに換装するだけでも、体感速度は大きく向上します。

特に、2.5インチHDDで回転速度が抑えられているノートパソコンではデスクトップパソコン以上の効果が期待でき、HDDからのノイズもなくなるので、非常におすすめです。今回はおすすめのノートパソコン用SSDをご紹介します。

サンディスク(SanDisk) SSD PLUS 240GB SDSSDA-240G-J25

415TXkQWANL

商品価格 ¥ 8,640

カメラで使用するSDカードなどで有名なサンディスク製のSSD。容量が240GBで読み込み最大520MB/秒、書き込み最大350MB/秒SanDisk MLCという独自のNANDフラッシュを使用しています。耐久面も性能面の優れており、サンディスクブランドかつ、低価格という非常にコストパフォーマンスに優れた安心感のあるSSDです。

クルーシャル(Crucial) CT240BX200SSD1

41DUOsxcllL

商品価格 ¥ 7,712

コストパフォーマンスに優れたSSDで一躍有名になったクルーシャルによる、NANDフラッシュに独自のTLCを採用したハイコストパフォーマンスなSSD。読み込み540MB/秒、書き込み490MB/秒と高速で、厚みが7mmと薄型ノートパソコンでも装着可能です。独自のTLCを採用することにより、耐久面も大きく劣ることはなく、低価格SSDの中では書き込み速度が速いのが特徴です。

サムスン(Samsung) SSD 120GB 750 EVO MZ-750120B/IT

41m-lt0oyOL

商品価格 ¥ 5,480

サムスンのSSDのエントリーモデルに位置づけられ、容量が120GB、価格も約5000円程度と価格と容量のバランスがとれていて、購入のしやすいSSDです。低価格ですが、読み込み最大540MB/秒で、書き込み最大520MB/秒、総書き込み量は35TBで保証期間は3年と、一般的なSSDに性能面でも耐久面でも劣りません。

サムスン(Samsung) SSD 250GB 850 EVO MZ-75E250B/IT

41KNYzGI4GL

商品価格 ¥ 9,980

読み込み最大540MB/秒、書き込み最大520MB/秒と750 EVOと変わりませんが、耐久面で差があります。総書き込み量が75TBと増え、保証期間が5年となっています。厚みもEVO 750と同じく7mmですので、多くのノートパソコンに装着可能。また、120GBはもちろん、500GBや1TB、さらには2TBなどのHDDと同レベルの大容量の種類があるのも特徴です。

トランセンド(Transcend) SSD 256GB TS256GSSD370S

41D-AF0Z6qL

商品価格 ¥ 9,940

SSDで有名なトランセンドによる、MLCを採用した高耐久のSSD。最大読み込み速度560MB/秒、最大書き込み速度460MB/秒と特に読み込み速度に優れ、低価格ながらMLCを採用して3年間の保証期間があり、バランスのよい製品です。

容量も最小32GBから128GB、大容量のものだと512GBや1TBと細かなニーズに対応した幅広いラインナップで、自分にあった容量を選択可能です。

インテル(intel) SSD 535 Series 240GB SSDSC2BW240H6R5

412S5eRi6FL

商品価格 ¥ 10,780

CPUなど、半導体大手で有名なインテルによるSSDです。最大読み込み540MB/秒、最大書き込み490MB/秒で、NANDフラッシュにMLCを採用しており、耐久面でも優れています。

安定したインテルブランドながら、価格も抑えられている一方で、メーカー保証も5年間と長く、安心して長期間に渡り使えます。初めて購入するSSDとしておすすめの製品です。

サンディスク(SanDisk) mSATA SSD UltraII 512GB SDMSATA-512G-G25

41CDjYR5QxL

商品価格 ¥ 18,261

近年小型化、薄型化するノートパソコンに採用、またはオプションとして増設されているmSATA規格に対応したSSD。mSATA規格ですが、容量は512GBあり、最大読み込み速度は550MB、最大書き込み速度は500MB/秒と通常のSATA規格のSSDと変わりません。耐久性もMTBF(平均故障間隔)が175万時間と長く安心して使用できます。

特に最近ではオプションとして増設できるノートパソコンも増えているので、容量をさらに追加できるというメリットもあります。