キャンプで必需品のランタンはもうお持ちでしょうか? 防災グッズとしても使用できるので一家に一台はそろえておきたいアイテムです。ガソリン、ガス、電池、太陽光と、最近では多くのランタンが発売されています。

しかし、初心者ではなにを購入すればよいのか迷うところです。今回は選ぶ際に気をつけることとおすすめランタンをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

選ぶ際に気をつけること

初心者イメージ

まず知らないといけないこと。それはテント内ではガソリン、ガス式のランタンを使わないことです。そのため、テント内でランタンを使いたいのならば必然的に2タイプは持たなくてはなりません。

なぜテント内でガソリン、ガス式は使ってはいけないのかというと、一酸化炭素中毒や倒してテントが燃える等のトラブルがあるからです。ろうそくも危ないのでやめましょう。

非常に明るいガソリン、ガス式は屋外で使用し、電池、太陽電池方式のタイプはテント内で使用するのが一般的。ソロであれば「両方電池式を選ぶ」「外ガソリンorガス、テント内はヘッドライト」にすれば荷物を多少減らすことが可能です。

下記にある、それぞれのタイプの特性をしっかりと把握して気をつけて選んでください。

知っておくべきランタンのタイプ

ガソリンタイプ

ガソリンイメージ

大型で非常に明るいタイプが多いのが特徴です。キャンプでメインの明かりにするのにぴったりで、燃料も比較的安く長持ちするのもポイントですね。欠点としてはやや扱いが面倒でいわゆる「ポンピング」といわれる作業が必要です。この作業自体もなれると苦になるほどのものでもなく、楽しみのひとつでもあるのであまり気にしなくてもよいでしょう。

基本的にホワイトガソリンを使用しますが、いざという時には無鉛ガソリンを使用できるタイプもありますので心配な人はそちらを選んでください。

ガスタイプ

ガスイメージ

こちらのタイプもガソリンほどではないですが明るいタイプが多いですね。ガソリンと違って面倒なポンピングもなく取り扱いが簡単なのが特徴です。やや燃料は高いですがカセットコンロガスが使えるものもあるのでそちらを選べば多少コストは抑えられます。

また、ガソリン、ガスタイプは「マントル」といわれるものが必要。この「マントル」が燃えて明るさを出すのです。しかし、「マントル」は消耗品のため、予備を必ず持っていってください。

ホヤもガソリン、ガスタイプともに熱を出すので当然ガラス製になります。取り扱いには注意しましょう。ガス式のコンパクトタイプは金属メッシュもあるので心配な人は交換しておくと安心です。

電池、太陽電池タイプ

s-l1600

上記の2タイプと違いLEDなら熱を出さずテント内で使用できることがメリットですね。コンパクトなものも多く持ち運びも便利なのでテント場やトイレの時のちょっとした移動に重宝します。太陽電池タイプは非常に軽量なものが多く持ち運びも苦になりません。車中泊にも便利ですが、なによりランニングコストがかからないのはうれしいポイントです。

弱点は明るさがやや暗くなってしまうことですが、テント内での使用ならばちょうどよい明るさ。テント内の光源確保のため、1つはもっておくと便利です。

初心者におすすめのランタン10選

コールマン(Coleman) プレミアム パワーハウス デュアルフューエルランタン

コールマン ツーマントルデュアルフューエル

商品価格 ¥ 18,215

ホワイトガソリンとレギュラーガソリンが使えます。通常時はホワイトガソリンで非常時にレギュラーガソリンを使うのが無難です。たまにレギュラーガソリンを使用するのならばそれほど問題にはなりませんが、ちょくちょく利用するならばジェネレーターのお手入れをしないと詰まってしまうので注意しましょう。

明るさはツーマントルなので抜群。とにかく明るいのが欲しい人といざという時の安心感を求める人におすすめです。

コールマン(Coleman) ランタン ワンマントルランタン 286A740J

コールマンワンマントル

商品価格 ¥ 15,434

定番中の定番なので迷ったらこれをおすすめします。通常のキャンプにおいて「失敗した」と感じることはまず無いはず。大きさ、明るさ、ランニングコスト、耐久性と高次元でまとまっているランタンです。ケースも付いていますので、その中に忘れないようにマントルを入れておきましょう。

また自動着火装置は付いていないのでチャッカマンも忘れずに持っていってください。

コールマン(Coleman) ノーススター2000ランタン 2000-750J

ノーススター2000

商品価格 ¥ 17,471

シングルマントルですがチューブタイプを使用しており、従来のシングルタイプよりも明るくなっています。この製品の最大の売りはガソリンタイプでありながら自動着火装置が採用されたことです。今までの製品ですとライターを使用するので慣れない人ではちょっと点けにくかったのですがコチラはとっても簡単。

明るくて取り扱いの簡単なガソリンタイプを望むならこちらのランタンがおすすめです。初心者のかたでもあつかいやすいですね。

コールマン(Coleman) ルミエールランタン 205588

ルミエールランタン

商品価格 ¥ 4,980

マントル不要のガスタイプ。明るさはそれほどではありませんがムード満点。バーベキューが終わってゆっくりとお酒を飲む時にテーブルに置きたいランタンです。離れた場所に明るいガソリンランタンを置いて、こちらをテーブルに置けば虫もよりにくくなります。

さらにムードを高めたい方はガス缶にカバーをつけるのがおすすめです。

イワタニ(Iwatani) カセットガス ジュニアランタン CB-JRL-2

イワタニ カセットガスジュニアランタン

商品価格 ¥ 9,890

ソロキャンプやバイクツーリングなどで活躍するコンパクトなガス式ランタンです。最大の魅力はカセットボンベ仕様なのでコストパフォーマンスが高いこと。小さくても明るさ十分で、同じイワタニジュニアバーナーと一緒に使えば荷物を減らせて便利です。

コンパクトでじゃまにならないので、テーブルランタンとしての使用もおすすめです。

プリムス(PRIMUS) 2245ランタン SV

イワタニプリムス2245ランタン

商品価格 ¥ 10,206

プリムスを代表するロングセラーのガス式ランタンです。みんなが思い浮かべるランタンらしいデザインが魅力の1つ。ホヤはすりガラスタイプなので柔らかい光。ホヤを外さず簡単に点火できる圧電点火装置なので初心者にとっても取り扱いやすいです。ワイヤーとフックが付いているので枝やランタンスタンドに簡単に吊り下げるられます。

ムードと取り扱いの簡単さを求める方にぴったりのランタンですね。

ソト(SOTO) レギュレーターランタン ST-260

sotoレギュレーターランタンST20

商品価格 ¥ 4,222

低温時や長時間使用してもパワーがおちにくい「マイクロレギュレーター」を採用。ホヤも金属メッシュなので移動時の破損も心配ありません。金属メッシュのホヤはかなり高温になるので火傷に注意しなければなりませんが、低重心の安定性を利用しシェラカップを載せればお湯も作れちゃいます。熱燗なんかもよいですね。

カセットボンベなのでコストパフォーマンスにも優れています。

ジェントス(GENTOS) エクスプローラー LEDランタン SOL144S

ジェントスエクスプローラー

商品価格 ¥ 2,372

テントの中で使用するならやはり電池タイプのLEDランタンがおすすめ。こちらの製品は影のでにくいシャドーレストップカバーを採用し、さらに防水タイプというところが売りです。ビルトインカナビラなので吊り下げて使用する時も便利。

暖色系LEDなのでテント内で使用してもほっとできるのもうれしいポイントですね。

防水型 空気入れ式 ソーラー 充電式 LEDアウトドア キャンプライト

空気入れ式バックロンソーラー

商品価格 ¥ 1,499

ソーラー充電なので非常にお財布にやさしいタイプ。昼間はザックやテントに吊り下げて充電し夜に使用します。外に吊り下げっぱなしで雨に降られても防水なので安心です。アウトドアでの使用だけでなくインテリアのように室内での使用、お風呂にうかべてリラックスなど使い方いろいろ。

ちょっと変わったタイプが欲しい方にもおすすめのランタンです。

ジェントス(GENTOS) LEDランタン エクスプローラー SOL-016B

ジェントス600ルーメン

商品価格 ¥ 6,093

LEDランタンにもかかわらずガス式に匹敵する明るさが特徴のランタン。白色LEDで明るいものは結構ありますが暖色系でこの明るさは貴重です。キャンドルモード搭載なのでテント内やテーブルの上に置いても大丈夫。吊り下げての使用も出来るようにフックも付いています。

とにかく気軽に使用できるメインランタンが欲しいかたにはおすすめのランタンです。火にまだ慣れていない初心者のかたでもLEDのため、気軽に使うことができますよ。