ヘルメットはかさばる?

サイクリングやウィンタースポーツを安全に楽しむために不可欠なのがヘルメット。でも着用していないときに、じゃまになることがちょっと気になることも。そこで登場したのが、あっという間に脱着ができる格納式のヘルメット ALPHA。ではこれから、自然界の生物がヒントになった独創的な発明をご覧に入れましょう!

格納式ヘルメット

0133004a9ed5fe3996dc4c2267ff36b9_original

脱いだヘルメットがじゃまになる場面…ありますよね? でも ALPHA なら大丈夫! ヘルメットを"着用"したまま、シャッターを開閉するようにして頭の部分だけ脱着するのです。

12be1000ccb283268c41eb290920ccaf_original
8a688f48b4b30ab4dec0db0e4b4f1467_original

この独創的なデザインと機能は「センザンコウ」という硬いウロコに覆われ、敵から身を守るために丸まって"変身する"生き物がヒントになったそうです。なるほど!

安全第一!

6252f91aa6d7047aad6a6cc6cdf8d626_original
b90f6aa21f4d4139dd776e381d585078_original

頭を守ってくれるヘルメットには当然期待する高い保護性能。ALPHA は、これまたハチの巣をまねたハニカム構造を採用し、軽量かつ高強度を実現しました。ココが大事!

a658ea32a39fe4515ff0c446bc4afca8_original

また、ヘルメット"シャッター"を上げているときは、肩にのっている状態で、万が一背後から引っ張られても 自動でリリースされ、首が絞まらない安全装置も装備しているというから安心ですね。

頭は守りたいけど、頻繁にヘルメットを脱いで自然を感じたい! という使い方にぴったりな ALPHA は Kickstarter で175ユーロ。あとはがんばって外部の安全基準をクリアしてほしい!