ドローンで空撮した動画や写真をSNSなどで見て、「これ面白い!」「やってみたい!」と思ったことはありませんか? でも、これまでのドローンは特殊で高価なイメージから、敷居も高くて手軽に始められないと思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、最近では1万円以下の低価格から本格的なドローンを楽しめる製品の数も増えてきました。今回は、初心者でも気軽に楽しめる、おすすめのドローンをご紹介します。

1万円以下のおすすめドローン7選

ホーリー・ストーン・トイズ(Holy Stone Toys) ミニドローン HS190W

商品価格 ¥ 6,160

ドローン初心者の方に練習用ドローンで人気のHoly Stone Toys製のHS190Wは、高度維持、自動離陸、自動着陸、緊急停止にヘッドレスモード、ワンキーリターン、3Dフリップ、高速旋回モード、空撮に威力を発揮するFPV機能と、豊富な機能が魅力のモデル。

一万円以下の低価格で操縦をアシストする機能が多くて、ドローン初心者にも優しいところがうれしいですね。扱いやすさとクラスを超えたフル機能で、おすすめのドローンです。

ジーフォース(GFORCE) Hubsan NANO Q4 CAM PLUS H002 MODE1

商品価格 ¥ 7,199

わずか5cm四方のボディにカメラや高精度のジャイロセンサーを搭載した超小型ドローン。搭載のカメラは動画はもちろん、静止画の撮影もできる優れもの。

機体の向きに関係なく、直感的な操縦が可能なオリエンテーションモードで簡単に操作ができるのもこの機種の魅力です。小型の本体なので、誰にも迷惑をかけずに気軽に操作を楽しめますね。撮影を記録するSDカードが付属していて、すぐに楽しめる手軽さでもおすすめモデルです。

シマー(SYMA) X5HW

商品価格 ¥ 6,990

6軸飛行制御システムの搭載で、圧倒的な安定性が魅力のSYMAのX5HW。空撮を楽しむ低価格ドローンの定番モデルの最新型は、ドローンの醍醐味でもあるFPVが可能なのはもちろん、きれいな空撮と操作の安定性を決めるオートホバリング機能が特徴です。

動画も写真もきれいに撮れる720P高品質カメラやドローンの機首の方向に関係なく操縦者の思う方向に操作できるヘッドレスモードも搭載しているので、空撮の質をUPしてくれるおすすめのドローンです。

ジーフォース(GFORCE) PXY Wi-Fi GB401

商品価格 ¥ 8,910

PXY Wi-Fiは、Wi-Fi接続でスマートフォンやタブレットとの連携が可能な世界最小クラスFPVドローン。驚くほどの超小型の機体に動画、静止画に対応したカメラを搭載し空撮にも対応しています。

専用アプリをスマートフォンにインストールすることで、ドローンからの映像をFPVでライブビューを楽しんだり、写真や動画で記録することができるなど、面白い機能も満載です。

付属のコントローラだけでなく、スマートフォンをコントローラーにしてドローンを操ることも可能で、ゲーム感覚で楽しめるところも魅力です。遊び感覚でドローンをはじめたい方におすすめ。

ジーフォース(GFORCE) Hubsan X4 HD H107C-1

商品価格 ¥ 8,699

HubsanのX4 HDは、初心者向けの低価格なドローンの中で手軽に空撮を楽しむことができるドローンとして人気が高いモデル。そのわけは、クラス最高の720p対応200万画素HDカメラを搭載し、きれいな映像を撮ることが可能なところで、X4 HDの最大の魅力です。

4GBのマイクロSDカードが付属しているので、買ったその日から空撮がすぐ楽しめるのもいいですね。手軽に空撮をはじめたい初心者の方におすすめですよ。

パロット(Parrot) Rolling Spider PF723031T

商品価格 ¥ 9,761

パロットのRolling Spider‎はその手の中に収まるコンパクトさから、手軽にドローンをはじめたい方に人気の高いドローンです。スマホをコントローラにして簡単に操作も可能で、本体下部のカメラから手軽にスナップショットも楽しめます。

かわいく小柄なボディに3軸ジャイロと加速度計が3軸搭載されているので、安定した飛行が可能で操作も簡単なのもポイントが高いですね。お手軽に購入できる入門機として、おすすめしたいドローンです。

ホーリー・ストーン・トイズ(Holy Stone Toys) F186W

商品価格 ¥ 9,980

人気のHoly Stone Toys製のこちらのF186Wは、FPV生中継や気圧センサーによる高度維持機能、自動ホバリング制御、HDカメラを搭載するなど、低価格の入門機でありながら本格的なドローンフライトが楽しめます。

操作は付属のコントローラーでもお手持ちのスマートフォンでも可能で、はじめてドローンを購入する人にもやさしい、操作をアシストする機能があるのもポイントが高いですね。

プロペラガードと予備のプロペラ、機体のバッテリーと充電器、モバイルバッテリーなど付属品も充実しているので、ドローン初心者にもおすすめです。

ドローンの選び方

使用目的で選ぶ

まず、ドローン選びで一番大切なことは「何がしたいのか」を具体的にはっきりさせること。主な目的が、気軽に操縦を楽しむだけでいいのか、空撮を楽しみたいのかで選びたいドローンの性能や機能も大きく変わるので、大切なポイントです。

カメラの機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

空撮を楽しみたい方は、ドローンがカメラを標準搭載しているタイプもしくは、後付でカメラが搭載することが可能なタイプを選びましょう。選ぶ際には、カメラの画素数や動画や静止画に対応しているかなどもしっかりと押えておきたいポイントです。

FPV機能有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

FPV機能は、ドローンが撮影中の動画をリアルタイムにスマホやコントローラーなどの画面に映し出せる機能のことで、ドローンを操作する楽しみだけでなく、撮りたい映像を理想どうりに撮影することができる大変重宝する機能です。

FPV機能はカメラがドローンに搭載していれば全て対応しているとは限りません。FPV機能が搭載されているかもしっかりとチェックしましょう。

低価格ドローンを選ぶ際の注意点

1. ドローンの重さが200g未満であるかを確認

By: amazon.co.jp

2016年12月から国土交通省で「無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」が航空法に追加され、ドローンの飛行にかなりの制限が掛かるようになりました。もしこのルールに違反をすると、50万円以下の罰金が課されることになりました。

しかし、その中でも例外として、ドローンでも重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)200g未満のものは「模型航空機」に分類されるとあり、規制の対象外になります。

これからドローンで空撮をはじめてみたい方や気軽に操縦を楽しみたい初心者の方の場合は、飛行制限に囚われない重量が200g未満のモデルを選びましょう。

2. バッテリーなどの消耗品やパーツが簡単に入手できるか

By: amazon.co.jp

低価格ドローンは機体も小さく、搭載するバッテリーの大きさの関係で5分〜10分程度と長時間の飛行ができません。よりドローンを楽しむためには、交換用のバッテリーを用意することをおすすめします。

操作の途中で不意な墜落なども考えられるため、ローターやローターガードなどの破損しやすいパーツや消耗品が別売りで販売していること、入手のしやすさを事前に確認しておくことも大切な注意点です。

3. ローターガードが付属しているか

By: amazon.co.jp

ドローンの操作が不慣れなうちは、どうしても操作ミスで全然違う方向に飛んでしまい障害物にぶつかることもあります。また、屋外で飛行させる場合には周囲の人に怪我を負わせないためにも、ローターガードが付属しているモデルを選びましょう。

ローターガードがあることで、不慮の事故があった場合でも相手もドローンも被害を最小限にすることができます。

4. 高度保持(ホバリング)機能があること

By: amazon.co.jp

ドローンの購入動機では、空から見た景色を動画や写真にきれいに撮影したい方がほとんどだと思います。ドローンを思うように操作をしてイメージ通りの撮影を楽しむためには、高度保持(ホバリング)機能は欠かすことのできない重要な機能です。

外部からの影響を抑えてくれる6軸ジャイロセンサーと気圧センサーがサポートすることで、ホバリングがより安定します。ホバリングが不安定だと、機体の操作も難しくなるだけでなく、動画も写真撮影してもブレてしまいます。こちらの2つのセンサーの有無も合わせてチェックしましょう。

5. ヘッドレスモード機能があるかを確認

By: amazon.co.jp

ヘッドレスモード機能は、機体がどこを向いていてもコントローラーのレバーの向きに合わせて動いてくれるモードのことで、操縦者から見た方向へ直感的にドローンの操作が可能になります。

ヘッドレスモードはドローンに慣れていない初心者の方でも安心して操縦を楽しむことができる機能なので、ドローン選びでは押さえて欲しい注意ポイントです。