プリンターといえば、サイズが大きく設置に場所をとるイメージがありますよね。そのため、プリンターの設置場所が確保できず、なかなか購入に踏み切れないという方も結構多いのではないでしょうか?

そんな方には、ビジネスカバンにもスッポリ収まるコンパクトなモバイルプリンターがおすすめです。

従来のプリンターと違って、モバイルプリンターなら普段使わない時は本棚や引き出しなどにコンパクトに収納しておけるため、プリンターを設置する場所がないという方でも気軽に使うことができます。

そこで今回は、A4サイズに対応したおすすめのモバイルプリンターを特集します!

おすすめのA4モバイルプリンター

ヒューレット・パッカード(HP) Officejet 200 Mobile CZ993A#ABJ

41VW+JkbgJL

商品価格 ¥ 19,586

このモバイルプリンターは最大600枚印刷ができる大容量インクを採用しているので、面倒なインク交換の手間を最小限に減らすことができます。また、1枚当たりの印刷コストが他の製品と比べても安く済むため、印刷にかかるランニングコストを抑えたい方にもおすすめです。

ちなみに、独自のサポートサービスのクイック・エクスチェンジサービスにも対応しているので、万が一プリンターが故障してしまっても、最短で翌日には交換品を受け取ることができ、すぐに印刷が再開できるのも魅力ですよ。

エプソン(EPSON) A4モバイルインクジェットプリンター PX-S05B

31BJH2PFzRL

商品価格 ¥ 21,267

エプソンが販売するこのモバイルプリンターは、本体にバッテリーを内蔵しているので、室内はもちろん外出先でも電源不要で快適に使えます。

また、スマホやタブレット向けのモバイルバッテリーから給電することもできるため、使用中に万が一内蔵バッテリーが切れてもそのまま使い続けることが可能。

モバイルプリンターでは珍しい2色のカラーバリエーションから選べるため、自宅やオフィス、店舗のカウンターなど、使うシーンに合わせて好きな色が選べるのも魅力的ですね。

ヒューレット・パッカード(HP) Officejet 150 Mobile AiO CN550A#ABJ

31SN9NhTw3L

商品価格 ¥ 25,800

このモバイルプリンターにはスキャナ機能が付いているので、これ一台でプリンターとスキャナの二通りの使い方ができます。本体にはUSB&SDカードスロット、カラータッチスクリーンなどを搭載しており、プリンター単体でスキャンや印刷などの操作ができるのも魅力。

ちなみに、セットで付いてくるリチウムイオンバッテリーを装着すれば、電源がない場所でも最大で500枚の印刷ができるため、室内だけでなく屋外で使いたい方にもおすすめです。

キヤノン(Canon) インクジェットプリンター PIXUSIP110

319wxEvkHIL

商品価格 ¥ 22,079

写真をきれいにプリントしたい方には、こちらのモバイルプリンターがおすすめです。色再現力に優れた5色ハイブリッドインクや、キヤノン独自の技術ChromaLife100や自動写真補正IIを搭載しているので、従来のプリンターよりも美しい色鮮やかな写真印刷が楽しめます。

ちなみに、5色ハイブリッドインクには文字をくっきりと印刷できる顔料ブラックインクが含まれているので、小さな文字を読みやすく印刷したい方にもおすすめです。

ブラザー工業(brother) PocketJet PJ-673

41tdbI05JqL

商品価格 ¥ 57,678

このモバイルプリンターは、数ある製品の中でも特に軽い、重さわずか480gのコンパクトな作りに仕上がっているため、軽さ重視で選びたい方におすすめ。

ACアダプターに加えて、ニッケル水素充電池、リチウムイオン充電池、カーアダプターの3つの電源に対応しており、いろいろな用途や環境で使えるのもポイント。

本体には便利な無線LANを搭載しているので、スマートフォンやタブレットと繋いでワイヤレスで印刷することもできますよ。

ヒューレット・パッカード(HP) Officejet 100 Mobile CQ774A#ABJ

416f6lSHyJL

商品価格 ¥ 18,176

外出先で突然インクが切れてしまった。そんな時でもこのモバイルプリンターなら大丈夫。便利なインクバックアップ機能を搭載しているので、黒、カラーインクのどちらか片方が残っていればそのまま使い続けることができます。

なお、ボディーはシルバーを基調としたスタイリッシュなデザインに仕上がっているので、おしゃれなモバイルプリンターが欲しい方にもおすすめです。

ちなみに、この製品のインクにはプリントヘッド一体型を採用しているため、万が一使用中にプリントヘッドが目詰まりを起こしても、インクを交換するだけ簡単に目詰まりを直すことができちゃいます。

ブラザー工業(brother) PocketJet PJ-773

21+gRQzprEL

商品価格 ¥ 74,980

印刷スピードの速いモバイルプリンターが欲しい方には、こちらの製品がおすすめです。1分間に最大8枚の高速印刷に対応しているので、複数枚の印刷でもストレスなく快適にプリントできます。

また、手持ちのスマートフォンやタブレットから直接印刷ができるAirPrint、Mopria、Google Cloud Printにも対応しているので、手軽に印刷したい方にもおすすめ。

高速印刷に対応しているにも関わらず、その重さはわずか610gと非常に軽いので、室内はもちろん外出先メインで使うような方にもおすすめです。

モバイルプリンターの選び方

使う用途で選ぶ

41BVIyArJ9L

By: amazon.co.jp

モバイルプリンターと一口にいってもいろいろな種類があるため、選ぶ際にはどのような用途で使うのかが重要になってきます。例えば、ビジネスシーンで使うなら気軽に持ち運べる軽量コンパクトなものや、電源のない場所でも使える大容量バッテリーを搭載したものがおすすめです。

一方で、プライベートで使うなら写真や年賀状をきれいに印刷できるインクジェットタイプのものや、スマートフォンやタブレットから直接印刷ができる無線LAN(Wi-Fi)を搭載したものがおすすめですよ。

電源の種類で選ぶ

61yM2s2tXRL._SL1500_

By: amazon.co.jp

モバイルプリンターにはコンセントから直接電源を取るAC電源と、プリンターに搭載しているバッテリーで動くバッテリー駆動の2つの電源タイプがあります。それぞれの電源タイプごとにメリットやデメリットがあるので、選ぶ際には次のポイントを参考にしてみて下さい。

AC電源タイプはコンセントから常時電源が供給されているため、印刷中にバッテリーが切れて使えなくなる心配がありません。また、本体にバッテリーを搭載していないので、その分価格が安く、コストパフォーマンス重視で選びたい方におすすめ。

ただし、コンセントのある場所でしか使えないため、外出先での使用にはあまり向いていません。一方で、バッテリー駆動タイプはコンセントがない場所でも使えるので、場所を問わずにどこでも使いたい方におすすめ。

しかし便利な反面、バッテリーが切れると使えなくなったり、バッテリーを搭載している分AC電源タイプよりも価格が少し高くなるといったデメリットもあります。

このように2つの電源タイプでは特徴が全く異なっているので、選ぶ際には自分の使うスタイルに合った方を選ぶようにしましょう。