日本が誇る世界的オーディオメーカーであるソニー。ヘッドホンにも多数のラインナップを持ち、国内外で多くの支持を得ています。幅広い価格帯で用途に応じた製品作りを行っているのも特徴です。最近は、ハイレゾやBluetoothなどの最新技術にも対応してきています。今回は、そんなソニーのおすすめヘッドホンを特集します。

ソニーのおすすめヘッドホン7機種

密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

SONY_MDR-CD900ST

録音スタジオなど、音のプロたちに業界標準機として幅広く使用されているヘッドホンです。ソニーのヘッドホンというだけでなく、ヘッドホンの代表機とも言えます。原音に忠実な高度な再生能力がその支持の最大の理由。耐久性に優れているのもプロ用ならでは。一般の方にもおすすめしたい1台です。

密閉型ヘッドホン MDR-XD150

SONY_MDR-XD150

価格的にも幅広い製品ラインナップを誇るのが、ソニーのヘッドホンの特徴です。安価ながら本格的な外観と内容を持つこちらのヘッドホンは、他のメーカーを凌ぐコストパフォーマンスのよさが魅力。幅広い製品を開発しているからこその、豊富なノウハウの蓄積の賜物です。1000円台でソニーのヘッドホンの音のよさのエッセンスを体験できます。ヘッドホン初心者の方におすすめ。

密閉型ヘッドホン ハイレゾ音源対応 MDR-1A

SONY_MDR-1A

ソニーは最近のハイレゾブームの牽引役でもあります。それだけにハイレゾに対応した40KHzを超える再生能力を持つヘッドホンも豊富です。こちらは、ソニーのハイレゾ対応ヘッドホンで随一の人気機種。高度な音質とコストパフォーマンスの両立が光っています。心地よい装着感や、ポータビリティーのよさなど音以外の配慮の数々もさすがです。ソニーのハイレゾヘッドホンならこれがおすすめ。

密閉型ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ハイレゾ音源対応 MDR-100ABN/B

SONY_MDR-100ABN

ソニーのノイズキャンセリング機能を搭載したBluetoothヘッドホン。さらにはハイレゾ対応と言うことなし。この3つの機能を満たしたヘッドホンは現在世界でこの1機種だけです。立体縫製イヤーパッドによる快適な装着感と、スタイリッシュなデザインに加え、印象的なカラーリングなど多くの魅力を放つ注目機となっています。

フルオープン型ヘッドホン MDR-MA900

SONY_MDR-MA900

開放感のある音が得られるオープンエア型をさらに推し進めたフル・オープンエア型の機種。ソニーが1997年に発売した名機、MDR-F1の後継機です。70mmという大口径のドライバーユニットを搭載しているのは珍しく、個性に溢れたヘッドホンとなっています。一味違うソニーのサウンドを楽しみたい人におすすめします。

9.1chデジタルサラウンドヘッドホンシステム MDR-HW700DS

SONY_MDR-HW700DS

映画鑑賞に使いやすいコードレスタイプで、最大9.1chに対応する高度なサラウンド機能もついた高性能機です。ヘッドホンと付属のプロセッサーさえあれば気軽にサラウンド環境を生み出すことができます。最新、最高の映画鑑賞をヘッドホンで楽しめますよ。

他社に先駆けてHDMI入力を備え、ブルーレイのハイスペックな音声にも対応しています。使用しながらの充電も可能など優れた使い勝手も魅力。

密閉型ヘッドホン ハイレゾ音源対応 バランス接続対応 MDR-Z7

SONY_MDR-Z7

ヘッドホン愛好家の間で話題のヘッドホン・バランス接続に対応し大口径70mmの「HDドライバーユニット」を採用したソニー・ヘッドホンの最上位機種の密閉型機。バランス接続には対応するヘッドホンアンプが必要ですが、通常タイプの接続にも対応するので普通のヘッドホンとしても使用可能です。

再生周波数は4Hzから100kHzで、ハイレゾ基準をはるかに上回る高域まで再生できる超高性能も魅力。スピーカーのような自然な音は、ソニーファンならずとも注目です。