スマートフォンなどで誰でもきれいな写真が手軽に撮影できるようになりましたが、いつも同じような写真しか撮れないと思っている人も多いのではないでしょうか。デジタル一眼レフカメラなら、レンズを変えることで今までと違った写真が撮影でき、画質もスマートフォンより断然きれいです。

2016年には、各カメラメーカーがフラッグシップ機を販売しました。今回は初心者の人にもわかりやすいように、一眼レフカメラの選び方と、フラッグシップ機を含めた、おすすめ機種をご紹介します。

一眼レフについて知る

一眼とは

lens-515479_640

これは光学ファインダーと撮影用のレンズが1つしかないということです。光学ファインダーとは、撮影の時に、その撮影範囲を決めたり、ピントを合わせたりする役割があります。ファインダーにも種類があり、光学ファインダーのメリットは、目が疲れにくかったり、ファインダ越しに、見たままの画像を取れるというところです。

レフとは

blue-925209_640

「レフレックス」の略で、光を反射するという意味があります。デジタルカメラには通常、レンズを通った光を光学ファインダーまで届けるための鏡があるのです。この鏡があるために、「レフ」と呼ばれています。

ミラーレスとの違い

camera-991619_640

ミラーレスは上述で取り上げたように「レフ」がありません。そのため比較的一眼レフよりも軽量です。そして、ミラーレスの場合はファインダーがないのがほとんど。そのため液晶越しに被写体を見ることが必要です。よって、ファインダー越しの世界を写真に納めたい人には、一眼レフをおすすめします。

初心者におすすめの一眼レフ

キヤノン(CANON) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7

91xcgoIXnqL._SL1500_

商品価格 ¥ 47,800

発売当時、世界最軽量の一眼レフとして話題になりました。1800万画素のCOMSセンサーを踏査しており、肌の質感や光の度合いなどを絶妙に再現してくれます。また、撮影シーンを自動で判別し、綺麗に仕上げてくれる、「シーンインテリジェントオート」機能。シャッターを切った際にエフェクトをかけてくれる「エフェクトショット」機能など、撮影機能も多彩です。

キヤノンのエントリー機として、今でも人気が高い機種のため、初心者の人におすすめ。背景ボケも簡単に取れる、マルチ撮影が簡単な一眼レフです。

実写サンプル▼
14bit
highquality

By: cweb.canon.jp

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D3300

81szSv0panL._SL1500_

商品価格 ¥ 43,350

ニコンのエントリー機種です。しかし、エントリー機種とは思えない有効画素数2416万画素。写真を引きのばしたりしても、綺麗な画像を保つことができます。また、画像処理エンジンには「EXPEED 4」搭載。夜間の撮影や、高感度撮影時におけるノイズを抑えてくれます。夜景撮影時には必要な三脚も、ISOをあげての撮影ができるため、ある程度の撮影なら三脚いらず。

写真をよく撮っていると気になりがちな、黒つぶれ、白飛びも、「アクティブD-ライティング」により、抑えてくれます。初心者の人でも簡単に綺麗な写真を撮ることができる、おすすめの一眼レフです。

実写サンプル▼
img_04_l
img_02_l

By: nikon-image.com

キヤノン(CANON) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i

91vz1bSnsjL._SL1500_

商品価格 ¥ 70,850

有効2420万画素のAPS-CサイズのCMOSセンサー、オールクロス19点AFセンサーを搭載しており、AF測距点は19点と従来のkissシリーズ機種より大幅に増加しました。無線LAN機能とNFCを内蔵し、リモート撮影や写真や動画などの共有がワイヤレスで可能です。本体重量は約555gと軽量モデル。

こちらは最初に紹介した、「kissx7」の新作です。同じくエントリー機のため、初心者におすすめ。大きく違うところといえば、オートフォーカスの性能や、画素数、Wi-Fi機能が新機能として装備されているところです。スマホにその場でデータを移行したい人などはこちらをおすすめします。

しかし、スペックが上がった分、「kissx7」よりも値段が張るため、シンプルに撮影だけを楽しみたい人は、「kissx7」がおすすめです。

実写サンプル▼
mode-05
mode-03

By: cweb.canon.jp

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5500

91ZTdSJ0gvL._SL1500_

商品価格 ¥ 60,200

超軽量ボディで外にも軽く持ち出すことができます。軽い一眼レフですが、耐久性も抜群。カーボン繊維を用いた新素材を使用することにより、軽量化と耐久性両方の面を克服しています。液晶モニターを動かすことができる、バリアングル液晶を使用。ハイアングルやローアングルの撮影はもちろん、自分撮りなども簡単に撮影可能です。

また、ファインダーの上には、アイセンサーを搭載しているため、ファインダーを覗き込んでいる時の誤動作(液晶モニターに、誤って触れてしまう行為)を防いでくれます。操作性にこだわり抜かれた一眼レフです。こちらもエントリー機のため、初心者の人におすすめ。ですが、操作性が抜群の一眼レフのため、もう既に一眼を持っている人のサブ機でも大活躍してくれますよ。

実写サンプル▼
pic_05_l
pic_03_l

By: nikon-image.com

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフ PENTAX K-S2

61X+yIHLEnL._SL1000_

商品価格 ¥ 62,000

独自の手振れ補正機能を採用しているため、標準の撮影から望遠の撮影まで、レンズすべての手ぶれを軽減しています。撮った写真のリアルさを追求しており、リコーの画像処理技術を実装。人間の視野特性にマッチした立体的な写真に仕上げてくれます。

「PRIME M II」画像処理エンジンと大型のCMOSセンサーを積むことにより、ISO感度51200を実現。エントリー機の中ではトップクラスです。これで夜間撮影もバッチリですね。

防塵・防滴仕様になっているため、アウトドアライフの中でカメラを使いたい人でも持っていくことができますよ。そのほかにも、自撮り、Wi-Fi、フルHDムービーなど機能満載の一眼レフ。買ってすぐ遊び倒せるおすすめ機種です。

実写サンプル▼
bod_mainImg_03
bod_mainImg_01

By: ricoh-imaging.co.jp

ミドルユーザーにおすすめの一眼レフ

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフ K-70

71yk2aog-hl-_sl1000_-1

商品価格 ¥ 96,408

コスパは間違いなく最強クラスです。ISO感度最大102000の超高感度設計。ペンタックス同じみの防滴・防塵・耐寒になっています。アウトドアには文句なしにこちら一眼レフがおすすめ。暗闇でも明るい写真を撮影することができますよ。新開発されたアクセラレータユニットと画像処理エンジンが組み合わさることにより、高度なノイズ処理が実現。高感度撮影時に気になるノイズを除去してくれます。

ファインダー越しの視野率は100%のため、ファインダー越しに見ている景色をそのまま写真に収めることが可能です。また、新しくなった部分としてバルブタイマーがあります。5分~20分までの間ならば、1分刻みでタイマーセットをすることができます。そのため、ずっとシャッターを押していなくても手軽にバルブ撮影が可能。アウトドアシーンでも、普段でも、大活躍してくれるおすすめの一眼レフです。

▼実写サンプル
bod_mainimg_01
bod_mainimg_05

By: ricoh-imaging.co.jp

キヤノン(CANON) デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark II

911RxtRPxRL._SL1500_

商品価格 ¥ 165,920

こちらは、キヤノンの中級機モデル。APC-Sサイズの2020万画素CMOSセンサー、65点の測距点を持つオートフォーカス性能などハイスペックな一眼レフです。画像処理エンジン「DIGIC 6」をEOS系初の2基実装をしており、高画質な撮影はもちろんのこと、動画撮影のスペック向上も実現しています。

また、この画像処理エンジンの特徴である低ノイズのおかげで、夜間の撮影にも大活躍。ISO感度も最大16000まで高めることができるため、夜景、夕景ともに明るく撮ることができます。エントリー機には飽きてしまったという人にはこちらをおすすめです。こちらの一眼レフを使いこなして、エントリー機では撮れなかった写真をバシバシ撮ってみてください。

実写サンプル▼
exposure
ps-auto

By: cweb.canon.jp

キヤノン(CANON) デジタル一眼レフカメラ EOS 80D

91bXEQ2Y8qL._SL1500_

商品価格 ¥ 125,612

キヤノンのミドルクラス一眼レフ。2420万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーと、映像エンジン「DIGIC 6」で最高ISO16000の常用ISO感度を実現しています。被写体をより確実にとらえるオールクロス45点AF、最高約7コマ/秒の高速連写にも対応。Wi-Fi、NFCに対応しているので、リモート撮影や画像転送ができます。

また、こちらは他の一眼レフと比べて動画撮影に強いです。「EOS MOVIE」と呼ばれる動画撮影機能に加え、フルHD60Pを誇る動画撮影スペック。なかなか撮ることが難しいタイムラプス動画なども、撮影することができます。録音に必要なヘッドホン端子なども付いているため、プロ並みの動画撮影が可能です。

写真を撮るだけではなく、動画撮影もしたいという人におすすめの一眼レフ。このカメラならではの動画撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

実写サンプル▼
b1bc3b61-0099-446c-a7b1-f1a1d304bb1a.jpg._CB297209922_
20cb162d-4b9b-41d1-8431-0f366f286246.jpg._CB297210066_

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D7200

81po7jD8l+L._SL1500_

商品価格 ¥ 120,980

ニコンDXフォーマット最上位モデルで、APS-Cサイズの2416万画素CMOSセンサーを搭載しています。1秒に6枚撮影できる連続撮影は最大100枚までの連続撮影、最大ISOは25600で薄暗いシーンでも撮影可能です。Wi-Fi内蔵とNFCでスマートフォンなどと通信できます。SNSにすぐ自分の写真をアップしたいひとにおすすめです。

光の少ないシーンでも対応する51点AFシステムを搭載。被写体の性質に合わせてAFエリアを指定可能。設定を間違わなければぶれずに被写体を映し出すことができます。今ニコンのエントリー機を持っているひとは、次の機種として、こちらがおすすめです。

実写サンプル▼
pic_02_l
pic_03_l (1)

By: nikon-image.com

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフ PENTAX K-3 II

71LDlRSWxVL._SL1000_

商品価格 ¥ 136,674

ペンタックスのKシリーズの最上位モデル。2435万画素のAPS-Cサイズで、本体内に手ぶれ補正機能を搭載しています。カメラにGPSを内蔵しているので、写真に位置情報を付加したり、GPSログをパソコンに取り込み地図サービスを利用して軌跡を表示可能。また、方位を画像モニター上で確認する電子コンパスなどにも使用できます。日頃からライフログを採っている人におすすめ。

また、この一眼レフの特徴は、簡易的な星空撮影ができるところです。アストロレーサーと呼ばれる天体追尾撮影機能が搭載されています。これはGPS機能が付いているこの一眼レフだからこそできる機能。長時間露光でも星が流れることなく綺麗に撮影することができますよ。

実写サンプル▼
bod_mainImg_04
bod_mainImg_03

By: ricoh-imaging.co.jp

プロフェッショナルな人におすすめの一眼レフ

キヤノン(CANON) デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II

91tmZSPeWVL._SL1500_

商品価格 ¥ 659,016

キヤノンのEOSシリーズのフラッグシップモデル。プロフェッショナル向けの一眼レフになります。フルサイズセンサー初となるディアルピクセルCMOS AFを搭載し、高速・高精度のAFを実現。その他の機能としては連写撮影は14コマ/秒、4K動画撮影、防塵・防滴処理をしたマグネシウム合金ボディ、GPS内蔵などがあります。

また、こちらの一眼レフはCP+2016ワールドプレミアアワードを受賞しており、クオリティも折り紙つき。連写を多用する人のために、デュアルカードスロット設計に。一度に記録カードを2枚入れられるため、データがいっぱいで最高のシーンを撮り逃すなんて心配もありません。

エントリー機やミドル機からでは撮影することができない写真を残すことができます。プロ向けですが、セミプロの人や、もうミドル機も飽きてしまったという人にも、こちらをおすすめします。

実写サンプル▼
4428422e-3ea6-4deb-9039-32d5f71c115a.jpg._CB299738773_
046e2d1c-8c0c-49b7-b939-a4ed71773349.jpg._CB299739037_

キヤノン(CANON) デジタル一眼レフカメラ EOS 5Ds R

71zgoow76gL._SL1500_

商品価格 ¥ 440,750

キヤノンのプロおよびハイアマチュアユーザー向けの一眼レフ。5060万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載し高画素を実現。また、高画素のメリットを最大限に引き出すために、カメラ内部の振動ブレを低減する機能も採用。一定期間の撮影した静止画をつなぎ動画を作成するタイムプラス動画機能も搭載しています。

こちらの一眼レフは、キヤノンが開発する際に、違う次元のブレ対策を目的に掲げ、かつてない解像性能を持った一眼レフを開発することを念頭におき開発されました。そのため、ブレがおこりにくいように、ミラーの振動を抑える独自の技術を盛り込んでいます。

5060万画素という、桁外れの画素数を堪能してみたい人はこちらがおすすめ。きめ細やかな写真を撮影できること間違いなしです。

実写サンプル▼
01
02

By: cweb.canon.jp

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D500

817zxg-ym0L._SL1500_

商品価格 ¥ 306,180

ニコンの2088画素APS-Cサイズデジタル一眼レフのフラッグシップモデル。広い範囲を高密度でカバーする153点AFにより、静的被写体、動的な被写体共に、ピントを合わせたままシャッターを切ることが可能。安定したファインダー像を実現するために、ミラー駆動機構に、ミラーバランサーとコアレスモーター、独自のミラー駆動アシスト機構を搭載しています。

最大ISO感度51200のため、夜間の撮影性能も抜群。画像処理エンジン「EXPEED 5」により、高感度撮影時のノイズも軽減してくれるため、感度を上げての撮影も大丈夫です。連写性能も優れており、10コマ/秒の連写と200コマの連続撮影ができます。スポーツの場や動物の撮影、子供の運動会などの連写が必要なシーンでも軽々と対応。

決定的瞬間をしっかりと写真に残してくれます。また、こちらの一眼レフは動画撮影機能も優秀。4K動画撮影が可能です。さらに、フルHD動画撮影時に動作する電子手ぶれ補正も搭載。値段は高いですが、それに見合うだけの機能満載のおすすめハイスペック一眼レフです。

実写サンプル▼
pic_02_l
pic_05_l

By: nikon-image.com

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D810A

81BVxLvTlaL._SL1500_

商品価格 ¥ 328,311

ニコンのフルサイズ一眼レフ。「D810」をベースにした天体撮影専用モデルです。一般的な一眼レフでは撮影が難しいHα線の波長で発光する星雲を鮮やかに赤く写せるのが特徴。また、通常の露出モードに加え、長時間露光マニュアルモードを搭載し4秒から900秒のシャッタースピード設定とバルブ、タイムの設定ができます。天体撮影をしたい人におすすめです。

実写サンプル▼
pic_13_l
pic_07_l

By: nikon-image.com

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5 CF-Type

81IuGnVMvsL._SL1500_

商品価格 ¥ 699,840

ニコンの一眼レフのフラッグシップモデル。2082万画素の新開発CMOSセンサーと新画像処理エンジンにより、ニコン史上最高のISO102400を実現しています。メモリーカードスロットの違いで2モデルありますので、気をつけて下さい。今回はご紹介しているのはCFカードモデルで重量は1415g。Wi-Fiは別売りのユニットを接続すればできますが、本体には有線LANに対応しています。

こちらの一眼レフは、スポーツ撮りを本格的にしたいひとにおすすめ。性能抜群のAFシステムにより、決定的な瞬間も、ピントを合わせたままシャッターを切れること間違いなしです。

実写サンプル▼
pic_04_l
pic_06_l

By: nikon-image.com

ペンタックス(PENTAX) デジタル一眼レフ PENTAX K-1

71VvK3eujzL._SL1000_

商品価格 ¥ 247,779

ペンタックス初のフルサイズ一眼レフ。フルサイズ一眼レフの中では低価格なので、フルサイズのデジタル一眼レフがほしい人におすすめです。

3640万画素、高速な画像処理エンジンは、高い解像感を維持しながらノイズを抑えるほか、最高ISO感度204800の超高感度撮影にも対応。5軸対応手ぶれ補正も搭載しています。

また、防塵・防滴仕様になっているため、アウトドアの撮影にも気軽に持っていくことができますよ。ハードなアウトドアの環境にも一眼レフを持っていきたい人におすすめです。

実写サンプル▼
ex-thumb-pic04
ex-thumb-pic03

By: ricoh-imaging.co.jp

初心者必見。一眼レフの選び方

ポイント1:交換レンズをチェック

dawn-1284235_640

一眼レフの魅力はなんと言っても、いろいろなレンズに交換できることです。広角レンズや望遠レンズ、単焦点レンズやズームレンズなど各メーカーからたくさん販売されていますが、このレンズはカメラメーカーごとに規格があり、互換性はありません(例:ニコンのレンズはニコンの一眼レフにしか使えません)。

メーカーごとに特徴もあるため、まずはどういった写真撮りたいかを決めてからメーカーを選び、レンズをチェックしましょう。

ポイント2:イメージセンサーをチェック

DSC-HX1_001

By: sony.jp

一眼レフの画質に最も影響するのがイメージセンサーのサイズです。大きいほど高画質ですが、カメラも大きくなり価格も高くなります。イメージセンサーのサイズには、昔の35mmフィルムと同じ大きさのフルサイズと同じく、昔に存在したAPS規格フィルムと同等サイズのAPS-Cがあります。APS-Cはフルサイズの半分の大きさなので、画質が少し悪いですが、もっとも使われるイメージセンサーのサイズです。

それ以下のイメージセンサーのサイズもありますが、一眼レフを買うならば、APS-Cサイズくらいのセンサーサイズを持っている一眼レフを買いたいですね。

ポイント3:ISOの上限値

photography-407219_640

イメージセンサーがどれだけ光に対して敏感に反応するかを表したものが「ISO感度」です。デジタルカメラは、取り込んだ光をイメージセンサーで電気信号にかえて処理します。ISO感度はその反応の程度を表すもので、ISO感度の数値が2倍になると電気信号も2倍となり、1/2の光の量でも適切な明るさとして撮影可能です。

つまりISO感度が高ければ、わずかな光でも被写体を写しとってくれます。また、夜景を撮影するには、ISO感度が高い方が圧倒的に有利です。そのため、夜景撮影や星空撮影などをしたい人はISOが高い一眼レフを選びましょう。

ISO感度が高ければ高いほど、シャッターチャンスが短いスポーツの撮影や、暗い場所でもフラッシュなしで撮影できるなどのメリットがあります。ISO感度は、一般的な一眼レフでは100から3200といった範囲で手動設定が可能です。

ポイント4:機能をチェック

underwater-photographer-618978_640
一眼レフにも、動画を取れるものや取れないもの。夜景モードや手振れ補正があるものないものが存在します。一眼レフになれない初心者の人は、手振れ補正などが付いているものがおすすめです。また、最近ではWi-Fi機能が搭載されている一眼レフも多く発売されています。撮った写真をその場でスマホに移動させ、SNSなどにアップしたい人には、そちらの機能が付いている一眼レフがおすすめです。

ポイント5:AFの性能をチェック

football-560467_640

AF(オートフォーカス)とは、一眼レフが自動でピントを合わせてくれる機能の事を指します。こちらの機能が優れていればいるほど、ピントを合わせやすく写真がブレにくいです。初心者の人は注意すべきポイントです。見るポイントとしては、「測距点」の数です。これが多ければ多いほどAFの性能がいいということになります。

また、オートフォーカスにもいくつか種類があります。「シングルAF」、「コンティニュアスAF」、「AF制御自動切り替え」の3つです。

「シングルAF」の大きな特徴は、シャッターを半押しすると、オートフォーカスが動き、一度合わせたピントに固定してくれます。そのため、風景写真や、止まっているものを撮る人におすすめです。

「コンティニュアスAF」はシャッターを半押しすると、オートフォーカスが動き、ピントをずっと合わせてくれます。そのため、動いている被写体などを撮りたい人におすすめです。

「AF制御自動切り替え」は、動いているのか止まっているのかを、自動で検知し、適切なほうに自動で切り替えてくれます。

自分が何を撮りたいかを明確にして、選ぶようにしましょう。

ポイント6:シャッターユニットの性能

abstract-1239383_640

一眼レフには、シャッターがカメラの内部に直接組みつけられているものとユニットになっているものがあり、一眼レフではユニット式を採用しているケースがほとんどです。シャッター部分が故障すると「シャッターが切れない」「シャッター速度が指定通りにならない」「頻繁にエラーが頻繁に出る」などの現象が起こりますが、ユニット式のシャッターの場合、故障の際にはユニットを交換するだけで済みます。

また、シャッターの回数は車の走行距離と同じで、ボディ内部に記憶され、回数に限界があります。機種によって異なりますが、一眼レフの場合は15万回くらいがシャッター回数の寿命とされています。これを超えた場合、シャッターユニットの部品交換によって継続して使い続けることもできます。まずは購入しようとしている一眼レフのシャッター耐久回数を調べてみましょう。

すべての機種ではありませんが、メーカーがテストし、シャッターユニットの耐久回数を発表していますので、そうした情報を参考にしてもいいでしょう。

初心者におすすめの一眼レフメーカー

上述しているように、メーカーごとに使えるレンズと使えないレンズがあります。そのため、メーカー選びは重要なポイントです。また、メーカーによって力を入れている機能や写真の色合いなども変わってきます。自分が一番撮りたい写真にあっているメーカーを選びましょう。

キヤノン

airport-661190_640

キヤノンは業務用カメラメーカーなだけあって、人の色合いの出し方が上手。よく比較されるのがニコンなのですが、ニコンよりもポートレート撮影などに向いています。また、キヤノンは記憶色と呼ばれる色に重点を置いているため、写真の色合いが、実像より綺麗に写ります。

あとは、オートフォーカスの速度が速く、動的な被写体にも合わせやすいです。運動会やポートレート撮影を楽しみたい人はキヤノンの一眼レフをおすすめします。

ニコン

nikon-1033958_640

ニコンは忠実再現というところに力を入れています。そのため、風景撮りや建物などを撮影したい人におすすめです。また、ニコンの場合、写真の綺麗さはそのロケーションなどに依存します。よって、写真から伝わる臨場感は、ニコンが群を抜いて優秀。報道マンの方々はニコンの一眼レフを多く使っています。

AF性能も他メーカーと比べてハイスペック。ピントの正確性が非常に高いです。平均的に重量が重い一眼レフが多いですが、高品質な一眼レフが多いためおすすめのメーカーになります。

ペンタックス

bod_img_03

By: ricoh-imaging.co.jp

ペンタックスは、ニコンと同じく、風景撮りや小物撮りなどがしたい人におすすめです。正直なところあまりAFの性能は高くありませんが、静止画なら間違いなくトップクラスの性能を誇ります。そして、基本一眼レフのデザインは黒一色になりがちですが、ペンタックスの場合は、オーダーカラーを選べるものが多いです。おしゃれに持ち歩くことができますね。

また、ペンタックスのレンズは比較的安いものが多く、初心者の人でも手が出しやすいものが多いです。

一眼レフレンズの選び方

camera-1340552_640

実は、レンズによって撮れる写真の雰囲気であったりがガラッと変わってきます。背景をぼかしたいのであれば、「単焦点」、写真が曲がっているように撮りたければ「魚眼」、広範囲に開けたように撮りたければ「広角」、遠くから被写体を撮りたければ「望遠」という形です。各社ともに、同じ規格のレンズを多用に出しているため、選ぶポイントを紹介します。

F値をチェック

japan-681813_640

こちらはレンズを選ぶ上では必ず見て欲しいポイントです。F値というのはレンズの明るさの事を示しています。明るいレンズの特徴としては、夜間撮影に強いというところです。夜景の撮影や、星空の撮影などはF値が低いレンズでなければ、撮る事が難しくなります。ISO感度をあげれば多少明るくは取れますが、感度を上げる分ノイズなども入りやすいです。

そのため、感度を下げた状態での夜間撮影をする場合にはF値の低いレンズが必要となります。目安としてはF値1.8~2.8位はほしいところですが、その分値段も高くなるため、お財布との相談が必要ですね。ちなみに、F値が1.8くらいのレンズならば、写真程度の夜景なら簡単にとれます。

夜景撮影をする際は、ほとんどの場合、三脚が必須になるので、忘れないようにしましょう。

マウントをチェック

photo-1420921_640

先ほど、メーカーごとにレンズが違うと説明しましたが、キヤノンなら、キヤノンの中でも使えるレンズ、使えないレンズがあります。それの見分け方がマウントです。キヤノンのマウントは基本的に2種類。EFマウントとEF-Mマウントです。ミラーレス一眼のレンズもマウントが合えば使えますがそうでなければ使用できません。

また、レンズのメーカーにシグマやタムロンといったレンズメーカーがありますが、マウントさえ合えばこちらのレンズも使用可能です。