2017年秋にiOSの新バージョンが登場すると発表され、ますます使いやすくなるであろうiPad Pro。専用のSmart KeybordやApple Pencilを使えば、モバイル用のノートパソコンよりもビジネスシーンで活躍すると話題です。

しかし、パソコンと違い画面を頻繁に触ったり外出時に使ったりする分、傷がついてしまうこともしばしば。iPad Proを快適に使い続けるためにも、万が一に備えて液晶保護フィルムを貼りましょう。そこで今回はiPad Proの各インチごとのおすすめの液晶保護フィルムをご紹介します。

iPad Proの液晶保護フィルムおすすめ4選
9.7インチ

エレコム(ELECOM) iPad Pro 9.7インチ 液晶保護フィルム TB-A16FLFANG

商品価格 ¥ 1,340

指紋が付きにくく、簡単に拭き取ることが可能な液晶保護フィルムです。写真や動画がきれいに見える高光沢で、気泡が入りにくい加工や入った気泡が24時間後に消える処置などが施してあります。フィルムタイプですが、ハードコート仕様で2Hまでの硬度に対応。とりあえず液晶保護フィルムをつけたい方におすすめです。

PDA工房 ペーパーライク保護フィルム iPad Pro 9.7インチ

商品価格 ¥ 1,674

Apple Pencilを使用してイラストを描く方際におすすめの液晶保護フィルム。フィルム表面の特殊加工により、鉛筆で紙に書いているような描き心地を体感できます。フィルム表面は光の反射や映り込みを抑える反射防止タイプ。接着面は気泡の入りにくい自動吸着なので、簡単に貼れるうえ、何度も貼り直しが可能です。

Nimaso iPad Pro 9.7 強化ガラス液晶保護フィルム

商品価格 ¥ 1,080

強化ガラスタイプの液晶保護フィルム。9Hの硬度をカバーしていますが、ガラスの厚さは0.26mmと極薄。その上、ガラスの端は丸くカットされたラウンドエッジ加工を採用し、横からの衝撃にも対応できます。

また、破片が飛び散らない飛散防止加工がされているので、万が一のときにも安心です。ガラスタイプながら透明度99.9%を実現しており、画面も見やすいのもポイント。初めてガラスタイプの液晶保護フィルムを購入される方におすすめです。

アスデック iPad Pro 9.7 マットフィルム NGB-IPA08

商品価格 ¥ 1,580

蛍光灯の映りこみや液晶画面のギラつきを抑えた、つや消しのマットタイプの液晶保護フィルムです。指紋防止、自己吸着、再貼り付け、気泡レス、傷が付きにくいハードコート加工とさまざまな機能を搭載しているのがポイント。室内での蛍光灯の映りこみが気になる方におすすめです。

iPad Proの液晶保護フィルムおすすめ4選
10.5インチ

MSソリューションズ iPad Pro 10.5 GLASS PREMIUM FILM マット 0.33mm LP-IPP10FGM

商品価格 ¥ 3,720

硬度9Hの強化ガラスタイプの液晶保護フィルム。蛍光灯の映りこみや指紋を防止するマットタイプです。表面にはフッ素加工を施しており、なめらかに指を滑らせることができるので、iPad Proでゲームをする方におすすめ。気泡レスや飛散防止にも対応しているので、使い勝手も良好です。

ミヤビック iPad Pro 10.5 OverLay Paper OKIPADPRO105/F/2

商品価格 ¥ 2,160

ペーパーライク加工の液晶保護フィルム。Apple Pencilでイラストを描きたい方におすすめです。ペーパーライク加工は高光沢タイプに比べ、もともと蛍光灯の映りこみが抑えられているので、イラストを描く以外でも映りこみを気にせず使用できます。自己吸着で気泡レスにも対応しており、貼り付けも簡単です。

ナカバヤシ iPad Pro 10.5インチ 液晶保護フィルム ペーパータッチ

商品価格 ¥ 2,398

フォトアルバムや文具・事務用品で有名なナカバヤシの液晶保護フィルム。紙に近い描き心地を体感できる特殊加工で映りこみや指紋も防止します。位置合わせしやすくキレイに貼れる3分割シートを採用。マットタイプですが透明度は90%以上と視認性も良好です。

バッファロー(BUFFALO) iPad 10.5 ブルーライトフィルム BSIPD1710FBCG

商品価格 ¥ 2,336

画像を色鮮やかに映す高光沢タイプの液晶保護フィルム。ブルーライトをカットする加工をしているので、眼精疲労やドライアイでお悩みの方におすすめです。気泡レスや自己吸着に加え、吸着面を浮かせた状態で位置決めができる3分割剥離シートを採用しているので、誰でも簡単に貼ることができます。

iPad Proの液晶保護フィルムおすすめ4選
12.9インチ

エレコム(ELECOM) iPad Pro 12.9 液晶保護フィルム ペーパーライク TB-A17LFLAPL

商品価格 ¥ 2,673

ペーパーライク加工で紙に鉛筆で描いた時の触感を実現したエレコムの液晶保護フィルム。硬度3Hのハードコート加工、指紋防止、反射防止、気泡レス、自動吸着、再吸着などさまざまな機能が揃っていて、使い勝手は良好です。なお、iPad Pro 9.7/10.5用もラインナップしています。

アスデック iPad Pro 12.9 フィルム NGB-IPA07

商品価格 ¥ 2,138

マットタイプの液晶保護フィルム。フルHDなどの高精細ディスプレイ向けに開発されているので、画面のギラつきが抑えられています。気泡レス、自己吸着、指紋防止、硬度3Hのハードコート、映りこみカットなどに対応。マットタイプなのでスタイラスペンとの相性も良好です。

イーエスアール(ESR) iPad Pro 12.9 フィルム ブルーライトカット

商品価格 ¥ 1,380

ブルーライトカットのガラスタイプの液晶保護フィルム。硬度9Hの強化ガラスですが、実勢価格がリーズナブルなので人気のアイテムです。指紋防止や飛散防止に対応するほか、自動吸着と気泡レス加工に加え、貼り付け時に使うガイドケースも付いています。ガラスタイプの液晶保護フィルムをお探しの方におすすめです。

エレコム(ELECOM) iPad Pro 12.9 液晶保護フィルム TB-A15LEFLFANG

商品価格 ¥ 380

簡単に位置合わせできるガイドラインと滑り止め機能で、誰でも簡単に貼り付けできる液晶保護フィルム。指紋防止、気泡レス、自己吸着、硬度3Hのハードコート加工に対応。高光沢タイプなので、主に動画や写真などをメインで鑑賞する方におすすめです。

そもそもiPad Proに液晶保護フィルムって必要なの?

By: amazon.co.jp

iPad Proのスクリーンは傷が付きにくい加工や指紋防止、反射防止コーティングが施されているので、通常の使用だけであれば液晶保護フィルムを貼る必要はありません。しかし、Apple Pencileなどを使用していくと少しずつですが傷が付いていくことがありますし、使用時以外にも移動や保管時に傷がつく可能性もあります。せっかく購入したiPad Proを傷などから守って長く使うためにも、液晶保護フィルムは便利なアイテムです。

iPad Pro用液晶保護フィルムの機能

By: amazon.co.jp

液晶保護フィルムは傷の防止が大前提の機能ですが、それ以外にもいろいろな機能があります。具体的には、スクリーン正面からは通常通りに見えるが横からだと見えにくい「覗き見防止」、目に影響を与えるブルーライトをカットする「ブルーライトカット」、指紋が付きにくい「指紋防止」などです。他にも、太陽光や室内光の写り込みを抑える「反射防止」、鮮やかな画質になる「光沢タイプ」もあります。

また、気泡が入りにくい加工が施されているものや、何度も貼り直せるタイプもあるので、液晶保護フィルムをきれいに貼る自信がない方にはこのタイプがおすすめです。

iPad Pro用液晶保護フィルムの種類

By: amazon.co.jp

液晶保護フィルムには、大きく分けてフィルムタイプとガラスタイプの2種類に分かれます。これらの最も大きな違いは「素材」です。フィルムタイプはPET素材、ガラスタイプは文字通りガラスから作られています。

フィルムタイプの液晶保護フィルム

一般的にフィルムタイプは薄くて柔らかいのが特長です。そのため、フィルムを貼っても段差などがなく、ケースを付けても干渉しない点がメリット。しかし、貼り付け時には気泡が入りやすいので注意が必要です。

Apple Pencilをお使いの方におすすめなのは、最近人気のペーパーライク保護フィルムです。通常、液晶保護フィルムを貼ってApple Pencilを使用すると、滑りやすいという欠点がありますが、このフィルムは表面に凹凸をつくることでペン先が滑りにくくなり、紙に書くような描き心地に近づけています。

ガラスタイプの液晶保護フィルム

ガラスタイプはフィルムタイプに比べ若干厚みがありますが、その分傷や衝撃に強く、なおかつ貼り付けが簡単という特長があります。スペックを表すものとして表面硬度(~H)などが記載されていますが、これは鉛筆の芯の硬度を表した硬さの度合いのこと。実際に鉛筆を使用した際に、何H以上の硬さだと傷が付くかを表しています。つまり、この表面硬度の数字が高くなるほど、硬く強いガラスフィルムということです。

また、ガラスフィルムに欠かせない要素が「厚み」です。厚みがあるほど傷や衝撃には強くなりますが、その分ケースが装着できないという可能性が増します。装着するケースの仕様を必ず確認し、そのバランスを見ながら液晶保護フィルムを購入しましょう。