アウトドアクッキングの基本の道具、シングルバーナー。ガスやガソリン、灯油などを燃料にして力強く燃える炎は、キャンプの夜を頼もしくサポートしてくれます。単純にお湯を沸かして、コーヒーやラーメンを作るだけでなく、上手に使えばいろいろな料理を手早く作ることができますよ。

今回はキャンプの頼れる相棒、シングルバーナーのおすすめメーカーの製品をご紹介します。

コールマンのおすすめシングルバーナー

コールマン(Coleman) スポーツスターII 0508A700J

41347WD914L

商品価格 ¥ 10,151

キャンプ用品の定番、コールマンの最も基本的なシングルバーナーです。初めてバーナーを購入するという方におすすめ。昔から変わらないアメリカンなアウトドアなデザインは魅力的ですね。

燃料はホワイトガソリンを用いるのですが、使う前の儀式として、必ずポンピングという作業が必要です。慣れるまでは面倒くさいかもしれませんが、この作業を行うことでタンクの中の圧力が高まり、強風や寒さなど、過酷な状況でも安定した炎が得られるようになります。タフな状況でも頼れる相棒です。

コールマン(Coleman) フェザーストーブ 442-726J

41Hi592pN2L

商品価格 ¥ 10,980

同じくコールマンの、フェザーストーブという名前のシングルバーナーです。フェザーとは英語で羽毛という意味。その名の通り、軽さが最大の特徴。実際に、本体重量は約680gと、スポーツスターの960gよりも300gほど軽くなっています。通常はホワイトガソリンを燃料に用いますが、緊急時には自動車用のガソリンが使えるというのも魅力的。

コールマン(Coleman) アウトランダー マイクロストーブ

203535[1]

商品価格 ¥ 3,609

こちらはガス式の小型シングルバーナー。3つのゴトクを1つに重ねるように折りたたむことができるので、コンパクトに収納できます。専用の収納ケースに収めれば持ち運びも便利。点火装置付きでマッチやライターなどを使わずに着火できます。風に強いデザインのゴトクでアウトドアでしっかり燃焼。ソロツーリングに持っていくのにおすすめのシングルバーナーです。

コールマン(Coleman) F-1パワーストーブ

41Y04XK66VL[1]

商品価格 ¥ 6,978

F-1パワーストーブは、その名の通り最高火力がパワフルなシングルバーナー。146gという軽量コンパクト設計ながら、水1Lをなんと2分30秒で沸かす事ができます。また、ゴトクが大きくて、安定性を高める固定リングが付いているので、大きな鍋やフライパンでも安心して使えますよ。

コールマン(Coleman) ビバークストーブ

51bh6wlT32L[1]

商品価格 ¥ 6,972

こちらもハイパワーが自慢のシングルバーナー、ビバークストーブ。1.05kgと少々重量がありますが、その分ガッチリしたデザインで安定性は抜群です。230g缶で約1~2時間使用できます。収納する時には4本の脚を外してコンパクトにできるので、持ち運びに便利。

イーピーアイのおすすめシングルバーナー

イーピーアイ(EPI) NEOストーブ S-1030

61+Ze3MH02L._SL1000_

商品価格 ¥ 6,707

ガス缶を燃料に使うタイプのイーピーアイのシングルバーナー。本体自体の重量は185gと軽量なので、キャンプだけでなく登山にも持っていっても重さが苦になりません。一方でゴトクは最大20cmの直径にまで広がるので、大きな鍋を置いて調理することも可能です。

最大4000kcalの高火力から、とろ火まで自由自在に火力を調整できるのも魅力の一つ。さまざまな料理の調理が可能で、使い勝手がいいおすすめのバーナーです。

イーピーアイ(EPI) BPS-3ストーブ S-1015

41bu4XGs0LL[1]

商品価格 ¥ 5,436

シンプルな構造と確かな性能でイーピーアイのロングセラーとなっているのがBPS-3ストーブ。高山や極寒などの厳しい環境でも実力を発揮するその性能は折り紙付き。ステンレス製のゴトクは折りたたんでコンパクトに収納できます。本体の重量はわずか165g。本格トレッキングやツーリングなどでのソロキャンプにおすすめのシングルバーナーです。

イーピーアイ(EPI) APSA-3ストーブ S-1020

41+9zjeoEGL._SL1000_

商品価格 ¥ 9,099

イーピーアイの分離型シングルバーナーの定番モデルがこのAPSA-3ストーブ。自動点火スイッチが手元にあるので女性や初心者でも安心して操作できます。バーナー部分は重心が低く設定されており、ゴトクは幅が2段階に調整できるので、大きな鍋でも安定感は抜群! ボンベ側から火力調整できるのもおすすめのポイント。滑らかに火加減を合わせられますよ。

ソトのおすすめシングルバーナー

ソト(SOTO) G'Z シングルバーナー ST-301

4.ソト(SOTO) G'Z シングルバーナー ST-301

商品価格 ¥ 6,458

カセットガスを燃料として使用するシングルバーナーです。カセットガスは比較的安価で手に入れることができて、国内であればいつでもどこでも入手が可能というメリットがあります。また、点火方法が圧電式なので、点火スイッチを押すだけで、マッチやライターを使わずに着火できます。ゴトクの直径も20cmあるので、1人用の調理には十分な大きさです。

ソト(SOTO) G'z G-ストーブSTG-10

417Tx8gPwAL[1]

商品価格 ¥ 4,850

斬新なデザインで高機能なシングルバーナー、G-ストーブ。収納時は超薄型のブック型で持ち運びに便利です。本を開くようにしてセットすると、V字型に開いたボディが風防と反射板の役割を果たして、効率よく熱を伝えます。安定感があるので、大きな鍋でも安心。家庭用のCB缶が使えるのも魅力的。

ソト(SOTO) AMICUS SOD-320

41rMPcui8kL[1]

商品価格 ¥ 4,889

ソトのシングルバーナーの定番モデルと言えばこのAMICUS。バーナーヘッドのフチを立ち上げ、すり鉢状の構造にすることで風に強く安定した燃焼を実現しています。強風にも耐える性能と軽量でコンパクトなボディでトータルバランスは抜群!

ラテン語で「友達、朋友」を意味するAMICUS。その名の通り、アウトドアで頼りになる相棒となることでしょう。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310RT

41uszpd6yYL[1]

商品価格 ¥ 6,979

気温が低い環境で使用した時、火力が低下することがあるCB缶の弱点を解消するマイクロレギュレーターを搭載したバーナーです。レギュレーターにカモフラ柄をプリントしたスペシャルモデル。低温時でも安定した火力が得られ、連続して使用しても火力が落ちにくい構造です。

また、ゴトクのサイズが大きく安定しているので、直径19cmまでの鍋が使用可能。冬キャンプの相棒としておすすめ。

ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371

41v-wHp6UEL[1]

商品価格 ¥ 15,552

ソトの画期的なガソリンバーナー、MUKAストーブ。予熱不要なので、セットしてポンピングすれば、すぐに使うことができます。しかも、アウトドア用のホワイトガソリンだけでなく、自動車用ガソリンも使えて、まったく変わらない性能が得られるんです。これなら旅先でも入手は簡単! ランニングコストも一気に下がります。

また、ガソリンストーブにありがちなススもほとんど発生しないのも魅力の一つ。まさにガスストーブの扱いやすさとガソリンストーブの強力なパワーを融合させた新次元のシングルバーナーです。

エムエスアールのおすすめシングルバーナー

エムエスアール(MSR) ウィスパーライト インターナショナル 36633

5.MSR シングルバーナー・ストーブ ウィスパーライト インターナショナル 灯油ガソリン用 【日本正規品】 36633

商品価格 ¥ 15,757

ホワイトガソリンに加えて、自動車用のガソリン、さらには灯油までも使用できるシングルバーナーです。さまざまな燃料を使用できるメリットは、海外に行っても現地で燃料を確保しやすいということで、実際にバックパッカーに愛用されてきました。ホワイトガソリンでは3分半、灯油では4分強ほどで1リットルの水が沸騰する性能をもっています。

エムエスアール(MSR) ドラゴンフライ 36030

41JtW9MbQCL[1]

商品価格 ¥ 20,769

こちらもホワイトガソリン、自動車用ガソリン、灯油、軽油が使えるマルチフューエルのシングルバーナー。画期的な二重バルブ設計となっており、火力をトロ火から強力なハイパワーまでコントロールすることができます。液体燃料はガスと違って低温の環境でも安定した火力が得られるのが魅力。

ハイパワーにした時の炎の音がうるさいという方もいますが、その轟音さえも魅力に感じるフューエルバーナー好きも多いんです。

エムエスアール(MSR) XGKEX 36043

41QIvaCMLqL[1]

商品価格 ¥ 25,265

エムエスアールの定番XGKシリーズの進化版がこちらのモデル。マルチフューエルで便利な上にランニングコストも抑えられます。ゴトクの防風性が高く熱効率がアップ! また、安定感があるので、大きな鍋も安心して乗せられます。使用の際には予熱が必要ですが、慣れれば簡単。

手入れがしやすいシンプルな構造で、使い込むほどに愛着がわくおすすめのシングルバーナーです。

オプティマスのおすすめシングルバーナー

オプティマス(OPTIMUS) スベア123R 1104

6.OPTIMUS(オプティマス) ガソリンストーブ 123R スベア 1104

商品価格 ¥ 12,842

登場から100年以上も経つ、シングルバーナーの定番品です。燃料はホワイトガソリンで、最高2時間もの間、燃焼し続けることができます。ゴトクと風防を兼ねたカバーが独特の外観を形成していて、唯一無二の存在感があります。

はじめから、コーヒー1杯分のお湯がわかせるほどの大きさのカップが付属しているというおまけつき。

オプティマス(OPTIMUS) NOVA

41pmTLlDyjL[1]

商品価格 ¥ 21,573

こちらはガソリン、灯油、軽油などが使えるマルチフューエルのシングルバーナー、NOVA。短時間の予熱で使用できます。また、火力は細かく調整可能。多少ラフに扱っても壊れない頑丈でシンプルな構造でどんな厳しい環境でも役目を果たしてくれます。海外の軍隊などでも採用されている信頼性の高いバーナーです。バーナーに耐久性を求めるという方におすすめ。

オプティマス(OPTIMUS) ベガストーブ 

41+LaRV5Y8L[1]

商品価格 ¥ 12,600

こちらはオプティマスのガス式分離型バーナー、ベガストーブ。ガス式なので手軽に使えて手入れも簡単です。ガス缶を逆さまにしてセットする倒立式燃料供給方式により、寒冷地でも最高火力を持続することができるようになっています。ゴトクは低重心で安定感があるので、大きな鍋も安心して使用可能。

オプティマス(OPTIMUS) ポラリス

51nlvp0StRL[1]

商品価格 ¥ 24,980

ホワイトガソリン、灯油、ディーゼル油などの液体燃料に加え、ガス缶にも対応するシングルバーナーがポラリス。どこへ行ってもそこにある燃料で使えるのが最大の魅力です。オプティマスのロゴが入った風防付き。分離型なので、ゴトクは低重心で安定感があります。いろんな燃料で燃焼の違いを試してみるのも面白そうですね。

オプティマス(OPTIMUS) クラックス

41Iwbo0fLWL[1]

商品価格 ¥ 8,400

オプティマスのガス式超小型バーナーがクラックスです。重さ83gと超軽量! 小さくても十分なハイパワーを実現しています。ガス缶の底部分に折りたたんだ本体を収納できるスタッフバッグが付いており、携帯に便利です。ツーリングや本格登山など軽量性を求めるという方に特におすすめ。

ジェットボイルのおすすめシングルバーナー

ジェットボイル(JETBOIL) MiniMo 1824381

7.JETBOIL(ジェットボイル) JETBOIL MiniMo(ミニモ) 1824381

商品価格 ¥ 20,485

バーナーとクッカーが一体化されたボディに、ガスカートリッジを接続して使う異色のシングルバーナーです。クッカーの底には、見慣れないフィン状のリングがついていますが、この特異な形状は一般的なバーナーの2倍の熱効率を発揮し、より少ない燃料でより早く水を沸かすための工夫です。

氷点下でも安定して高火力で燃焼できる一方で、とろ火も可能なのでお湯を沸かすだけでなく、調理も十分に可能です。必要な道具を一気に揃えることができるおすすめの商品です。

ジェットボイル(JETBOIL) マイクロモ

71AjEa47ExL._SL1500_

商品価格 ¥ 19,980

アッという間にお湯が沸く驚きの急速沸騰性能と、繊細な火加減が可能なジェットボイルの最高峰モデル、マイクロモ。マイナス6度の低温下でも安定した火力を発揮するサーモレギュレーターを搭載。0.8Lのクッカーはソロキャンプにおすすめのサイズです。高い熱効率でガスの使用量はほぼ半減。ランニングコストが節約できてコスパにも優れています。

スノーピークのおすすめシングルバーナー

スノーピーク(snow peak) ギガパワーマイクロマックスウルトラライト

41etcrOLhhL[1]

商品価格 ¥ 7,452

スノーピークのガス式一体型シングルバーナーの名品がこちら。徹底的に軽量化され重さはわずか56g! 最高出力は2,800kcal/hと小さくてもハイパワーです。コンパクトに収納できて持ち運びに便利。本格登山やトレッキングなど、極限まで荷物を軽くしたい時におすすめのバーナーです。

スノーピーク(snow peak) ヤエン ストーブ ナギ

41Zt9iyVuUL[1]

商品価格 ¥ 12,744

こちらはガス式の分離型バーナー、ナギ。ゴトクと風防が一体になっているので、風の影響を受けにくく、ちょっとやそっとの風の中でも安定した火力が得られ、ストレスを感じることなく調理できます。また、ゴトクは高さを2段階に調整できるので、鍋やフライパンなど使うアイテムに合わせることが可能。

軽量でコンパクトながら、本格的な料理ができるおすすめ高性能シングルバーナーです。

スノーピーク(snow peak) ギガパワーLIストーブ剛炎

41Z18pofzsL[1]

商品価格 ¥ 38,000

なんと8,500kcal/hという最強のパワーを誇るシングルバーナー、その名も剛炎。ガスカートリッジを倒立させてセットすることで、高出力を維持しながら燃焼できます。風防付きの大型バーナーヘッドで広い範囲を均等に加熱可能。折りたたみ可能な4本のゴトクは最大直径31cmの大型鍋にも対応。アウトドアで本格的な料理を楽しみたい方におすすめ。

スノーピーク(snow peak) ギガパワープレートバーナーLI

41dCpVNn3AL[1]

商品価格 ¥ 19,224

こちらはスノーピーク独自の卓上に置けるプレートタイプのシングルバーナー。ガスカートリッジを倒立させて、セットする液出し方式で安定した燃焼が持続できます。最高出力は3,000kcal/h。プレートタイプで安定感があるので、大きな鍋も安心して使えます。シンプルでスタイリッシュなデザインもおすすめのポイント。

あなたにピッタリなシングルバーナーの選び方

燃料で選ぶ

844be04d6d4540359911347e3868e34c[1]

By: store.snowpeak.co.jp

シングルバーナーの燃料には主にガス、ホワイトガソリン、灯油、アルコールの4種類があります。「ガス式」は、誰でも簡単に使えて手入れも楽なので今やキャンプの主流となっています。

「ガソリン式」は、強い火力がありますが、使用前にポンピングをするなど独特な手順があります。「灯油式」は、火力が強く燃料も安価ですが使用前に余熱が必要。点火と消火を繰り返すような使い方には向いていません。そして、「アルコール式」は、小さくて軽量なので本格登山などに使用されることが多いようです。

バーナーの中には、ガソリンや灯油などの液体燃料なら何でも使えるマルチフューエルタイプもあります。それぞれ一長一短がありますが、現在、圧倒的に人気が高いのはガス式。次にガス式のタイプについてご紹介しましょう。

ガス式シングルバーナーの種類①ガス缶のタイプ

11f06b96469738a0f7cb2cb2878d615a_s

バーナーに使用されるガス缶のタイプは、アウトドア用のOD缶と家庭用カセットガスのCB缶の2種類があります。OD缶は安定した火力が得られますが、その分コストが割高。CB缶は安価でコンビニでも買える手軽さが魅力ですが、寒冷地などでは十分な火力が得られない場合があります。

しかし、最近では低温に強いカセットガスが販売されていたり、バーナーにブースター機能が付くなどかなり改善されています。

ガス式シングルバーナーの種類②バーナーのタイプ

090e04482264416bac3c68103813bb08[1]

By: store.snowpeak.co.jp

シングルバーナーにはガス缶に直接つなげて使用する「一体型」とバーナー本体とガス缶が離れている「分離型」の2種類があります。一体型はガス缶が土台となり、軽量でコンパクトなのが魅力ですが、安定性に欠けるので、大きな鍋を使う時などは注意が必要です。

分離型はゴトクがしっかりしているものが多く、大きな鍋やダッチオーブンなども使える安定感が魅力です。