パソコンやWi-Fiのみのタブレットなど、外出先で使用するときに必要となるモバイルルーター。docomo・au・SoftBankなどの大手キャリアや、Y!mobile・WiMAXなどの比較的価格が安いキャリアなどでも購入できますが、契約期間などの問題があります。

今回は、契約期間がなく料金も安い格安SIMが使える、SIMフリーのモバイルルーターの選び方のポイントとおすすめのモバイルルーターをご紹介します。10機種の中から機能などを比較をして、自分のスタイルに合う商品を見つけてください。

モバイルルーターの選び方

対応している通信規格をチェック

2c94e1ef7f199352028a2a50a922efd8_m
モバイルルーターの対応している通信規格をチェックしましょう。通信規格として3G(第3世代)・4G(第4世代)・LTEなどがありますが、スマートフォンの普及により現在は4Gが主流になっています。ちなみに、LTEは3Gと4Gの橋渡し的な通信規格3.9Gに位置づけられていましたが、最近は4Gの一種として認識されています。できればLTEや4Gに対応したモバイルルーターを選びましょう。

SIMカードの大きさをチェック

PAK85_cutsaretasim20141025171502

モバイルルーターを使うのに絶対必要なSIMカードですが、SIMカードには3種類あります。ゴールドの部分は基本的に共通ですが、それぞれサイズが違います。大きい順に「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」で、モバイルルーターがどのSIMカードを使うのかチェックしておきましょう。小さいサイズのSIMカードなら大きいサイズに変換するアダプタがあります。

格安SIM会社をチェック

s-IMG_5032 (1)

出費を抑えるために大手キャリアより料金の安い「MVNO(仮想移動通信事業者)」を調査しましょう。各MVNOの回線自体は大手キャリア(主にNTTドコモ)から借り受けていますので、基本的に問題ありません。しかし、各MVNOはデータ量など制限がありますので、どのくらい使う予定なのか把握しておきましょう。

万が一自分に合わないMVNOやプランでも、最低使用期間などの契約もないので簡単に他社に乗り換えることができます。

おすすめモバイルルーター10選

ケイウッド商会 Portable 3G Router EJ-9506N

31TupSSweGL

名刺より小さくポケットに入れてもかさばらず、持ち運びに困らないコンパクトなサイズのモバイルルーター。通信規格は3Gなので、少し遅いですが、価格も安く、頻繁に使うことがない方におすすめです。対応SIMサイズは標準SIM。8時間の連続通信と充電中も通信可能なので、いつどこでもすぐ使うことができます。

ファーウェイ(HUAWEI) Mobile WiFi E5377

71vUMxmgPML._SL1500_

電源オンから5秒で起動し、すぐ使えるHuaweiのモバイルルーター。LTE対応なので、動画などもストレスを感じることなく視聴することができます。スマートフォンなどとの接続も、液晶画面に表示したQRコードを専用アプリで読み込むことで簡単に設定。

専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレットから、バッテリー残量や通信量などを確認でき、安心して使えますよ。初めてモバイルルーターを購入する方におすすめ。

ファーウェイ(HUAWEI) Pocket WiFi LTE GL06P

61urCThV7fL._SL1280_

長時間使用できる大型バッテリーを搭載したモバイルルーター。Pocket WiFiという商品名がついていますが、SIMフリー機器です。LTEで最長12時間連続通信でき、外出先でメイン使いの方におすすめです。対応SIMカードはmicroSIM、本体サイズは名刺サイズ。最大10台のWi-Fi機器とつながるので、接続台数を気にせず使うことができます。

日本電気(NEC) Aterm MR03LN

419RwQTGapL

NECのLTEモバイルルーター。モバイルルーター中で人気のある機種のひとつです。無線規格は11a/b/g/n/acに対応しており、パソコン、スマートフォンやタブレットなどいろいろな機器に最適に接続。バッテリーの持ちもWi-Fiで最大12時間、Bluetoothで最大24時間と外出先でバッテリー切れで困ることはありません。対応SIMカードはmicroSIM。価格は少々高めですが、その機能面からおすすめできるモバイルルーターです。

ネットギア(NETGEAR) AirCard AC785

51pLkZumXtL._SL1054_

最大15台までのWi-Fi機器が接続できるLTEモバイルルーター。最大の特徴は通信規格のグローバル対応で、世界93カ国に対応していること。鮮やかな液晶モニターはバッテリー残量、ネットワーク接続数、データ使用量などが表示され便利です。対応SIMカードはmicroSIM。海外で使うことが多い方や、接続する機器が多い方におすすめ。

エルジー(LG) L-04D xi

31fTTxyPG6L

軽量コンパクトで人気のLTEモバイルルーター。最大の特徴はコンパクトなサイズと89gというライトな重量ですが、バッテリー容量もコンパクトな仕様となっているので、最大4時間しか使用できません。また、本体だけでは設定できないので、パソコンが必要になります。長時間使わない方で、できるだけコンパクトなモバイルルーターをお探しの方におすすめ。

エルジー(LG) docomo Wi-Fi STATION L-01G

51CPPBxkE0L._SL1000_

大容量バッテリーを搭載したLTEモバイルルーター。LTEの連続通信時間は20時間で外出先でバッテリー残量を気にする必要がありません。そのうえWi-Fi機器との通信状況に応じて、自動で電力を最適にコントロールする機能も搭載しています。無線LANも11acに対応し最新Wi-Fi機器も最適なスピードで使用可能、最大接続数は10台。外出先で長時間使う方におすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) E8231

51UWrjM5rAL._SL1000_

バッテリーがついていないUSBメモリ型モバイルルーター。バッテリーがないため、使用するときにUSBから給電する必要があります。たとえば、パソコンで使用するときはパソコンのUSBポートへ、スマートフォンやタブレットで使用するときはモバイルバッテリーに挿してつかうことになります。3G対応でスピードは速くないですが、USBに挿すだけで使えるので、手軽にモバイル環境を構築したい方におすすめ。

ファーウェイ(HUAWEI) Pocket Wi-Fi GL04P

61oJNmEOu0L._SL1280_

名刺入れサイズの小型・軽量ながら、大容量バッテリーを搭載したLTEモバイルルーター。連続通信は最大9時間、Wi-Fi同時接続10台、対応SIMカードは標準SIM、設定はパソコンまたはAndroid端末になります。本体にmicroSDカードを挿すことにより、microSDカード内のデータを共有できます。データ共有をしたい方におすすめ。

日本電気(NEC) Aterm MR04LN

81bo6ERD5+L._SL1500_

microSIMカードを2枚挿入できるデュアルSIM対応のモバイルルーター。サービスの違う2枚のSIMを組み合わせ使うことができます。例えば、ビジネス用SIMとプライベート用SIM、海外用SIMと国内用SIMなど、さまざまな使い分けが可能で便利。

無線規格は11acに対応、Wi-Fi同時接続は16台など、現在販売されているモバイルルーターの中で最高レベルの機能が揃っています。とにかく一番高性能なモバイルルーターをお探しの方におすすめ。