デジタルペンは、ノートや紙に書いた文字を自動でスマートフォンやタブレットに保存できる、便利な電子文房具です。手書き情報を即時にデジタル化できるので、会社でメモを共有したりする際にとても役立ちます。今回は、そんな便利なデジタルペンの選び方とおすすめの機種4点を紹介します。便利なだけでなく時短にもなるので、忙しいビジネスマンの方は必見ですよ!

デジタルペンの選び方

対応デバイス・接続方法で選ぶ

86c0f9226667620106f6419b1357da30_s

データをどのように転送するかで選ぶのも、デジタルペンを選ぶうえで重要なポイントになります。一般的には、Bluetooth機能を内蔵している、ワイヤレスタイプ。USBケーブルなどでデータを転送する、有線タイプの2種類があります。また、OSによっては未対応の物もあるので、購入する際は事前によく確認してからにしましょう。

データの保存件数で選ぶ

6586014a36bb4a198b5fb2bcd872ccd9_s

頻繁にデータを端末に転送する方なら、心配する必要はありませんが、月に1回まとめて転送するような使い方だと、デジタルペン本体にどれだけのデータを保存できるかがポイントになってきます。そのため、後者のような使い方をする方は、商品の詳細ページに「A4用紙約○回分」と表記されているので、こちらも合わせてチェックしてみて下さい。

オプション機能で選ぶ

61OuXYd1pCL._SL1024_

デジタルペンは、アナログデータをデジタル化すると言った点ではどれも同じですが、音声の録音・再生に対応しているものや、オフライン同期に対応しているものなど、オプション機能が商品によって違ってくるので、同じような価格や性能でどちらを購入するか迷ったら、便利なオプション機能で選ぶのもアリです。

おすすめのデジタルペン4選

Livescribe 3 Smartpen for Android & iOS APJ-00016

21y1wNyQHEL

商品価格 ¥ 16,800

小型カメラを搭載したデジタルペン。このデジタルペンの先には、小型のカメラを内蔵しているので、転送用アダプターや筆記台が無くても、このデジタルペンのみで手軽に使うことが可能です。また、Bluetoothを使えば、書いた内容を瞬時にデバイスに保存することができます。また、ペン本体には、メモリを内蔵しているので、記述した内容を後からまとめて転送することもできちゃいます。

ネックス(NEXX) MyInk NMIK-410

41Tca22155L

商品価格 ¥ 19,764

いろいろな紙で使えるデジタルペン。このデジタルペンは、用紙の上部に専用レシーバーを取り付けて使うタイプなので、用紙指定なくいろいろな紙で使うことが可能です。さらに、ペンを紙に押しつけている時だけ電源がオンになるので、いちいちスイッチを入れなくても手軽に使うことができます。なお、専用アプリケーションを使えば、手書きページのレイアウトを、読みやすく自動補正できるのもポイントです。

コクヨ(KOKUYO) CamiApp S ノートタイプ NST-CAS-N5-AM

41SyfxLey-L

商品価格 ¥ 18,700

専用ノートがセットになったデジタルペン。このデジタルペンの特徴はなんと言ってもその手軽さにあります。同期したいページの下部にチェックするだけで、手軽にスマートフォンやタブレットでデータを取得することが可能。また、OCRやクラウド連携機能も付いているので、ビジネスユースでの使用にもおすすめです。

学研(Gakken) echo smartpen 2GB

31ANyBDD5NL

商品価格 ¥ 25,920

ボイスレコーダー付きデジタルペン。ペン本体に小型マイクを内蔵しているので、外部機器の必要なくペン単体で音声を録音することが可能です。さらに、ノート上の記述内容をペンでタップすると、その部分を書いていた時に録音した音声を再生することもできちゃいます。内蔵メモリのラインナップも豊富なので、たくさん使う方から、そうでない方までおすすめできるデジタルペンです。