やっぱり紙がいい!

iPad Pro と Apple Pencil で盛り上がっている世間を尻目に「でもやっぱりお気に入りのペンと紙がいいんだもん!」という人も多いのでは? でも描いた作品をデジタル化したいというのも本音。そんな"アナログ派"の願いをかなえてくれるスゴいツールが出ました。ご紹介しましょう。好きなペンと紙に書くだけで iPad に転送しデジタル化できる The Slate です!

どんなことになっているの?

the-slate-5
the-slate-3

The Slate の使い方を簡単にご説明。まず紙をボードの上にのせて、いつものペンに専用のマグネティックリングをはめます。そしてあとは描くだけで、iPhoneやiPadに転送されます。簡単すごい!

いつものペンと紙でいいんです

the-slate-4
the-slate-2

The Slate のいいところは、本当にいつも使っているお気に入りのペンや鉛筆、ノートも含めてさまざまな種類の紙を使用できるところ。やっぱり紙に描く(書く)ときの独特の抵抗がたまらないですよね!

imagink_ipad_pro_gold

先が細いタイプやマーカーのようなペン先の種類に合わせて、専用アプリでドローイングツールを6種類から選択し、詳細設定などでなるべく忠実に紙の上の作品の再現をめざします。

ほしい機能はちゃんとあります

the-slate-6

The Slate のアプリで描いた作品はもちろん Photoshop や Illustrator にエクスポートすることができるというから安心です。

iskn_slate_screenless_3

さらに「スクリーンレスモード」で、iPad がそこになくても The Slate と紙さえあれば、どこでもいつでも思いつくままにアイデアをスケッチ。帰宅したらデータを転送するだけでOK! これはすばらしい!

iskn_slate_screenless_2

単独使用で10時間もバッテリーがもつ The Slate はボードが159ドルで、リングが19.90ドル。これならクリエーターだけでなく、ふだん使いにもいいかも!