身に覚えのある方は必見。

Hoopeは梅毒、淋病、トリコモナス症、クラミジアなど一般的な4つの性病診断を自宅で簡単に行えるツールの臨床試験中です。病院に通わずにチェックできるのでプライバシーもしっかり守られます。

hoope_04

Hoopeは検査結果を電気信号に変換する仕組みをシンプルなリングに埋め込んでいるので、リングを指先に差すだけでとても簡単に診断を行えるようになっています。診断結果はモバイルアプリに表示され、陽性の場合は必要な処置などの情報も得られます。

hoope_02

血液感染にも十分配慮がされています。採取された血液は特殊な薬品で無害化され、針は収納式になっているので、間違って刺してしまうことはありません。使い捨ての検査キットですが、低コストの仕組みなので安価に提供できるよう開発が進められています。