ついに触覚まで。

Skypeなどの普及により、離れていてもお互いの顔を見ながら話ができるので、単身赴任中のお父さんや遠距離恋愛中の恋人たちも、昔ほど距離を感じなくなりました。それでもやっぱり人肌は恋しくなるもの。

TACTILUは遠隔での触覚コミュニケーションに関する研究から生まれた現在進行形のプロジェクトです。ブレスレット型デバイスを介して、遠隔地にいる人に触覚を発生させようというもの。

distance01

スマートフォンのBluetooth機能とインターネットを利用することで、遠隔での触覚コミュニケーションを実現しようとしていて、感圧タッチセンサーにはQTC(Quantum tunneling composite:量子トンネリング複合体)の技術を利用しているそう。

中身はこんな感じになっていて、触覚センサーで感知した動きを再現するように、バネのついた丸いものが上下する仕組みになっています。
TACTILU   a bracelet for remote tactile communication on Vimeo

動画はこちら▼