鉄フライパンの魅力は、使ってみないと分かりません。使いにくいイメージがあるかもしれませんが、基本的な使い方さえマスターすれば、ほとんどの料理は手早く簡単にこなせます。しかも、出来上がった料理の美味しさは、一般的なテフロン加工フライパンの比ではありません。いつもの料理を、星1つアップさせる鉄フライパン、その中からおすすめ15選を紹介します。

山田工業所 打出し鉄フライパン

1ヤマダ

ぶ厚い鉄の重量感たっぷりに、使い込むほど台所にしっかりとなじむ、料理好きのための逸品です。食材投入の前に充分に加熱して、超高温で炒めれば、出来上がりはまるでプロの味。一般的なフライパンでは到底真似できない美味しさです。約1.4kgという重量は、女性が片手で振るには少し重過ぎるかもしれませんが、完成した料理は1ランクアップ間違いなし。

藤田金属 匠の技鉄フライパン 064000

2スイト

職人が一つ一つ“ヘラ絞り”という技術を使って仕上げる、安心の日本製フライパン。26cmとやや大径ながら、重量は約1.07kgで樹脂製の取っ手付きなので、女性でも充分に扱えるサイズです。しかもIHクッキングヒーター対応。電気でもガスでも素材にしっかりと火を通し、焼き物や炒め物を一段と美味しく仕上げてくれます。フタが載せやすいように、取っ手がフラットになっているのも、使う側にはうれしい配慮です。

リバーライト(LIVER LIGHT) 極ROOTSフライパン

3リバーライト

全体的に丸みを帯びた形状なので、鉄フライパンの初心者でも安心して使えます。炒め物で素材をかえす時にも、鍋底のちょうどいい丸みと、適度な深さとで、まるで中華の料理人のように自在に扱えます。1kgを切る重量と、木製の取っ手付きなのも使いやすさのポイント。サビに非常に強く、コーティングをしていないので、使い始めの焼き慣らしは必要ありません。

遠藤商事 鉄フライパン AHL17026

4遠藤

このサイズでは、最もコストパフォーマンスが高いフライパンの1つでしょう。重量は約0.94kgと扱いやすく、底面には、らせん加工がしてあるので、油の広がりが良く、材料に素早く火が通ります。厚みのあるお肉でもすぐに火が通り、しかも余分な油が料理に残りません。IHクッキングヒーター対応なので、オール電化でも本格的な炒め物を楽しめます。

ターク(Turk) クラシックフライパン

5trunk

まさに質実剛健、ドイツ職人の手によって、150年前と全く変わらぬ製法で作られた、一度使えば一生ものになるフライパンです。熱伝導率がいい上に蓄熱性も高く、通常のキッチンでの使用から、バーベキューコンロに載せるなど、アウトドアでの遊びにも対応。他には28cmと30cmのタイプもあるので、用途や家族構成に合わせて選んでください。

和平フレイズ 厳選素材鉄フライパン GR-9748

6和平

毎朝の目玉焼きから、夕食の肉料理や強火の炒め物まで、これ1本で何でもこなせる万能フライパンです。フラットな底面から、やや丸みを帯びて立ち上がった側面の深さもちょうど良く、握りやすい木製の取っ手もマッチして、非常にバランスの良い使用感です。しかもIH対応でこの価格とは、もう驚き以外に表現のしようがありません。

山田工業所 鉄打出片手中華鍋

7山田

プロ仕様の中華鍋と比較して、同じサイズでも少し軽めで扱いやすく、厚みも約1.2mmと薄めなので、家庭でも充分に使いこなせる中華鍋です。取っ手も含めて、1枚の鉄板を打ち出して仕上げているから、とにかくタフ。製造時に何度も叩かれることで、鉄の密度が凝集するため油なじみは最高です。炒め物などは、材料が鍋肌で踊るような滑らかさ。出来上がりの美味しさは、家庭料理の枠を越えています。

リバーライト(LIVER LIGHT) 極ROOTS炒め鍋

8リバーライト

毎日の料理シーンでの使いやすさを第一に考えた、実用度の高い中華鍋です。やや小さめの28cmのサイズに、木製の取っ手を配して、しかも鍋底面はフラット形状にしてあるため、本来の中華鍋の守備範囲を超えて、さまざまな種類の料理に使えます。材料の鉄表面に特殊な熱処理をすることにより、鉄の良さは保ったまま、サビにくく傷に強い特性を備えています。

パール金属 鉄職人 鉄製フライパン H-8533

9パール金属

小型フライパンのいいところは、何といっても取り回しのよさでしょう。このフライパンも20cmのサイズで、重さは約0.6kgなので、調理の始めから終わりまで片手でラクラク扱えます。サイズを考えると、大量の炒め物には不向きですが、少人数の家庭ならほとんどの料理はこれ1本あれば充分。油がなじむと、鍋肌の滑りの良さは抜群。IHにも対応しています。

柳宗理 鉄フライパン 121511080014

10柳

鉄フライパンの良さをそのままに、メンテナンスの面倒を可能な限り排除した、使い勝手のいいフライパンです。素材にはサビにくいブルーテンパ材を採用、表面に繊維状の凹凸を浮き上がらせるファイバーライン加工は、油なじみがよく、コゲやこびりつきも抑えてくれます。左右に注ぎ口が張り出したデザインも、盛り付け時に非常に重宝します。

和平フレイズ 燕三 鉄木柄フライパン EM-8129

61y9gQ88PdL._SL1500_

新潟県燕・三条といえば、言わずと知れた日本有数の鉄製品の生産地。その伝統をベースに生み出されたのが、この“燕三シリーズ”です。1.6mmの上質な鋼材を使用し、やや深めの形状に木製の取っ手が付いて、非常にバランスのいい使い心地に仕上がっています。焼き物・炒め物以外にも、揚げ物から煮込み料理まで、この1本で幅広い用途に対応できます。

デバイヤー(de BUYER) ミネラルビー エレメントフライパン 5610.26

12ミネラル

和食の日本と並び立つ、料理大国フランスからやって来た、実用性重視のフライパンです。ぶ厚い約3mmの鋼材を使い、重さ2kgに迫る重量級なので、片手で軽々と振って使うタイプではありません。熱伝導性が高く、しかも蓄熱性にも優れているので、じっくりと熱を通して仕上げる本格的な料理に使えば、まるで料理の腕が上がったかのような満足感に浸れることでしょう。

岩鋳(IWACHU) 南部鉄器フライパン オムレット

13イワチュウ

岩手県の伝統工芸の流れをくんだ、南部鉄器のフライパンです。小さめのサイズとそのネーミングから、オムレツ専用とイメージされるかもしれませんが、大きめの材料ではなければ、肉料理でも魚料理でも上手にこなします。蓄熱性が高い鋳鉄素材なので、食材全体にやわらかく火を通し、ガスだけではなくIHでも料理が美味しく仕上がります。もちろん、オムレツならプロ級の一品が楽しめます。

藤田金属 こだわり職人 使いやすい鉄フライパン 065908

14スイト

藤田金属独自のヘラ絞り加工で仕上げた本体表面は、ハードテンパー加工を施してあるので、食材がこびりつきにくい上に、サビにも強いのでお手入れが楽です。しかも、使い始めの焼き慣らしが不用なので、手に入れたその日から早速調理可能。樹脂製の取っ手付きで、ガスやIH以外にもほとんどの調理器に対応しており、便利に美味しく本格的な料理が楽しめます。

遠藤商事 鉄黒皮厚板フライパン AHL20024

15遠藤

プロが愛用する黒皮鋼板を使い、底面に厚みをもたせつつ、側面を薄く加工することで、蓄熱性は高めながら軽量化も図っています。取っ手も鉄製の素材を使っていますが、長時間の調理でも高温になることがないので、充分素手でも扱えます。2.3mmの厚い底板は火の通りが良く、しかも熱をたっぷりと蓄えてくれるので、食材を効率よくふんわりと焼き上げてくれます。