水は貴重な資源。

蛇口をひねると勢いよく出てくる水道水。油断してしまうと、シャワーや歯みがき、シェービングの際についつい流しっぱなしになることも。私たちのそのような何気ない水の大量消費は、世界の深刻な水不足の原因のひとつだと言われています。そんな中、家族で水の使い方を意識できるスマートデバイス Droppler が登場しました。さっそくご紹介いたします!

置くだけで30%節水?

FirmAmazingApe

Droppler は、洗面ボールなどの水まわりに置くだけで、水の使用量を教えてくれて、使い方を改善してくれる優れもの。

開発チームによると、本体のLEDライトによって表示される使用量を意識するだけで、なんと30%の節水に成功したというデータもあるそうです! スゴいですね!

どうやって使うの?

rj7yrjyadvocdgnnv5s1

では、使い方を見てみましょう。まず、Droppler に、使っている水道の設備を入力し、推奨してくれる一日の水使用量の上限をセット。あとは洗面所やキッチンなどの水まわりに置いたら準備完了。

iva4nh5dbvtdzdxku83s

一日の始まりはLEDレベルメーターがフル表示。独自のアルゴリズムにより流水の音を検知し、使用量をカウントしていきます。するとLEDのレベルメーターは下がり始めます。

ptpu3pgg2hpimse5dstj

一日の水の使用限度に近づいたり、超えてしまったりすると、LEDが点滅して警告。なるほど、これは節水に成功するはずです。

WelcomeSmoggyJaguar
smyu0vw8wxvdchxoyetz
gfbt3ayrzbxgts8oq9ct

内蔵のメインモジュールを取り外して、オプションのキットに取り付け、ネットワークカメラやWi-Fiスピーカーにもできる Droppler は Indiegogo で99ドル。

今こそ家計と地球環境のために、水の使い方を見直してみませんか?