大学入学や社会人になったのを機に一人暮らしを始め、自炊に挑戦しようとお考えの方も多いでしょう。健康面やお金の面でも自炊することはいいことですね。忙しくても週に数回料理することで、レパートリーも増えキッチンに立つことが楽しくなりますよ。今回は、一人暮らしの人に最適なフライパンの選び方とおすすめの商品をご紹介します。購入する時の参考にしてみてください。

ポイント1:材質、耐久性を考える

61m2eq0nvXL._SL1000_
フライパンにはさまざまな種類のコーティングがありますね。ゆくゆくは剥がれていくものでしょうが、なるべくなら長く使えるよう扱い方にも注意したいものです。火加減は中火以下! を常に意識することでコーティングのもちは変わってきます。また、鉄製フライパンなら、使いこなすのに時間がかかるかもしれませんが、野菜をしゃっきり、鉄分も吸収でき、少々乱暴に扱っても使えなくなることはありません。

ポイント2:フライパンの形状を検討する

51JBV5XczAL
自炊する際、何を主に作るかを考えてフライパンを購入することをおすすめします。煮込み料理なども作りたいと考えるなら深さのあるフライパンが便利です。また元から料理が好きな人は、サイズ違いが欲しくなることも考えられますから、取っ手がとれるフライパンも視野に入れて検討されるのがいいですね。取っ手がとれるものでそろえると、統一感ができ、それでいてコンパクトにスッキリ収納できます。

ポイント3:サイズを選ぶ

71vLfjLgGZL._SL1337_
鍋を別に持っている方ならば、20~24cmあたりのサイズで十分対応できます。全ての料理を1つのフライパンで調理したいと考えるならば26cmあたりのフライパンが使い勝手がよいです。また男性など、1度にたくさん調理して数日はそれを食べたいと考える方は、大きいサイズが便利ですね。

おすすめのフライパン

ティファール(T-fal) フライパン ディフューザル

51+9AtwIxZL._SL1000_

フライパンは毎日使っているとどうしてもこびりついてきます。こちらのフライパンは、よりこびりつきにくさが長持ちするように、セラミックベースにサファイア微粒子を配合した6層にもなるインテンシウムコーティングになっています。インテンシウムコーティングのおかげで、より強度がアップし耐久性にも優れています。消耗品と考えがちのフライパンを少しでも長く使いたいと思う人におすすめです。

ティファール(T-fal) フライパン ディープパン ハードチタニウム

51e-g-2zCNL._SL1000_

ディープパンの魅力は、何といってもその深さ。焼き物はもちろんのこと、炒め物や煮物など1つで全てをこなしてくれます。ディープパン本体に施されたチタン粒子を配合した5層構造のおかげで、こびりつきにくさの耐久性がこれまでに比べ2倍アップしています。そして外面はホーロー仕上げになっていて、ブラックの光沢がとても美しく高級感があります。クールでおしゃれ、かつ実用的なフライパンをお探しの方におすすめです。

ティファール(T-fal) 取っ手の取れるフライパン インジニオ・ネオ

61-rQSA4sWL._SL1000_

ティファールといえば取っ手が取れるシリーズで有名ですね。収納がコンパクトにできるので、サイズ違いで数種類集めたり、鍋を1つ買い足したりするのもおすすめです。取っ手を外せばオーブン調理もできるので、料理好きの方におすすめです。また、ティファール最高峰の耐久性を持つ6層のチタン・プロコーティングだから、よりこびりつきにくく長く使用できる商品になっています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 取っ手の取れるフライパン ダイヤモンドコートパン

61rWis71U+L._SL1000_

低価格でありながら、収納場所に困らない商品をお探しの方におすすめの商品です。軽くて熱変形にも強く、こびりつきにくいダイヤモンドコーティングされたこちらの商品は、取っ手がとれるので、サイズ違いで購入する際にも場所をとりません。フッ素樹脂にダイヤモンドの粉を配合することで、耐摩耗性実験30万回をクリア、こびりつきにくさを実感していただけるでしょう。

ビタクラフト(Vita Craft) ソフィアⅡ フライパン

31NXFl1XPrL

ビタクラフトといえば、圧力鍋やステンレス多重層の鍋などが有名ですね。健康調理にこだわった商品を作り続け、世界中から愛されているメーカーです。ナヴァロン3コートと呼ばれる高密度フッ素樹脂コーティングで食材のこびりつきを防止し、ステンレスとアルミの全面2層構造により優れた熱効率になっています。品質には信頼がおけますので、これから本格的に自炊しようと考えている方は、是非こちらの商品を検討してみてください。

北陸アルミニウム(HOKUA) フライパン センレンキャスト

51pNH3XPpCL._SL1001_

約400年の歴史をもつ鋳物発祥の地で製造されているセンレンキャスト。軽くて丈夫なアルミキャストに、テフロンの最高峰と呼ばれるプラチナプラス加工が施された商品です。プラチナプラス加工は、4層構造に超硬質セラミックを配合することで、標準のテフロン加工のものより7倍も高い耐久性になっています。また重さもステンレスの3分の1しかないので、力の弱い女性におすすめです。

パール金属 ブルーダイヤモンドコート IH対応フライパン

51m54lQF17L._SL1000_

アルミダイキャスト製の商品なので、熱伝導がよく加熱ムラが起きにくい商品です。内面は3層コーティングになっていて、金属ヘラも使えるのが特徴です。毎日使うものだからお手入れのしやすさも気になるところですが、こちらの商品はフライパン部分と持ち手部分の出っ張りをなくし、また外側も汚れに強いノンスティック加工なので、ストレスなく洗うことができます。オール熱源対応なので、IHコンロの方におすすめです。

京セラ(KYOCERA) セラブリッドフライパン

61mYVYyhUhL._SL1500_

アルミ基材にセラミック加工を施したフライパンなので、熱周りのよさと鉄のような頑丈さをしています。またセラミックは内側から遠赤外線を放出するので、中火使用で強火のようにしっかり火が通り、ふっくらした仕上がりになるのが特徴です。フッ素加工と違って油はひかないとダメですが、中火以下で使用することで長く使える商品です。

柳宗理 鉄フライパン ファイバーライン加工

81Q2j-X5jpL._SL1500_

鉄のフライパンは、こびりつきやすいし使い初めに行う油ならしが面倒というイメージですね。こちらのフライパンは、鉄表面に凸凹加工をし、表面保護のための黒色酸化被膜、また、その表面にシリコン樹脂塗装を施した特殊加工がされているので、油ならしは不要です。しかも凸凹の本体だから、食材全体がくっつずこびりつきにくくなっています。また、いかにも鉄のフライパン! と感じさせないデザインも魅力の一つです。

リバーライト(RIVER LIGHT) 極ROOTS

41jrEf+QhbL

テフロンやフッ素などこびりつきにくい加工を施されたフライパンが多く出回る中、鉄のフライパンのよさをわかって欲しいと鉄製にこだわり、誇りを持って作り続けているのがリバーライトです。鉄製はどうしてもハードルが高いと思われがち。しかし、こちらの商品は使い初めの油ならしを必要としないこと、鉄の表面を窒化させることで錆びにくくなっているのが特徴です。一生モノのフライパンをお探しの方におすすめです。