おしゃれを取るか快適さを取るか、悩む事ありますよね? 特に寒くなってきて頭を悩ますのが着膨れ問題。今は色々なブランドから機能性インナーが発売されていますが、やはりそれだけでは不安です。そんな時に活躍するのがボアパーカー!

今回はおしゃれも防寒もバッチリなメンズにおすすめのボアパーカーをご紹介します。

ボアって何のこと?

パーカ説明

By: zozo.jp

ボアパーカーやボアコートなど、私達の周りに溢れているボアを使ったアイテム。しかし、皆さんそもそもボアって何のことかご存知ですか? 実はボアとは元々体長4メートル程の南米アマゾンに生息する毒ヘビのことなんです。

時は19世紀前半。フランスのパリにおいて女性達の間で毛皮やダチョウの羽根で作られた長い衿巻きが大流行しました。なんでもその姿形がボアに似ていることからこの衿巻を「ボア」と呼ぶようになったのだとか。当時は首に1、2回巻き付けても床に届きそうなほど長かったようですが、現在では短くなりキツネなどの顔や尻尾などがついた衿巻のことを言います。

また、同じく衿周りを毛皮や羽毛で縁取りしたコートを「ボアコート」と呼びます。現在ではよりカジュアルダウンされ、様々なアイテムに使用されていますね。ボアパーカーもその中の1つ。本来ならば衿周りのみに使用された毛のことを指すのですが、現在では防寒性の向上の為衣服の内側全てに施された毛の事も総じて「ボア」と呼んでいます。

私達の身近に溢れているボアを使ったアイテムには、こんなに長い歴史があったんですね!
さて、それではここから数あるボアアイテムの一つボアパーカーを使った着こなしをご紹介します。

メンズボアパーカーのおすすめ着こなし

リラックスコーデのお手本! 素材と色使いで魅せる計算された着こなし

パーカ1

By: wear.jp

上下スウェットにボアパーカーという難易度高めのコーデ。部屋着に見えてしまいそうな組み合わせですが、ニットキャップも含め素材と色味を統一することで全体が調和して見えています。また、足元にアクセントカラーをいれてさりげないおしゃれも忘れていません。きちんと見えるリラックススタイルを考えている方にぜひおすすめなコーデです。

サイズ感が肝! ボアパーカーでキレイ目な着こなし

パーカ2

By: zozo.jp

非常にカジュアルな印象が強いボアパーカーですが、サイズ感がタイトな物を使用する事によりここまで大人っぽく仕上がります。インナーのVネックとストライプのテーパードパンツでよりスッキリと見えますね。ボアパーカーの前開けとオールマイティーに使える白のスニーカーでラフさを取り入れています。大人っぽくもどこかやんちゃさを残したようなキレイ目カジュアルスタイルです。

ボアパーカーで楽しむ大人のアウトドアスタイル

パーカ3

By: wear.jp

元々清潔感漂う淡いブルーのデニムと白トップスの組み合わせ。そこにボリューミーなカーキのボアパーカーを入れると一気にアウトドアスタイルへとシフトします。白のニットキャップとカモフラ柄バックパックも雰囲気に合っていて全体の完成度を高めていますね。

フルジップパーカーは着脱も容易なので、これくらいボリュームがある物でも寒暖の差にすぐに対応できるのも嬉しいところ。ぜひ大人の男性にこそ取り入れていただきたいアクティブスタイルです。

モノトーンスタイルにも! 統一感のあるスタイリング

パーカ5

By: wear.jp

全身白と黒で統一されたモノトーンスタイル。ボアパーカーをこれだけスマートに着こなせているのはサイズ感と全体の統一感のおかげでしょう。ヘアスタイルやシンプルな丸メガネ、インナーのタートルネックなど「モード」を軸にその雰囲気を損なわないアイテムチョイスが見事です。

また、ボアパーカーの裾から見えるインナーやテーパードスラックスの丈感にもディティールに対するこだわりが感じられます。細かな部分のテクニックを含めぜひマネしたいコーデです。

雰囲気抜群! キレイ目アウターのインナーにも

パーカ4

By: wear.jp

1つ1つがクセのあるアイテムを使用していますが、見事にまとまって見えるコーデです。ダークトーンをベースにアースカラーで統一しているのがポイント。インナーに使用しているプルオーバータイプのボアパーカーも少しカーキよりのベージュなのが絶妙ですね。

主張が強いアイテム同士でもテーマを持って着こなすとここまでハマる良例です。小物をもっとカジュアルにすればシンプルなチェスターコートやアウターでも相性抜群です。キレイ目なアウターを使用する際はおすすめのコーデです。

切り替えデザインでボアパーカーを主役に!

パーカー6

By: wear.jp

使用しているのは、少し長めの丈と肩口からの切り替えデザインが特徴のボアパーカー。デザイン性が強いアイテムなので、他をモノトーンで統一しデザインもいたってシンプルにまとめています。そうすることで主張がぶつかり合うことなくボアパーカーが主役になっていますね。

これはボアパーカーに限らず、デザイン性が強いアイテムを使用する場合にも使えますのでぜひ取り入れてみてください。

メンズボアパーカーおすすめブランド
ユナイテッドアローズ

ビームス、シップスと並びいわゆる「御三家」と言われる日本3大セレクトショップの1つ。当初は高額商品を取り扱った大人向けのブランドでした。現在は幅広い年齢層に合わせた商品展開を行っています。

遊び心溢れるアイテムを手の届く価格で提供するビューティ&ユース。上質な大人の着こなしを良心的なプライスで揃えるグリーンレーベルリラクシングなど、それぞれセンス溢れるシンプルかつキレイ目カジュアルなセレクトが人気のブランドです。

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)by 3WAY ボアマウンテンパーカー 1225-699-7878

パーカー7

By: zozo.jp

商品価格 ¥ 21,000

取り外しが可能なボアライナーが付いたマウンテンパーカー。柔らかな手触りながらもハリのある素材でタウンユースにピッタリなアイテムです。なんとライナー付き、ライナーなし、ボアパーカーのみと1つで3通りの着こなしが楽しめる3WAY仕様!

また、ボアの着脱によって秋から冬まで長く使えるコストパフォーマンスに優れたパーカーです。しかもWebでの予約限定アイテムですのでレア感満載! 人とかぶりたくない方にもおすすめです。

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)UAS ミドルゲージ ボア ジップアップ パーカー 11131353618

パーカー8

By: zozo.jp

商品価格 ¥ 8,640

コンパクトなシルエットで着膨れの心配がないボアパーカーで、霜降りで起毛感のあるデザインはどんなインナーとも相性抜群です。フロント部分がダブルジップになっているので、気分によって開き具合を調節できます。また、肌触りも良いのでさらっと羽織ってもストレスなく着こなせます。インナーにアウターにと大活躍間違いなしのボアパーカーです。

メンズボアパーカーおすすめブランド
ディーゼル

細部までこだわり抜いた物作りで、世界中のセレブから愛されているのがディーゼルです。1人1人にしっかりとフィットするスキニーや特徴的なダメージ加工、生地でできたジーンズが有名。しかし、トップスや小物にも意外とファンが多いブランドでもあります。

決して安いブランドではないですが、その分物の良さは折り紙つきなのでアイテムの質を重要視する消費者の心をくすぐるブランドです。男女で人気があるので大切な人とお揃いのアイテムを身に付けるのもいいかもしれませんね!

ディーゼル(DIESEL)00SSEU0JAIO 14180694

パーカー9

By: zozo.jp

商品価格 ¥ 57,240

寒い季節にヘビロテ確実なナイロンボアパーカーです。素材にはナイロンの7倍もの強度を持つコーデュラナイロンが使われており、耐久性は抜群。パーカーのカジュアルさとヘビーアウターの防寒性を兼ね備えているので一着持っていればこれだけで寒い季節は乗り越えられます! ここまでの質を備えているのにプライスが6万を切っているのも嬉しいポイントです。

メンズボアパーカーおすすめブランド
エイケイエム

デザイナーの橋本淳氏によって作られたブランド「ダブルジェイケイ(wjk)」のラグジュアリーラインとして2006年にスタートしました。コンセプトは孤高のリアルクローズ。非常に質の高いレザーアイテムを中心に、タイト目なデザインとカッティングで着た時のシルエットにとことんこだわったアイテムが展開されています。

最近では、数々のブランドとのコラボレーションを経て認知度も上がってきました。基本的には大人の男性をターゲットにしていますが、幅広い年齢層に支持されている人気ブランドに成長しています。

エイケイエム(AKM) シャギー ボア パーカー 14521711

パーカー10

By: zozo.jp

商品価格 ¥ 8,532

シンプルながら衿周りのデザインがとても特徴的なプルオーバータイプのボアパーカー。これ1枚で着てもインナーとしてアウターの下に着ても主役級の存在感です。内側はふんわりと柔らかく優しい肌触りのシャギーボアになっており、タイトなシルエットなのでボアパーカーの中でもかなりすっきりと着こなせます。少しだけ変わったデザインのボアパーカーをお探しの方におすすめのアイテムです。

メンズボアパーカーおすすめブランド
シップスジェットブルー

ユナイテッドアローズと同じく、国内3大セレクトショップの1つであるシップス。最近では自社ブランド制作の商品もかなり増えましたが、御三家の中では一番ブリティッシュトラッドな雰囲気漂う大人のセレクトを行っています。

そのシップスがより若年層向けに作ったラインがこのシップスシェットブルー。シップスよりもカジュアルで低価格なアイテムが揃っていて、ストリートからモードまで幅広いジャンルに対応できるブランドです。

シップスジェットブルー(SHIPS JET BLUE)SHIPS GENERAL SUPPLY ボアフリースジップパーカー001727503

パーカー11

商品価格 ¥ 9,072

全面ボアフリース素材で防寒性抜群のボアパーカーで、普通のボアパーカーより着丈長めに設定して作られているので、着用した時の存在感は抜群です。しかし、作り自体はシンプルでスポーティなので何にでも合わせやすく重宝する1枚。丈の長さと厚みを考えると、インナーよりもアウターとしての使用がメインの方におすすめです。ブラックとネイビーのベーシックカラー2色展開となっています。

メンズボアパーカーおすすめブランド
コーエン

先程ご紹介したユナイテッドアローズの低価格ブランドがこのコーエンです。アローズのコンセプトは、そのままに価格を抑えたデイリーユースアイテムを、バランス良く取り入れた幅広い年齢層向けのブランド。アローズよりもポップでカジュアルな雰囲気。そして、何よりコストパフォーマンスに優れているのでお気に入りのデザインを安く買えるのが魅力のブランドです。

コーエン(coen)裏ボアジップパーカー

ボアパーカー14

By: zozo.jp

商品価格 ¥ 2,538

裏地全面がボアになっていて、袖までしっかり施されいます。そのため、アウターとしての機能もしっかり兼ね備えており、2シーズンにわたり長く着れるのが魅力です。袖だけでなく裾もリブ仕様になっていたり、ジップを上まで閉めると首元がスタンドカラーのようになるのがポイント。さりげないアクセントが効いた、使いやすい1着です。

メンズボアパーカーおすすめブランド
ユニクロ

日本で知らない人はいないと言っても過言ではない超有名ブランドですね。今や世界中に店舗を展開しており、まさにグローバル企業へと成長を遂げています。ユニクロは生産から販売まで一貫して自社で行うファストファッションブランドで、徹底したコスト削減により高品質低価格を実現しています。

最近ではクリストフ・ルメール氏がデザイナーに就任し話題となりましたが、それ以前にもフリースやヒートテックなどこれまでの常識を覆す商品を生み出しているブランドです。

ユニクロ(UNIQLO)ボアスウェットフルジップパーカ(長袖)

パーカー13

By: uniqlo.com

商品価格 ¥ 2,990

いたってシンプルな作りですが、だからこそ何にでも合わせられる利点があります。カラーも全8色と豊富に揃っており、自分にぴったりの色を探すのも楽しいですよ。そして特筆すべきは何よりコストパフォーマンス! ¥3,000以下でこのクオリティは他のブランドでは決して真似できないアイテムです。こちらは現在オンラインストアと1部店舗のみの取り扱いで後日、他の店舗にも拡大されるようです。