iPhone なくしても絶対見つかる?

忙しい時に限って見当たらなくなる iPhone。その捜索のために浪費されている時間とエネルギーを考えると、何とかしたいもの。そのような場合は、「iPhoneを探す」機能を使えばいいのですが、そもそもこれは電源がONになっていることが前提。そこで今回ご紹介したいのは iPhone が電源OFFでも、その場所を教えてくれる便利なケース OLY Back です。では、さっそく見てみましょう!

内蔵 Bluetooth タグ「Tile」がキモ

a2930bf0e2781140f85f17b1ce566ab7_original

OLY Back はiPhone 6/6s、6 Plus/6s Plus の背面に装着するバックパネルカバー。別売りの Bluetooth タグ「Tile」を専用スペースにはめて、はじめて機能します。

5488a41da1e802a6263992022463a2b8_original

もともと Tile は、カギや財布など、身のまわりの物の置き忘れを防止したり、なくした場合でも見つけられるようにするためのアイテム。

この便利な Tile を装着して、たとえ iPhone がバッテリー切れに陥ったとしても、探し当てることができるようにしたい! という発想で生まれたのが OLY Back なのです。

どうやって使うの?

bb7b71b62d6e690eeae8546855584f10_original

他のスマートフォンやタブレットの Tileアプリで、約30m以内にあるなら、大音量で Tile のサウンドを鳴らすことで、見当たらなくなった iPhone を見つけられます。

また、もっと遠くに置き忘れてしまった場合は、Tileアプリユーザーのコミュニティーを利用して、マップで位置を特定することも可能。

f16438ddbeec73282fe38e01fcc8132e_original

これらすべてが、iPhone の電源ON/OFFに関係なく実現する、理想的なケース OLY Back は Kickstarter で50ドルから(Tile同梱版)。
770fb448cc5c1e6ced0ee4bfdf0d0cfd_original
もうそろそろ、繰り返される iPhone 捜索ゲームは終わりにして、ストレスフリーになりませんか?