乗りたくなるホバークラフト。

どちらかというと野暮ったいデザインイメージがあるかもしれないホバークラフト。でも、今回ご紹介するフォルクスワーゲンのコンセプトを見ると、その考えも一変するかも? 21歳の中国のデザイナー Yuhan Zhang氏 による Aqua の未来感がとにかくスゴいのです! では、さっそく乗りたくなること間違いなしのホバークラフトを見てみましょう!

中国ならでは

img_volkswagen_aqua_concept_3
VW_Aqua_hovercraft_5s

なぜホバークラフトのコンセプトなの? という疑問の答えは、中国の地形の多様性にあります。池や川、長く続く沿岸地帯や湿地帯、そして氷雪地帯などをガンガン走れるのはホバークラフト。

どんなしくみ?

img_volkswagen_aqua_concept_4

水素による燃料電池ですべての動力をまかなう Aqua。ただでさえ大きなホバークラフトの騒音問題を抑えることができるでしょうか?

Volkswagen-Aqua-hovercraft

まず、メインファンによる送風で、合成ゴムの「スカート」と呼ばれる部分と機体の間にできる「空気だまり」と噴出する空気で、ボディーが浮き上がります。

img_volkswagen_aqua_concept_2

そして、推進力と方向コントロールは、後部の4つの小型ファンの役目。なかでも、停止時に、両サイドのファンがボディーに格納されて、ホイールのように見せる演出がカッコいい!

ミニマリストデザイン

VW_Aqua_hovercraft_8s

ボディー外装は、つなぎ目が非常に少ないクリーンな印象で好感が持てますね。インテリアは、2人分のシートや必要な計器類とステアリングホイールだけ、というミニマリストデザイン。

img_volkswagen_aqua_concept_5

ドアがないのですが…。気になりますよね? じつは、後部の円形のハッチから出入りするようです! 一気に非日常的な空間へと引き寄せるアイデアが楽しい!

いかがでしたか? いろいろあって苦戦しているフォルクスワーゲンですが、あらゆる意味で地球環境にやさしい Aqua のようなコンセプトが実現したら、新たな層のファンが生まれるかもしれません!