一人乗りドローン登場!

CEA(全米家電協会)が主催する世界最大の家電見本市 CES 2016 は、最新テクノロジーでおおいに盛り上がりました。これから続々とワクワクするような報道がなされるでしょう。今回はその中でも、中国ドローンメーカーの発表したドローンのプロトタイプをご紹介。なんと一人乗りの全自動自立飛行ドローンです! ではさっそく見てみましょう。

乗れるドローン

ehnag-184-autonomous-aerial-vehicle-ces-2016-designboom-02-818x450

ehang 184 の最大の特徴は人が乗れるドローンであること。カプセル型の"コックピット"を装備し、142馬力を発生させる8基の電動プロペラで人を輸送します。

ehnag-184-autonomous-aerial-vehicle-ces-2016-designboom-04-818x450

1回のフル充電で23分間飛行できる短離輸送ドローン ehang 184 は、最高速度100km/h、高度3,499mまで到達可能とされています。

操縦しなくてもいい

ehnag-184-autonomous-aerial-vehicle-ces-2016-designboom-05-818x298

また、ehang 184 のもうひとつの特徴は、全自動飛行ということ。そのため、コックピット内にはタブレット一枚があるのみ! こんなのでイイの?! と思うくらいシンプルすぎる!

ehnag-184-autonomous-aerial-vehicle-ces-2016-designboom-09-818x535

乗ったら、そのタブレットのマップで目的地を設定し、テイクオフです。あとは、外の景色をながめて楽しむだけ!

安全を重視

ehnag-184-autonomous-aerial-vehicle-ces-2016-designboom-10-818x415

パイロットがいない全自動飛行…やっぱり不安ですよね? そこで装備されているのが万全の安全装置。

目的地までのルートはもっとも安全で、かつ最短を選択し、万が一障害物があった場合は、自動で回避してくれます。

ehnag-184-autonomous-aerial-vehicle-ces-2016-designboom-03-818x460

また、プロペラなど、機体の一部に不具合が生じ、動かなくなった場合は、直ちに安全な場所へ自動着陸。これらがすべて飛行実証されたら本当にスゴいですね!

ehnag-184-autonomous-aerial-vehicle-ces-2016-designboom-11-818x405

2016年の後半には販売を開始したいとされる ehang 184。ちょっとそこまでドローンで買い物に…という時代がやがて来るのかもしれませんね!