テーブルの下は夢の世界!

2010年に公開されたレオナルド・ディカプリオ主演のSFアクション映画「インセプション(原題:Inception)」は、主人公が他人の夢の中に入り込み自由自在に操る、という大ヒット作品でした。

その作品にインスパイアされたキプロスのデザイナーStelios Mousarrisが、映画の中で展開されたありえない世界を現実のものにしたのが「Wave City Coffee Table」です。

捻じ曲げられた都会の摩天楼

映画の世界を再現!幻想的なコーヒーテーブル「Wave City Coffee Table」
Mausarris氏は木と金属と3Dプリント技術を使い、大都会の高層ビル群とサイドウォークを再現しました。建物のひとつひとつは細かくデザインされ、現実と非現実的な世界を上手くミックスさせています。

建物の間を縫う道を進むにつれ、だんだんと空へ向かって登っていくはずが、自分自身はまだビルの横を歩いている、という不思議な世界に引きこまれます。

落ち着きのあるデザイン

映画の世界を再現!幻想的なコーヒーテーブル「Wave City Coffee Table」
Wave City Coffee Tableは、木をメインにした素材を使用することで、都会に立ち並ぶ無機質なビル群をどこか温かみすら感じさせるテーブルとして仕上げました。

テーブル上面から美しくカーブしたテーブルのサイド部分にかけて、綺麗な木目がくっきりと見え、その表面を思わずなでたくなるようなコーヒーテーブルです。