結婚式の二次会は一体どんな格好がいいのか迷ってしまいます。かっちりとしたビジネススーツにネクタイ姿は向きません。かといって、カジュアルすぎると浮いてしまいます。今回は、おすすめしたいおしゃれなセミフォーマルコーディネートをご紹介します。いい意味で周りのメンズと差をつけたいですね。

おすすめのセミフォーマルコーディネート

20151103213940018_500

By: wear.jp

ネイビーのテーラードジャケットのセットアップに、ノーカラーのセミロングシャツを合わせたセットアップコーディネート。ブラック系のセットアップには白のシャツを着てしまいがちですが、あえて同系色のシャツを合わせることで大人っぽさがプラスされます。それにコンバースとの組み合わせは上級者ですね。

20151229194538759_500

By: wear.jp

千鳥格子柄のダブルテーラージャケットのセットアップに光沢のあるジップタイプの革靴を合わせた、コーディネート。柄物セットアップに抵抗がある方もいるかもしれませんが、インナーのタートルネックと足元がブラックで統一されているので、全体的にまとまった印象を受けますね。

LOOK-19

By: shareef-tokyo.com

黒の定番ジャケットに、同生地の細身のスラックスを合わせたセットアップコーディネート。ジャケットを羽織りフォーマルさを残しつつも、インナーにバイカラーのカットソーを入れることで、モノトーンながらラフさと遊び心に惹かれるスタイルとなっています。ブリムの大きなハットもおしゃれ要素のポイントとなっていますね。

20150908211313768_500

By: wear.jp

一見フォーマルにも見えてしまいますが、スタイリング次第でセミフォーマルにみえます。ブラックのテーラージャケットにセットアップのパンツを合わせています。ポイントはロングシャツとシャツからはみ出たベルト。装い過ぎていない、着崩したスタイルが目を引きます。

20140927105916894_500

By: wear.jp

全身ストライプのテーラードセットアップ。ジャケットの中にジレも着ていて、3ピースのようなコーディネートです。素足で履く革靴はなんかセクシーさを感じますね。胸から見えるハンカチがコーディネートにアクセントを加えています。

13

By: name.i-a-m.jp

ウール生地を使ったテーラードジャケットのセットアップコーディネート。インナーとして緩めのグレーのタートルネックを中に入れることで、落ち着いた印象になります。白ソックスを革靴とスラックスの間からチラ見させるとおしゃれ感がでて、ジャケットのコーディネートでもいい外しになります。
20140927123459961_500

By: wear.jp

細身のデニムにキャメルのテーラードジャケットを羽織った、結婚式2次会スタイル。セットアップとは違って、組み合わせが難しいですが、濃いめのデニムからチラッと白ソックスを見せる感じがおしゃれ。キャメル色のテーラードジャケットがコーディネートのポイントになっています。

20140928024711065_500

By: wear.jp

このようなグレンチェックに限りませんが、ダブルブレストジャケットはブリティッシュスタイル向きで、高級感と閑静な雰囲気をプラスしてくれます。9分丈のスラックスとも絶妙なバランスですね。黒の蝶ネクタイがコーディネート全体を引き締める効果をもたらしています。

4765446_LOOK

By: lookbook.nu

ワインレッド色のジャケットに同系色のローファーを合わせることでまとまったコーディネートに見え、インナーにジップタイプのシャツを合わせることでセミフォーマルとして成立していますね。チノパンに合わせるローファーはおしゃれ度が高いです。

20140927082649109_500

By: wear.jp

こちらはジャケットを羽織らないラフスタイル。かなりカジュアルですが、ブラックの革靴とグレーのベストがセミフォーマル感を演出しています。ウール地のシャツもボタンがトップ以外みえないデザインになっていて、かっこいいですね。プラスαで蝶ネクタイをしてもいいですね。

セミフォーマルコーディネートにおすすめアイテム

グリーンレーベルリラクシング(UNITED ARROWS green label relaxing) テーパードパンツ

001740422001_12

2つタックが入った光沢のあるgreen label relaxingのテーパードパンツ。タックが入っているパンツは、腰から足元にかけて細くなるVラインシルエットがトレンドで、テーラードジャケットとの相性もいいです。スラックス×タートルネック×テーラードジャケットのコンビネーションがセミフォーマルコーディネートを作ってくれます。

ポールスミス(Paul Smith) ソックス

513fHYn9MHL._UL1500_

Paul Smithのドット柄ソックス。フォーマルな格好には使えない柄ですが、セミフォーマルコーディネートの際は最適な柄です。それこそ、ジャケットとスラックスのセットアップコーディネートの見せソックスとして使うだけで足元が映えますよ。

ビームス(BEAMS) ロングノーカラーシャツ

61MNLDKfR-L._UL1500_

BEAMSのノーカラーロングシャツです。上から被るプルオーバータイプなので、ボタンは途中までしか付いていません。シャツ生地のロンTだと思って着られます。長い丈を生かし、ジャケットのレイヤードとして合わせて使えます。

ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD) インディゴビーチジャケット

001681907041

インディゴ糸を縫合させているふわっとした仕上がりのジャケット。デニムっぽい風合いに、温かみのある生地はセミフォーマルコーディネートにぴったりです。濃い色のデニムパンツを合わせてみてもいいですね。

エディフィス(EDIFICE) グレンチェック中綿ジレ

001680672008_14

EDIFICEの中綿ジレ。グレンチェック柄をあしらったデザインが目を引きます。大人っぽさが全面的に出ているので、グレーのセットアップなんかににあわせて、その中からさりげなくチェック柄が見え隠れするベストとして使ってもいいですね。もちろん、シャツの上から一枚で着てもおすすめ!

ビームス(BEAMS) 3Bジャケット

00161105100N

羽織るだけでおしゃれ度MAXのジャケットを紹介します。グレンチェック柄の生地とツイード素材の生地を継ぎ接ぎしたようなディテールがクセになるジャケット。ベースの色が同系色に作られているのでシンプルなパンツであれば、簡単に組み合わせることができます。パーティー衣装としても使えそうな万能アイテムです!

ドクターマーチン(Dr.Martens) タッセルローファー

14573001

不動の人気を誇っているDr.Martensのタッセルローファー。コーデの中でも紹介しましたが、いくらセミフォーマルとはいえども革靴は取り入れたほうが締まって見えます。ソールには厚みがあって、他のローファーにはない光沢感が特徴の一つ。ぜひ、セミフォーマルな場で履いていただきたいおすすめシューズです。

アンルート(EN ROUTE) ウールカットジャケット

8861536_16_D_500

ドロップショルダータイプであまり見かけないカーディガンのようなテーラードジャケット。脇下にはシームテープがデザインとして付いていて、スポーティーなイメージを与えてくれます。緩くジャケットを着たい方にはおすすめです。ゆったり目なジャケットなので、中にシャツとネクタイを付けるとセミフォーマルに近づきますね。

エディフィス(EDIFICE)DIAMANTE ONE WASH

001653257041_14

色味の綺麗なデニムはセミフォーマルなパンツとして最適なアイテムです。このようなテーパードの効いたスリムデニムは、ジャケットとドレスシューズやローファーと合わせると自然な着こなしになります。

ワイスリー(Y-3)LOGO WOVEN BELT

5097941_8_D_500

多くの人から絶大な支持を持つヨウジヤマモト×adidasのコラボブランドY-3。耐久性に優れたウーブンベルトで簡単にDリングで調節して止めることができます。最大の特徴は、見せベルトとしての使い道です。ブラックのセットアップにチラッと「Y-3」の文字を見せてみてはどうでしょうか。唯一無二の抜け感を演出できますよ。