夜のキャンプサイトを明るく照らしてくれるランタン。キャンプをするならメインランタンとサブランタンの2つは持っておきたいものです。ランタンにはガソリン、灯油、ガスなどさまざまな燃料のタイプがあり、さらに電池式のLEDランタンも加わると、どれにするか迷ってしまう人も多いよう。そこで今回は知っておきたいランタンの種類とおすすめのランタンをご紹介しましょう。

ポイント1:ガソリンランタン

81c4VxrYWQL._SL1500_[1]

By: www.amazon.co.jp

ガソリンランタンはとにかく明るい! メインランタンに最適です。基本的には燃料コストの安いホワイトガソリンを使用します。ガソリンは扱いにくそう…という人が多いのですが、基本ルールさえ守れば誰でも簡単に使えます。使用前にポンピングといって、ガソリンを気化するために圧をかける作業がありますが、これが点火する前の儀式としてワクワク感があります。寒冷地でも使える本格派。アウトドアの醍醐味を楽しめるのがガソリンランタンです。

ポイント2:ガスランタン

41ntlbHElmL[1]

By: www.amazon.co.jp

ガスランタンはとにかく簡単! ガスボンベを装着するだけですぐに着火し明るさを確保できます。ボンベもキャンプ用のOD缶だけでなく、コンビニなどでも買える家庭用カセットガスが使えるものもあり、とっても手軽。光量もガソリンランタンには及ばないもののメインとして使うのに十分です。炎の灯りはやはりキャンプの醍醐味。ガソリンに抵抗感がある人にはこちらがおすすめです。

ポイント3:LEDランタン

61lWjL5-y1L._SL1000_[1]

By: www.amazon.co.jp

電池式のLEDランタンは手間もかからずメンテナンスは基本、電池交換だけととっても便利。最近は光量の大きいものも増えておりメインとしても十分使えます。ガソリンやガスを燃やして光源とするタイプとは異なり、テント内で使っても一酸化炭素中毒の危険がなく安全安心。また、吊り下げ式などアレンジも多様で使い勝手がいいので今やキャンプランタンの主流となりつつあります。半面、ベテランキャンパーからすると、味気ない、物足りなさを感じる人も多いよう…。

他にも、灯油やロウソクなどランタンには実にさまざまなタイプがあります。その中から厳選したおすすめランタンは…

おすすめランタン

コールマン(Coleman) ノーススター2000ランタン

81c4VxrYWQL._SL1500_[1]

ガソリンランタンといえばコールマン。中でも人気なのがこのノーススター2000です。とにかく明るく、キャンプサイト全体を照らしてくれます。電池式の着火装置が付いているので誰でも簡単に火をつけられます。非常時には自動車用のガソリンも使えるので安心。とにかく光量が多いので、キャンプサイトのちょっと離れた場所に吊るしておくと虫が集まる集蛾灯にもなります。キャンプにはガソリンランタンという本格志向の人にはこれがおすすめ!

コールマン(Coleman) シーズンズランタン アメリカンヴィンテージ

81chk8SRe8L._SL1500_[1] 91lGJaizyEL._SL1500_[1]

こちらはコールマンの復刻シリーズのシーズンズランタン。ヴィンテージなデザインとストロベリーの色がおしゃれ! 普段は部屋に飾っておくとアーリーアメリカンな雰囲気が満点です。もちろん、性能も優れていてホワイトガソリンを使用し、明るさは十分でまぶしすぎるほど。専用のケース付きで持ち運びも便利です。キャンプサイトで目立つことうけあいのプレミアムなランタンです。

スノーピーク(snow peak) ギガパワー2WAYランタン GL150A

413LyYNi2TL[1] 51XB9mTDc6L[1]

こちらはガスを燃料とするスノーピークのランタン。キャンプ用のOD缶と家庭用カセットコンロに使うCB缶の両方使えます。CB缶ならコンビニでも買えて手軽な上に価格も安いのでランニングコストも抑えられます。明るさは90Wのハイパワー! 専用ケース付きでコンパクトに収納できて持ち運びも便利です。

ソト(SOTO) フォールディングランタン

619RrMOMfgL._SL1500_[1] 714-PrXdsmL._SL1500_[1]

新富士バーナーのアウトドアギアブランド、ソトのフォールディングランタンです。燃料はCB缶なので手軽で経済的。とても明るくメインでも十分に使えます。炎を知り尽くしたバーナー会社だけあって使い勝手もよく高性能。圧電点火方式で着火も簡単です。CB缶一本で4時間以上使えます。

ソト(SOTO) G'Z G-メタルランプ

41rtGweHVnL[1] 51KJsfN4bML[1]

もうひとつソトの画期的なランタンをご紹介。CB缶を使うガスランタンですが、光源となるマントルがないプラチナ発光という独自のシステムを採用。また光源を守るホヤもなく、かわりに光を反射するリフレクターを装備しています。つまりマントル交換と割れたり汚れたりするホヤのメンテナンスが不要。これは画期的です。しかも軽量でコンパクトなのでソロキャンプに最適! ファミリーキャンプのサブランタンとしても活躍してくれますよ。

ジェントス(GENTOS) エクスプローラー

61lWjL5-y1L._SL1000_[1] 518QJhsePzL[1]

電池式のLEDランタンといえばジェントス。こちらのエクスプローラーはアウトドア感あふれるデザインが人気のモデルです。明るさは最大1000ルーメン。約70w相当の明るさでキャンプサイトを十分に照らしてくれます。また最大の特徴が色味を変えられること。白色、昼白色、暖色とシーンに合わせて選べます。

コールマン(Coleman) リバーシブルLEDランタン

61IGz-4HVkL._SL1250_[1]

コールマンのLEDランタンは、逆さにして吊り下げることができるのでテントなどでとっても便利です。乾電池の他にコンセントにつなげるのでAC電源のあるキャンプ場なら電池を気にせず使えます。また、別売りの充電式カートリッジも使えて、これはコールマンの同じシリーズのさまざまな製品と共有できるのでコールマン好きには便利です。

セカンドステップ(Second step) ブルーLEDランタン

61dpjN3LsHL._SL1000_[1]

こちらは持ち運びに便利な小型ランタン。乾電池の他に上部のソーラーパネルから充電もできます。電池がなくてもソーラーパネルから本体に内蔵された電池に6時間充電すれば、4時間の連続点灯が可能! 本体からライト部分を引き出すだけでスイッチが入るので、テントの枕元に置いておけば安心です。サブとして持っているのと何かと便利なランタンです。

フュアーハンド ハリケーンランタン中型

61VR6cqytDL._SL1000_[1]

ドイツのフュアーハンド社の名品ランタン。風速80mのハリケーンでも消えないといわれた性能の高さと100年以上変わらぬデザインが長年、キャンパーに愛され続けています。灯油使用ですが、最近は天然ハーブ入りで防虫効果のあるオイルなどを使う人も多いようです。アウトドアでこのランタンの炎を見ながらグラス片手にのんびりとくつろぐ…そんな至福の時を体験してみませんか?

ユーコ(UCO) キャンドルランタン

71dgNi82MzL._SL1500_[1] 91YPhWVIRGL._SL1500_[1]

こちらは無駄を省いたシンプルなデザインが人気のキャンドルランタン。燃料を使わないロウソクはいざという時にとても役に立ちます。1本のキャンドルで約9時間燃え続けます。キャンドルが短くなるとバネで下から押し上げる構造で明るさは変わりません。使い込むほどに味が出るブラス(真鍮)製なので、長く使っていきたいランタンです。