時間を確認する時に、携帯電話やスマートフォンで済ませてしまっていませんか? ビジネスの場では失礼になることも。腕時計であれば確認しやすいですし、失礼にも当たりません。

ビジネスの装いに腕時計は欠かせないもの。今回は、ビジネスシーンでおすすめな人気のメンズ腕時計ブランドを年代別でご紹介します。選ぶ際のポイントや、スーツスタイルに合わせる時のポイントもご紹介するので、長く使える自分に合った逸品を探してみてください。

ビジネスで使いたいメンズの腕時計ブランド【20代編】

セイコー(SEIKO)

セイコーは、日本の時計ブランドです。1881年に服部金太郎が服部時計店を創業し、翌年、時計工場である精工舎を設立しました。懐中時計の製作を続け、1916年に国産初の腕時計ローレルを発売。その後も1956年に国産初の自動巻腕時計オートマチックを発売し、国産初の時計を世に出し続けています。

国産初のクロノグラフや国産初のダイバーズウォッチもセイコー製です。また、1969年に世界で初めてクオーツ式の腕時計クオーツアストロンを発売しています。

1986年にバーゼルフェアに参加し、世界陸上やオリンピックの公式時計を担当していたりしていました。世界的にも有名な時計ブランドです。国内では、鉄道時計に指定されたり、日本の時計ブランドといえば一番に名前が挙がるブランドです。

メンズの腕時計のラインナップとして、グランドセイコー、クレドール、ガランテ、アストロン、プロスペックス、プレザージュ、ブライツ、スピリット、ドルチェ&エクセリーヌ、メカニカル、セイコープルミエなどがあります。

セイコー(SEIKO) Mechanical SARB033

51ye7si9rl

商品価格 ¥ 32,800

腕時計には機械式と電気式の2種類があります。機械式はゼンマイが巻かれた力によって動く機構のことで、電気式は電池や太陽光電池による電気によって動く機構のことです。電気式で動く時計のことをクオーツ時計と言います。

腕時計にこだわりのある人は、機械式を好む傾向が強いです。こちらは、セイコーメカニカルの機械式のしっかりした腕時計です。そんな機械式時計のメカニカルです。自動巻で、手巻きも付いているので楽です。

自動巻は手で巻かなくても身につけて動く力を利用してゼンマイを巻く機構です。手巻き機能も付いているので、手で巻くこともできますよ。身につけているだけで動き続けるので、毎日付けていれば動きが止まることはありません。

文字盤は黒。クールな印象を受けます。インデックス(時目盛)は棒状のバー形式になっていて、視野性に優れたシンプルなデザインです。また、裏面がスケルトンになっているのも特徴。ムーブメントを見る楽しみもあります。スケルトン形式なのは、偽物が流通することを避ける意味合いもあるようですが、純粋にかっこいいですよね。

サファイアガラスを使用しているので、傷にも強いです。生活防水とデイト表示がついているのもうれしいですね。他に、ホワイトの文字盤のモデルもあります。やわらかい印象を持たせたい場合はこちらもおすすめです。

セイコー(SEIKO) Presage SARW011

81rod5tigel-_ul1500_

商品価格 ¥ 85,440

こちらは、セイコープレザージュの琺瑯ダイヤルモデルの腕時計です。プレザージュのラインナップは、日本初の腕時計ローレルの当時の文字盤のデザインを継承しており、12時のところが赤くなったモデルが多いですが、こちらの腕時計はネイビーとブラックでシックな色使いになっています。インデックスもローマ数字になっていて、非常にクラシックな雰囲気です。

ムーブメントは、手巻付きの自動巻です。日付は針によって表示されています。パワーリザーブ表示機能が付いており、どれくらいゼンマイが巻かれているかを確認できるのもいいですね。生活防水付きで、強度の高いサファイアガラスが使用されているのもおすすめのポイント。

ベルトにはクロコダイル革を使っています。それでいながらこの価格というのは、驚きですね。プレザージュには、この琺瑯ダイヤル以外にも漆を使った漆ダイヤルの展開もあります。黒く美しい日本美を求めている方はそちらもチェックしてみてください。

シチズン(CITIZEN)

シチズンは、日本の時計ブランドです。1918年に、山崎亀吉によって尚工研究所として創業したのがルーツです。1924年に懐中時計のシチズンを発売しました。市民に親しまれるようにと名付けられた、この名前がシチズンの名前の由来です。

1930年に、シチズン時計株式会社を設立します。戦時中は社名変更を余儀なくされ大日本時計株式会社になりましたが、戦後1948年にシチズン時計株式会社に戻りました。

1952年に国産初のカレンダー機能(日、曜日、月)を搭載した腕時計を発売するなど、技術的にも優れた歴史を持つブランドです。他にも、国産初の耐震装置やアラームの鳴る腕時計、完全防水の腕時計、電子式の腕時計などを発売しています。

1967年に、世界初のクオーツ時計をセイコーに先駆けて発売。セイコーは機械式が強いイメージがありますが、シチズンは革新的な技術が得意です。

クラシックなデザインの中に、最新式の技術が詰まっています。太陽光を利用したエコ・ドライブ、独自開発した軽くて丈夫なスーパーチタニウムなどがシチズンの売りです。コストパフォーマンスのいい国産腕時計ブランドです。

シチズン(CITIZEN) The Citizen AQ1010-03A

41jelvs7ehl

商品価格 ¥ 198,100

こちらは、シチズンの革バンドモデルの腕時計、ザ・シチズンです。独自規格のチタンを用いた金属バンドが得意な中、よりクラシックな印象のあるシチズンの腕時計です。革には黒いワニ革を使用しています。文字盤はオフホワイトの白いメッキ仕様です。インデックスはバー表示。デイト表示もあり、日付が確認できます。

また、エコドライブを搭載していて、太陽光による充電で動きます。中央左上に充電残量表示のメーターがあり、過充電を防止する機能もあります。いいアクセントになっていますね。10年間のメーカー保証がつき、無償点検もついてくるのもうれしいところ。安心して長く使えます。

そして、何と言っても精度が尋常じゃないくらいに正確だというところがおすすめのポイント。年差で5秒。通常のクオーツ時計の精度が月差15秒なので、年差にすると180秒です。それに比べたら圧倒的です。非常に高い精度を出せているのは、ムーブメントに使われる水晶を厳選しているためです。

これだけ、高品質なクオーツ時計でこの値段はお買い得感がありますね。

ノモス グラスヒュッテ(Nomos Glashütte)

ノモス グラスヒュッテは、ドイツの時計ブランドです。1902年にグイド・ミュラーによってドイツの時計生産が盛んなグラスヒュッテに誕生しました。第2次大戦後は休眠状態でした。東西冷戦時、グラスヒュッテの多くの時計ブランドは共産党政権により置き時計生産に転換させられます。

冷戦終結後は東西ドイツ統合後、各時計ブランドが再興します。ノモスも1992年にデザイナーだったローランド・シュベルトナーが再興し、現在に至ります。

ノモスは、全体的に合理主義的なデザインや機能的なデザイン、バウハウスを模範にしたシンプルで機能的なデザインが特徴です。ドイツ国内外で評判がよく、数多くのデザイン賞も獲得しています。

世界最大級のデザインコンテストであるレッド・ドット・デザイン賞も受賞しています。シンプルなデザインが好きだったり、機能美に魅せられる方におすすめのブランドです。

ノモス グラスヒュッテ(Nomos Glashütte) Tangent TN1A1W2

41la958qd1l

商品価格 ¥ 161,100

こちらは、ノモスのタンジェントという腕時計です。ノモスの代名詞として、ブランドロゴと同じくらいの位置付けになっているモデルです。丸いラウンドケースに、数多くの直角を盛り込んだデザインです。

インデックスは2、4、8、12にフラットなアラビア数字が使われ、その他はバー形式になっています。ムーブメントは手巻きです。針が単なる塗装でなく、全て青焼きになっていて、美しく仕上がっています。ホーウィン社製のコードバンを使用したベルトも高級感があっていいですね。

ケースの大きさが違うモデルや、パワーリザーブメーターが付いているモデルなどの展開もあります。

ユンハンス(JUNGHANS)

ユンハンスはドイツの時計ブランドです。ユングハウスとも呼ばれています。1861年にドイツのシュランベルクで創業しました。ドイツ最大の時計ブランドで、ドイツで初めてクオーツ腕時計を発売したり、世界で初めて電波時計や電波腕時計を発売したことでも有名です。

バウハウスの最後の巨匠として名高いマックス・ビルが1962年にデザインした機械式手巻き時計を復刻し、現在でも販売していて、人気があります。控えめでシンプルで、機能的な美しさのある時計を作っています。

ユンハンス(JUNGHANS) Max Bill Chronoscope 027/4003.44

51jl3vduzyl

商品価格 ¥ 141,700

こちらは、ユンハンスのマックスビルの腕時計です。ムーブメントが自動巻のクロノグラフです。インデックスには非常に細身で小さいアラビア数字を使用し、可愛らしいですね。ドーム型のプレキシガラスを使用し、丸みのある風防は独特です。ケースの素材も、ストラップの素材にもステンレススチールを使用しています。

金属バンドもこのようなバンドであれば主張が強くなく、落ち着いていていいですね。他の人と違う特徴的な腕時計が欲しい方におすすめします。

ハミルトン(HAMILTON)

ハミルトンは、スイスの時計ブランドです。そのルーツは、1892年のアメリカのランカスターにありますが、現在ではスウォッチグループの傘下で、スイスの時計ブランドです。

レディースからメンズまで幅広く時計を生産していますが、映画界でしばしば使用される時計ブランドでもあります。「メン・イン・ブラック」や「ブルー・ハワイ」で三角形のケースが独特なベンチュラが使用され、他にも数多くの映画で使用されています。

ハミルトン(HAMILTON) Intra-matic Auto H38455751

91hpqbwocdl-_ul1500_

商品価格 ¥ 98,280

こちらは、ハミルトンのイントラマティックの腕時計です。シンプルで、クラシックなデザインがおすすめ。レトロ感のあるところも味があっていいですよね。実際このイントラマティックは1960年代に発売されていたモデルで、スリムで洗練されたデザインで人気がありました。

近年復刻されたものです。ムーブメントは機械式自動巻です。デイト表示が6時の位置にあるのも独特ですね。

ビジネスで使いたいメンズの腕時計ブランド【30代編】

ロレックス(ROLEX)

ロレックスは、スイスの時計ブランドです。時計ブランドといえば一番に名前が出てくるブランドです。1905年にハンス・ウイルスドルフがロンドンで時計販売の専門会社を立ち上げたところから始まります。

懐中時計が流行っていた当時、腕時計の利便性に注目し、開発をしていきました。防水機構、自動巻やデイト表示はロレックスが世界で初めて開発した技術です。今ではあらゆる時計にその技術が使われていますね。

ロレックス(ROLEX) Oyster Perpetual Date 115200

41mrsdloxul

商品価格 ¥ 558,900

こちらはロレックスのオイスターパーペチュアルデイトの腕時計です。先ほど紹介したロレックスが世界で初めて開発した技術がしっかりと搭載されているモデルです。

モデル名にある、オイスターというのが、防水機構を搭載したオイスターケース。パーペチュアルは自動巻の機能のことです。デイトはデイトジャストという日付が時刻が日付をまたぐと同時に変化する機能です。

非常にスタンダードなロレックスのモデルで、入門的な位置付けでもあり、ビジネスでも通用するデザインです。30代になり、腕時計でもステップアップしたい方におすすめのモデルです。

オメガ(OMEGA)

オメガは、スイスの時計ブランドです。現在は、スウォッチグループの傘下です。1848年にルイ・ブランが懐中時計の組み立て工房を立ち上げたのがルーツです。ルイ・ブランの死後、1894年にオメガというムーブメントを発売します。これが後にブランド名となります。

1965年にスピードマスターというモデルが、NASAの公式腕時計に採用され、その耐久性が話題になりました。映画でもよく使われたり、オリンピックの公式スポンサーになっていたりします。

2016年のリオオリンピック、2020年の東京オリンピックも公式スポンサーです。リオオリンピックの閉会式の際に登場した安倍晋三内閣総理大臣が任天堂のスーパーマリオの姿で登場し、プロモーションビデオ内でオメガの時計を身につけていたことが一時期話題になりました。

オメガ(OMEGA) Speedmaster Professional Moonwatch 311.30.42.30.01.005

71etrbm3dkl-_ul1500_

商品価格 ¥ 334,500

こちらは、オメガの人気手巻式腕時計スピードマスター。スピードマスターは先ほども紹介したように、NASAに採用されたモデルです。月面着陸の6回プロジェクト全てに携帯されていました。

そして、こちらのモデルには、月面着陸時に着用されていたものと同じ機構のキャリバー1861が搭載されています。クロノグラフ機能がついているのもうれしいところ。計器のような美しさのある腕時計です。

オメガ(OMEGA) Seamaster Aqua Terra 231.10.39.60.06.001

71nk17dtjl-_ul1500_

商品価格 ¥ 188,000

こちらは、オメガのシーマスターアクアテラの腕時計です。オメガのシーマスターはスピードマスターと並んで人気のラインです。防水は150メートル、15気圧まで大丈夫です。ムーブメントはクオーツ式のキャリバー4564を搭載しています。

映画「007スカイフォール」にてジェームズ・ボンド役ダニエル・クレイグが着用していたものと同じシリーズのおすすめのモデル。

グランドセイコー(Grand Seiko)

グランドセイコーは、日本の時計ブランドのセイコーが所有するブランドの1つです。時計のコンクールとして有名なスイスのニューシャテル天文台のクロノメーターコンクールで1964年に初出展します。回を重ねるごとに順位を上げていき、1966年に3位、1967年には2位を獲得しています。

しかし、1968年のクロノメーターコンクールは中止されます。得点のみの検定形式になりましたが、前年1位のオメガを大きく上回る得点を獲得しました。正確性をはかるスイスのこのコンクールで日本の時計ブランドが賞を総なめにしては困ると開催をやめたのでは、という話は時計ファンの間では有名です。

グランドセイコー(Grand Seiko) Spring Drive SBGE-009

5114xzbie1l

商品価格 ¥ 518,390

腕時計には大きく電気式と機械式があると述べましたが、こちらはセイコーが独自に開発した第3の機構であるスプリングドライブを搭載したモデルです。動力源をゼンマイにしながらも、クオーツ時計の正確性が実現されています。セイコーの最高級ラインの腕時計です。デザインも高級感があって素敵です。

IWC

IWCはインターナショナル・ウォッチ・カンパニーの略。スイスの時計ブランドです。そのルーツは、1868年に遡ります。アメリカのボストン出身の時計職人のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズが、スイスのシャフハウゼンにインターナショナル・ウォッチ・カンパニーを設立しました。

シャフハウゼンはスイスの腕時計生産が盛んな地域からは遠く離れた場所にあります。スイスの洗練された職人技と、アメリカの進んだ製造技術をうまく融合させることが目的でした。1915年に腕時計製造に本格的に参入しています。天文台コンクールなどには出展せず、独自の厳しい規格で生産しています。

IWC Portuguese Chrono Automatic IW371446

51taw7iusrl

By: amazon.jp

商品価格 ¥ 588,000

こちらは、IWCのポルトギーゼクロノグラフの腕時計です。1998年に登場し、登場以来IWCで最も人気のあるおすすめモデルです。デザインがとても洗練されていますね。針は、中央部分が丸みを帯びているリーフ型。

インデックスにはアラビア数字が用いられています。数字部分も浮き出ていて、立体感があり、おしゃれですね。クロノグラフのプッシュボタンも綺麗です。シンプルに見えますが、細かく見ると非常に手の込んだデザインになっていることがわかります。

ビジネスで使いたいメンズの腕時計ブランド【40代編】

ルイ・エラール(Louis Erard)

ルイ・エラールは、スイスの時計ブランドです。時計職人の家系に生まれたルイ・エラールが、1929年に時計工房を立ち上げ、1931年にルイ・エラール・アンド・サンズというブランドを立ち上げました。1978年に孫のポール・エラールが、ブランド名をルイ・エラールに変更しました。

現在では、少人数で高品質な時計を手作りで行っています。高品質でありながらお手頃な価格がポリシーで、コストパフォーマンスのいい時計を製作しています。

ルイ・エラール(Louis Erard) Excellence LE50232AA01BDC29

41mqxlbo8ul

商品価格 ¥ 362,300

こちらは、ルイ・エラールのエクセレンスの腕時計です。ムーブメントは手巻きの機械式です。エクセレンスというラインナップは、ローマ数字と青針のクラシックでエレガントな雰囲気が特徴です。それぞれ時針、分針、秒針が独立しているデザインが特徴的です。

ケースの大きさは40mmで、ベルトはクロコ型押しのカーフレザーを使用しています。デザインがシックで綺麗な40代におすすめの腕時計です。

ジャガー・ルクルト(Jaeger Lecoultre)

ジャガー・ルクルトは、1833年にスイスの工房から始まった時計ブランドです。当初は、腕時計の部品を製作し、高級腕時計ブランドとして名高い、パテックフィリップやバシュロン・コンスタンタン、オーデマピゲ、IWCなどに供給していました。その後、部品供給会社から、自身の時計を製作するようになりました。

1931年にジャガー・ルクルトの代名詞とされる名品、レベルソを発売します。ケースを横にずらすと裏返せる反転デザインが画期的でした。時計の機械製作のマニュファクチュール(ケースからムーブメントまで自社で製造するブランド)のイメージが強く、現在でも、多くの時計愛好家に愛されているおすすめブランドです。

ジャガー・ルクルト(Jaeger Lecoultre) Master Calendar Q1558420

51w3mdth9ml

商品価格 ¥ 1,118,000

こちらは、ジャガー・ルクルトのマスターシリーズのカレンダーという腕時計です。マスターシリーズは1992年から続くシリーズで、伝統的な丸いラウンドケースが特徴です。スイスのクロノメーターよりも厳しい規格である1000時間コントロールテストを通過した腕時計です。

こちらの腕時計にはカレンダー機能が充実しています。トリプルカレンダーと、さらに月齢のわかるムーンフェイズが搭載されています。レトロクラシックな雰囲気でありながら、機械的にしっかりしたおすすめの腕時計です。

ブレゲ(Breguet)

ブレゲは、スイスの時計ブランドです。1775年に、アブラアン・ルイ・ブレゲがパリで創業したのがルーツです。マリー・アントワネットを顧客とするなど、高級時計を製造しながら、数々の発明をしました。そのため、ブレゲは、時計界のダ・ヴィンチと呼ばれたり、時計の歴史を2世紀早めたとも言われています。

自動巻機構や衝撃吸収装置、永久カレンダーなど現在時計に使われている機構の4分の3はブレゲが発明・改良したものです。中でもトゥールビヨンは懐中時計の精度を高めました。デザインも独特で、ブレゲ針を始めとするブレゲの名前のあるデザインは現在でも多くの時計に用いられています。

ブレゲ(Breguet) Classic 5277BR/12/9V6

51x54j10nkl

商品価格 ¥ 1,680,000

こちらは、ブレゲのクラシック腕時計。パワーリザーブが96時間と長いのが特徴です。リザーブのメーターが右上にあります。端に96の文字が見えますね。時針・分針と秒針が独立しているのも素敵です。

文字盤の凸凹した装飾は、ギョーシェと言い、ブレゲオリジナルです。ギョーシェ彫りとも言われ、ブレゲ以外の時計にも取り入れられています。針も先端部分に丸い穴があるブレゲ針が採用されています。

ゼンマイがシリコン製で、錆びにくく、そして磁気帯びしにくくなっているのもうれしいポイント。ブレゲらしい、クラシックでエレガントなおすすめの腕時計です。

A.ランゲ&ゾーネ(A. Lange & Söhne)

A.ランゲ&ゾーネは、ドイツの時計ブランドです。1845年にアドルフ・ランゲが、ドイツのグラスヒュッテで貴族生活を投げ打ち、貧困にあえぐエルツ山地の復興のために時計製造業を開始したことがルーツです。1868年にランゲとその一族という意味のランゲ・ゾーネを開始します。

世界大戦や、東西ドイツ分裂時の共産党政権による国有化によって、一時期は幻のブランドとなってしまいましたが、1990年に復活しています。

A.ランゲ&ゾーネ(A. Lange & Söhne) Saxonia Dual Time 385.032/LS3854AD

51pwksaojkl

商品価格 ¥ 2,529,600

こちらは、ランゲゾーネのサクソニアのデュアルタイムの腕時計です。秒針は小さい窓で表示され、青針の部分で2つ目の時間帯を確認することができるようになています。世界を舞台に活躍する方におすすめな腕時計です。

また、サクソニアシリーズは、シンプルなデザインが特徴です。どんなスーツにもしっくり合いそうですね

ビジネス用の腕時計を選ぶ際のポイント

ビジネスは時間との勝負でもあります。時間を有効活用しているという印象を与えるためにも、腕時計は必ず見につけましょう。逆に同じようにフォーマルなシーンであるパーティーシーンでは、腕時計はつけてはいけないので注意が必要です。パーティーなのに時間を気にすることは失礼に当たってしまうからです。

本体をチェック

main_image_v3-4ca4a9a7681e47b08e1a7a64075ebfcb

By: iwc.com

ビジネス用の腕時計を選ぶときに、気をつけておきたいポイントは、デザインです。丸いラウンド型のケースに、アナログの白い文字盤、3針構造で、黒の革ベルトというのが一番無難なデザインです。

腕時計はデジタル式とアナログ式がありますが、ビジネスでデジタルは避けましょう。ケースはラウンド以外にも、四角いスクエアタイプもビジネスに取り入れられます。ケースについては突飛な形でない限り、選択肢は沢山あります。3針構造というのは、時針、分針、秒針の3つの針で構成された時計を言います。

この他に、クロノグラフというストップウォッチ機能を持ったアナログ時計もビジネスには向いています。3針のメインの文字盤の中に3つの小さく丸い窓があり、それぞれに針が付いている腕時計です。

ベルトをチェック

james_spectre_large_1600x900

By: omegawatches.jp

ベルト部分は革のものにしましょう。高級な腕時計でも、ステンレススチールを使ったベルトで販売している場合が多いですが、その場合は後で革に付け替えることをおすすめします。革のベルトも時計の価格に合わせるのが無難です。高級な腕時計であればカミーユフォルネのようなブランドのベルトがいいでしょう。

ステンレススチールのベルトは実用的でメンテナンスも楽です。しかしながら、特に欧米ではビジネスシーンには馴染みがあまりありません。日本ではビジネスで金属ベルトも許されていますが、国際的には革ベルトが無難です。

007のジェームズ・ボンドは金属バンドのロレックスやオメガを身につけていますが、円滑な諜報活動には実用性のあるメタルバンドがいいのでしょう。

ショーン・コネリーやダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドの時に、金属ベルトではなくNATOベルトというナイロンベルトのロレックスやオメガを身につけていた時がありました。ナイロンベルトは完全にカジュアルなので、ビジネスではつけないようにしましょう。

007は男の格好よさが詰まった映画ですが、あらゆるシーンで真似してしまうと痛い目を見ることがあるので注意が必要です。

スーツに合わせる際に気をつけるポイント

色をチェック

14374004_616205481873689_1743756889679724544_n

By: montres-louiserard.ch

スーツに合わせる時に気をつけるポイントは、色、大きさ、価格です。

腕時計の色は、ベルトの色と文字盤の色に分かれます。ベルトの色は、持っている革製品の色と合わせましょう。黒のベルトなら、靴もベルトも黒で統一しましょう。黒の革製品は、ビジネスではハズレないです。茶を選ぶ場合はトーンの落ち着いた暗めのダークブラウンを選びましょう。

ちょっとした変化球でネイビーの革製品を加えてもいいですが、基本的に黒と茶。茶色は青やネイビーとの相性のいい色です。青と茶は、アズーロ・エ・マローネといってイタリア人に親しまれている組み合わせです。

また、文字盤は白が清潔感があって、フォーマルな雰囲気ですが、黒いやダークブルー、ダークブラウンなど、暗めの文字盤もビジネスでは取り入れることができます。明るめのゴールドもビジネスでも取り入れられる色です。

大きさをチェック

james_bond_quote_1600x1200

By: omegawatches.jp

腕時計のケースには大きさがあります。体型にあったものを選ばないと、浮いてしまいます。スーツのラペル幅やスラックスのダブルの折り返し幅、スーツのストライプのピッチやネクタイの側の大きさなどと同じです。体型が小さかったり細い場合は、小さいものを、体型が大きめだったり、高身長の場合は、大きいものを選ぶといいでしょう。

価格をチェック

iw503502_mood_972x516-b0f097c2b12fcd73a32da813ab0f5e45

By: iwc.com

腕時計の価格は、理想として年収の10%が目安です。腕時計を趣味とする場合は、年収の25%くらい、3ヶ月分の給料でもいいです。しかしながら、実態は年収の1~2%しか費やしていないことがわかっています。

また、いい腕時計を買ったとしても、身にまとっているものの中で、腕時計だけが浮いてしまってもよくないです。スーツや靴などを含めてトータルで見たときに統一感を持てるように選びたいですね。

しかし、スーツは最近は価格差が分かりにくくなってきています。ツープライスや格安オーダーなど体型に合わせてシルエットを多様に選べるようになったので、サイズ感がうまくいっていれば問題はないです。

問題は、靴です。高所得者になればなるほど、靴にはお金をかけます。1000万円以上の収入がある人の普段着としてユニクロを着つつ足元には10万円から20万円する靴を身につける傾向が高いです。年収が低くなると、靴を気にかけない傾向が強くなります。少なくとも靴はスーツと同価格以上のものは身につけましょう。

ファッション時計も避けましょう。値段は結構しますが、中身のムーブメントが数百円ということもあります。スーツスタイルにファッション時計を合わせると浮いてしまうので、注意が必要です。