携帯カメラの品質が向上して、スマホでも質の高い写真が撮れるようになりました。また、SNSが普及してきて、いろいろな場面で写真を共有するようにもなりました。ですが、携帯で美しい写真を撮るには限界があります。インスタで美しい写真をアップする多くの人は、実は一眼レフを使いこなしてその写真をアップしているのです。今回は、デジタル一眼レフを選ぶ際の選び方と価格帯別にデジタル一眼レフをご紹介します。一眼レフで、周りより一段上の写真を撮っていきましょう!

ポイント1:イメージセンサーをチェック

高画質な写真を撮るためには、画像のセンサーサイズとレンズが深く関わってきます。レンズは交換可能ですが、画像センサーはそういうわけにはいきません。センサーのサイズは、より大きいものの方が高画質な写真を撮ることができます。1番大きいセンサーサイズはフルサイズと言われますが、こちらはプロ向けのため、初心者の方は、APS-Cサイズのイメージセンサーを選ぶことをおすすめします。

ポイント2:メーカーをチェック

デジタル一眼レフのひとつの魅力は、レンズ交換をすることで、同じ対象でもまったく違った写真にできるところです。そのため、デジタル一眼レフとレンズの関係は切っても切り離せない関係です。ここで注意しなければならないのは、カメラのメーカーとレンズのメーカーは同じにする必要があるということ。いくらいいとこ取りができそうだからといっても、ニコンのレンズをキヤノンのカメラに使えるわけではありません。それぞれの特性を理解してメーカー選びをしましょう。

ポイント3:オートフォーカス性能をチェック

オートフォーカスというのは自動でピントを合わせられる機能のことです。初心者の方であれば、最初から自分でピントを合わせるということは難しく、被写体が動けば動くほど合わせることが困難です。そのため、オートフォーカス性能に注意して選びましょう。見るポイントとしては測距点の数です。

おすすめ機種(3-5万円台)

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 KISSX7-BODY

kissx7

価格がボディーで4万円を切ってくるカメラ。このカメラは業界最軽量クラスの一眼レフで軽々使うことができます。そのため、女性の方でも軽々と写真撮影が楽しめます。機能としては、ライブビュー機能やハイビジョン動画撮影機能など、充実しており、手持ち夜景モードやポートレートなどの撮影機能も完備。AF測距点が9点あり、普通の被写体ならかんたんにピントを合わせることができます。デジタル一眼レフデビューしたい方や女性の方は必見です。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D3300 ボディ D3300BK

nicon

液晶に表示する操作ガイドに従って操作するだけで思い通りの撮影が行える、ガイドモードを搭載。初心者の方でも、自分の好みに合わせた写真撮影が簡単にできます。また演出効果を設定できるスペシャルエフェクトモードや、映画や絵画のような加工ができる画像編集機能など、携帯で編集せずともカメラ1つで済んでしまうような機能を完備。画素数も2416万画素あり、イメージセンサーもAPS-Cを搭載しているため、初心者の方には踏み込みやすいカメラです。

リコー(RICOH) デジタル一眼レフカメラ K20D ボディ

41d+yYPmrjL

この製品はペンタックスのカメラで、手ぶれ補正やノイズ低減機能など、撮影に特化した部分の機能が充実しています。ノイズ低減機能は、長時間露光や高感度撮影した際にノイズリダクション処理をし、ノイズが少ない写真に仕上げてくれます。そのため、夜間の撮影や暗い場所での撮影をしようと考えている人はこちらがおすすめです。

おすすめ機種(6-8万円台)

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i EOSKISSX8I

kissx8i

こちらは先ほどのキヤノンkiss x7の次世代モデルです。画素数も2420万まで上がっています。そして、wi-fi機能が搭載され、簡単にスマートフォンとの連動ができるようになっています。SNSをやっている人であれば、自分が撮った写真をその場でSNSに投稿することができるため、ぜひともおすすめです。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D5500 ボディー D5500BK

91RK8xdAyGL._SL1500_

バリアングル液晶を搭載しているカメラのため、ローアングルやハイアングルの撮影が簡単にできます。また、自撮りもしやすいため、家族全員での写真撮影なども三脚がなくともできます。またAF測距も39点もあり、お子様の運動会でもピントを合わせて撮影可能。たくさん動く被写体を撮る方はこの商品をおすすめします。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D7100 ボディー D7100

ニコン7100

AF測距が51点と中級機では多い方になっています。また、AFエリアも何個か用意されており、適切な被写体に適切なエリアで撮影をすることができるため、より鮮明な写真を撮ることができます。また、2410万画素と十分な画質を備えており、CMOSセンサーを搭載。カメラとしては、中級機クラスのカメラになるためお値段は少し張ります。そのため、初心者機から次のステップアップを考えている方におすすめの商品です。

おすすめ機種(9万円-)

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 7D Mark IIボディ EOS7DMK2

7D

カメラグランプリ2015年大賞を受賞したこちらのカメラ。操作ボタンをカスタマイズできる機能を搭載。そのため、自分が使いやすい設計にすることが可能です。機能面も99時間59分59秒間までシャッターを開けることが可能で、星の軌跡など高度な撮影を長時間にわたって行いたいと考えている人にとっては、こちらの商品で撮影できます。星の軌跡を取る場合の注意点としては、付属のスタビライザーが必要になります。

キヤノン(Canon) デジタル一眼レフカメラ EOS 5D Mark III ボディ EOS5DMK3

41MbnuSB+tL

こちらの商品は、センサーサイズがフルサイズ、1番上級のセンサーを搭載しているカメラになります。そのため、ASP-Cのセンサーを搭載しているカメラよりも、高画質の写真を撮ることが可能です。また、バッテリーもフル充電で約950枚撮影することができます。外に出て写真をたくさん撮影する人におすすめの商品です。

ニコン(Nikon) デジタル一眼レフカメラ D810

810

フルサイズのカメラで3635万画素という驚異の数字の画素数を誇っています。そのため、高度な技術が必要な天体撮影も行うことができます。(天体撮影の場合はボディだけでなく、専用のキットを合わせて購入する必要があるので注意が必要です。)また、ニコンの最高傑作と言われたD800の後継機ということもあり、値段も張りますが、すべてのスペックで他の追随を許さない仕上がりになっているのは間違いありません。本格派のあなたを十分に満足させてくれるでしょう。