いつでもどこでも自撮り棒!

みなさん、セルフィー楽しんでますか? iOS9から自撮り画像が「写真」アプリの「セルフィー」に自動的に分類されることになって、ますます便利に面白くなってきました。でも、自撮りのマストアイテムとも言える自撮り棒を持ち歩くのって、結構かさばってめんどうだったりするもの。そこで今回は、なんとiPhoneケースと自撮り棒が合体したセルフィーケース STIKBOX をご紹介いたします。

合体ってどういうこと?

b5d2cb7133af61b0bd943ce873ae2be6_original

自撮り棒、地味にかさばるんですよね。 STIKBOX は ケースの背面に自撮り棒が収納されていて、iPhoneだけを持ち歩けばいいという、すばらしいアイデア!

サッと出して使える

283cd7a5dfebf930ea93d6256a437ba8_original

通常の自撮り棒は、使うときに出してスマートフォンを装着してから撮影という手順。でも、STIKBOX 出してから撮影に入るまでが早い!

d8b9e761578d720070f6bcf2a9a7930e_original
addba28bd54941db942cc76c75ae3c32_original

ケース背面の720mmという十分な長さのステック部分をスルスルっと伸ばし、インカメラをこちらに構えたらOKです。撮影チャンスを逃さず、ストレスフリー!

310d82b8c9b51f1cbeec4c943cedf658_original

また、テーブルにおいて動画などを視聴するためにスタンドとしても使用できるので、厚さ17mm、重さ130gが気にならなければ普段使いにもよさそう。

Kickstarterのプロジェクトである STIKBOX はiPhone6/6s対応が19ポンドで、6 Plus/6s Plus対応が29ポンド。これでもっと気軽にセルフィー、楽しんでみませんか?