乾燥しがちな寒い季節に使いたくなる、加湿器。寝る時間も合わせると、自宅で過ごす時間というのは何気に長いですよね。だからこそ、部屋の中を最適な湿度に保って、風邪を防ぎたいですよね。とはいえ、初めて加湿器を購入する方は、いろんな種類があってどれを選べばいいか迷いがちです。今回は、加湿器を購入する上での選び方と、おすすめモデルをまとめてご紹介します。ぜひ、自分に最適な加湿器を見つけてください。

ポイント1:加湿のタイプをチェック

1c55457f30d0408877181771fd4bb19b_s

一口に加湿器といっても、その種類はさまざまです。スチーム式、気化式、ハイブリッド式、超音波式と加湿器にはいくつかのタイプが存在します。消費電力が小さい超音波式や気化式、パワーがあるスチーム式、吹き出し口が熱くならないハイブリッド式など、それぞれメリットがあればデメリットもあります。自分が求める加湿器の性能や、機能をしっかりと把握しておきたいところです。

ポイント2:タンク容量をチェック

733ac55b6e27988b2bfcf36f3059668b_s

加湿器のタンク容量がどのくらいかを知っておくことは重要です。タンクが小さいと給水する手間が増えるので、できるだけ楽をしたいなら大きいタンクの方がいいでしょう。とはいえ、タンク容量は加湿器のサイズにも関わってくる部分でもあります。部屋のスペースや置き場も考えながら、最適なものを選びたいですね。加湿器を購入する際は、ぜひ一度タンク容量を確認してみてください。

ポイント3:加湿能力をチェック

08151cb007888fee2b176dc8095e3b0d_s

しっかりと加湿してくれるかどうかを判断するには、加湿能力を知ることが大切です。具体的には、床面積や畳数などをチェックしてみてください。「せっかく加湿器を設置したのに、部屋の広さに対してパワーが小さすぎた」なんてことにならないためにも、加湿能力と設置する部屋の広さをしっかりとチェックしておきましょう。

おすすめ機種

ダイニチ(DAINICHI) ハイブリッド式加湿器 HDシリーズ HD-5014-A

61jmTpNDjHL._SL1000_

ハイブリッド式による、ダイニチのパワフルな製品。ハイブリッド式とは、水分を含んだフィルターに温風を当てることで、効率的に加湿する方式のことです。ホワイトを基調に、清潔感あふれるデザインがとても素敵ですね。ハンドルがついているので、加湿器を移動させたい時にも便利です。また、1%刻みで現在の湿度をデジタル表示してくれるので、部屋の湿度がどのくらいあるのか瞬時に確認できるのも、ポイントです。そのほか、タイマー機能やお手入れサインなど、使用者にとってうれしい機能がいろいろと搭載されています。8.5畳程度のスペースで使用可能。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) スチーム式加湿器 EE-RK50-CA

51osDV1OCFL._SL1000_

適応床面積8畳のスチームタイプです。丸みのある、シンプルなデザインが優しい雰囲気を演出してくれますね。Wセンサーにより、湿度を自動的にコントロールしてくれる「自動加湿3段階」や部屋の状態を確認できる「湿度モニター」を搭載しています。さらに、チャイルドロック、ふた開閉ロック、転倒湯もれ防止構造のトリプル安心設計も魅力の一つです。

シャープ(SHARP) 加湿空気清浄機 プラズマクラスター搭載 KC-D50W

71qDGc8HtBL._SL1500_

プラズマクラスターを搭載したシャープの加湿空気清浄機は、薄型スリムデザインにより部屋のスペースを有効活用したい方には、ピッタリです。高温、高湿みはり機能や乾燥、低温みはり機能を搭載しているので安心して使うことができます。広い面積を確保した背面ワイド集塵により、吸い込みがパワフルなのもポイントです。そのほか、新・スピード吸じん運転、梅雨モード、ローター方式加湿構造など、充実したスペックを備えています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 加湿器 SHM-100U

51CS5FqXvUL._SL1000_

アイリスオーヤマのスリムでコンパクトなサイズに、清潔感あるデザインのこの製品。水をヒーターで沸騰させて、蒸気に変えるスチーム式になっています。熱により、雑菌の繁殖を抑えてくれるのがうれしいですね。また、アロマにも対応しているのが特徴です。アロマトレーがついており、トレーにアロマオイル(別売)を入れることで、加湿しながらアロマの香りを楽しむことができます。卓上用ということで、子ども部屋などコンパクトな部屋にはピッタリです。

ヴイックス(VICKS) 加湿器 V750

51lLDVhxCSL._SL1000_

スチーム式の暖かい蒸気により、部屋の温度を下げることなく加湿できます。タンクが透明になっているので、どのくらい水が残っているのかを確認しやすいのが特徴です。また、空焚き防止機能がついており、タンク内の水が空になるとこれが作動するようになっています。連続加湿時間が強で約12時間、弱で約26時間と長いのもうれしいですね。タンクには、取っ手がついているのも使いやすいポイントです。

パナソニック(Panasonic) ナノイー FE-KXL07-W

81h5ZnzznSL._SL1500_

ホワイトをベースに、シンプルでスッキリしたデザインが美しいですね。気化式で消費電力が少ないので、長時間使いたい方にはピッタリです。運転音が15dBで連続加湿ができる、静かモードを搭載しているので、寝る時に音が気になる方には助かりますね。他にも、お急ぎモードがあり、こちらはファンが高速回転して加湿スピードを高めることができます。洋室であれば19畳まで対応可能ということで、広いリビングやダイニングを一気に加湿したいとお考えの方におすすめ。

アピックス(APIX) SHIZUKU touch+ AHD-015-WH

61sIrSyeKlL._SL1500_

しずくのような形をしたアピックスの加湿器は、超音波式を採用しているので蒸気が熱くなりません。LEDライトが搭載されているので、幻想的で美しい空間演出を楽しむことができます。アロマオイルにも対応しているほか、抗菌カートリッジ、無段階加湿量調整、タッチセンサーボタンなど充実した機能が備わっています。吹き出し口が360度回転する仕様も便利ですね。

ottostyle.jp うるおいプラス

31y-BFawm5L

最大約4Lのタンク容量なので水換えの負担も少ないのが魅力の超音波加湿器。最大加湿量での連続運転時間が約8時間と長時間なほか、自動停止機能搭載により、空焚きも防ぐことができるので安心です。360度回転可能な、2つのノズルで広範囲に蒸気を噴出できるのも魅力的ですね。タンクのキャップには、水質浄化カートリッジがついています。カートリッジ内のセラミック鉱石により、水を浄化してキレイな蒸気を噴出させてくれます。

三菱重工(MITSUBISHI) roomist SHE35MD-W

51IGclLeLZL._SL1000_

スチームファン蒸発式の加湿方式を採用した、三菱重工の加湿器です。ホワイトをベースにした、スタイリッシュなデザインがいろんな部屋に合いそうですね。2時間後、4時間後に運転が停止できる切タイマーがついているので、就寝時や外出時にも活用できますね。マグネットプラグにより、コードを引っかけた際にすぐ外れる設計になっています。転倒の心配も少ないのが、うれしいポイントです。

サウンドソウル(SoundSOUL) 加湿器

610czQNM4vL._SL1500_

7色に切り替わるライトがついた、サウンドソウルの超音波式加湿器。多色の美しいライトを楽しむことができ、ルームライトとしても活用可能。空焚き防止機能や自動停止機能がついていて、安心感もあります。水がなくなると自動オフになり、電源を切り忘れた時に助かる機能です。丸みを帯びた、シンプルなデザインもとてもオシャレですね。