携帯で写真が撮れる時代になり、誰でも気軽に写真が撮れるようになりました。しかし、携帯のカメラ機能には限界があり、本当に美しい写真はカメラでなければ撮れません。そこで今回は、スマホの写真とはワンランクもツーランクも違う写真を手軽に撮影できる、ミラーレス一眼カメラの選び方とおすすめ機種をご紹介します。ミラーレス一眼カメラは機能も初心者向けからハイスペックモデルまでさまざま。数多くの機種が販売されているので、どれを選べばいいのか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

ミラーレス一眼カメラの選び方

ポイント1:サイズと重さをチェック

20cacb79823b48bf2b0b1162de9c0de2_s

ミラーレス一眼カメラの最大の強みともいえるのがサイズと重さです。デジタル一眼レフカメラに比べると格段に小型軽量化されるので、機動力が高まります。とはいえ、すべての機種が小型軽量というわけではありません。なかにはミラーレス一眼カメラでも結構なサイズや重さの機種があります。人によって感じる負担はさまざまなので、購入する前は一度実際に店頭で手に持ってみるのもよいかもしれません。

ポイント2:液晶モニターをチェック

a7ed9ab31bc7f4378eff58a354bbce62_s

意外と差を感じる部分が液晶モニターです。液晶モニターはすべての機種で同じような見え方をするわけではありません。鮮明度が違ったり色が違ったり、よく見ると大きな差があることがわかるかと思います。また、動画を撮影する時には滑らかさにも違いがあります。自分が見にくい液晶モニターだとピント合わせが困難になったりする場合があるので、できるだけ見やすい液晶モニターを選んでおきたいところです。

ポイント3:撮像素子をチェック

e3c9afb8fa0c923ce7c1e03647d69b68_s

撮像素子(イメージセンサー)のサイズの違いは機種によって異なります。サイズが大きいほど高画質を得られますが、そのぶん価格も高く、サイズも大きくなりやすいです。とにかくハイクオリティな写真を撮りたいならフルサイズ、持ち運びや携帯性を重視しつつ高画質な写真を撮りたいならAPS-Cやマイクロフォーサーズがオススメです。自分が購入したい機種のセンサーサイズをぜひ確認してみてください。

おすすめ機種

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α7 II ボディ ILCE-7M2

71G2PIzqK2L._SL1200_

35mmフルサイズによる圧倒的な高画質が魅力のミラーレス一眼カメラです。5軸ボディ内手ブレ補正を搭載しているので、ブレにくい写真を簡単に撮ることができます。ホールド感を高めたグリップに、56種類の機能を割り当てることができるカスタマイズボタンなど、細部まで洗練された機能やデザインが魅力です。ファストハイブリッドAFにより速度と精度を兼ね備えているのもポイントです。

ソニー(SONY) ミラーレス一眼 α6000 ILCE-6000L-B

61m2uvNozqL._SL1200_

素早いAF、最高11コマ/秒によるAF追随高速連写などシャッターチャンスに強いのが魅力です。APS-Cセンサーを搭載しています。179点像面位相差AFセンサーにより画面のほぼ全域をカバーできるほど広範囲なAFエリアを備えているので、動体を撮りたい時には心強い味方になってくれますね。ほかにもロックオンAFや瞳AFなどさまざまな機能が搭載されています。動体をピントを合わせて撮りたいひとにおすすめです。

富士フイルム(FUJIFILM) デジタルカメラミラーレス一眼 X-T10

91ZWgGw-peL._SL1500_

独自の位相差AFによるX-Trans CMOS IIと高速処理エンジンEXR Processor IIで、AF、起動時間、シャッタータイムラグなどさまざま操作が高速で快適になっています。最高8.0コマ/秒の高速連写に6種類のAFモードが搭載されているので、風景、スナップ、動体などさまざまな被写体を快適に撮影することができるのがポイントです。また、236万画素によるリアルタイム・ビューファインダーにより本格的な撮影を楽しめるのもうれしいですね。

富士フイルム(FUJIFILM) デジタルカメラミラーレス一眼 X-A2

81Iv+9bWW9L._SL1500_

APS-Cセンサーを搭載したオシャレなデザインが魅力のミラーレス一眼です。独自のカラーモードであるクラシッククロームを搭載しているのもうれしいポイントですね。液晶モニターはチルト式になっているので、旅行などに行って自分撮りをしたい方にはピッタリの機種になります。有効画素数は1630万画素。また、5.6コマ/秒の連写やスマートフォンにも送信できたりと、便利な機能がいろいろと備わっています。撮った写真をすぐスマホに移して、SNSや友達などに投稿したいひとにおすすめです。

キヤノン(Canon) ミラーレス一眼カメラ EOS M3

915o89b9XeL._SL1500_

高速と高精度を兼ね備えたハイブリッドCMOS AF Ⅲを搭載したモデルです。有効画素数約2420万画素のAPS-Cセンサーにより、階調性や解像力に優れた写真を撮影することができます。操作ダイヤルには露出補正ダイヤル、電子ダイヤル、モードダイヤルの3種類のダイヤルが搭載されているので、快適な撮影を楽しめるのがポイントです。また、液晶がチルト式になっている上にタッチパネルになっているのもうれしいですね。よりきめ細やかな写真を撮りたいひとには必見の商品です。

ニコン(Nikon) ミラーレス一眼 Nikon1 J5

91x3yL16bSL._SL1500_

小型で軽量、そしてスタイリッシュなデザインが美しいニコンのミラーレス一眼。新画像処理エンジンであるEXPEED 5Aと新搭載の裏面照射型CMOSセンサーによりキレイで高画質な写真を撮影することができます。チルト式液晶モニターは、上向きに約180度、下向きに約86度傾けることができるので、使い勝手も抜群です。自分撮りはもちろん、さまざまなアングルから快適に撮ることができます。多様な角度から写真を撮りたいひとにおすすめです。

ニコン(Nikon) ミラーレス一眼 Nikon 1 V3

91oD5v5P5TL._SL1500_

171点のアドバンストハイブリッドAFシステムにオートフォーカスで追従しながらの約20コマ/秒の高速連写を備えた動体に強いモデルです。有効画素数1839万画素とCXフォーマットに加え、新開発画像処理エンジンEXPEED 4A搭載により高画質な写真を撮影することができます。ボディサイズもコンパクトなので、スナップや旅行にもピッタリですね。

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX8

91JWFIGRDqL._SL1500_

有効画素数2030万画素のマイクロフォーサーズを搭載したモデルです。電子式ファインダーが備わっているので、撮影に没頭したい方にも最適です。レンズによる2軸にボディ4軸の6軸手ブレ補正「Dual I.S.」を搭載しているのが特徴です。また、シーリング処理が施されていることから、防塵防滴仕様になっているところもポイントです。アウトドアに持っていっても壊れることなく使用できます。

パナソニック(Panasonic) ミラーレス一眼カメラ ルミックス G7

81utzfvar+L._SL1500_

約236万ドットOLEDファインダーや空間認識AF、さらに16M Live MOSセンサー&ヴィーナスエンジンを搭載したパナソニックのミラーレス一眼。G6では最大23点だったAFエリアが最大49点に進化しました。また、追尾AFに関しても今までの色判別はもちろん、動きベクトル検出での被写体判別も追加されています。エッジが効いたエレガントなデザインも素敵ですね。

オリンパス(OLYMPUS) ミラーレス一眼 OM-D E-M10 MarkII

91RXZ6rftwL._SL1500_

5軸手振れ補正によりシャッター速度最大4段分を補正してくれる優れたボディが特徴のカメラです。コンパクトなサイズなのでどこにでも持ち運びしやすいのがうれしいですね。また、液晶モニターに触れてピント合わせができるタッチAFシャッターを搭載しているので、直感的な操作感が魅力的です。ほかにも最大8.5コマ/秒による連写速度を備えていたりと、利便性の高い機能がいろいろと搭載されています。